━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイエンスフォーラム通信  2017年 12月号】  2017.12.05 発行
 ● 現場の問題解決のための実践図書・セミナー
               http://www.science-forum.co.jp/

──────────────────────────────
小社のセミナー/書籍情報のメール配信を希望されている方へ配信
しています。                                  NO.365
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ 読みやすくレイアウトしたPDFファイルを添付しております。

≪厚労省「食品衛生規制等の見直し説明会」報告≫

全国7ブロックで開催予定の厚生労働省「食品衛生規制等の見直しに
向けた検討状況に関する説明会」の初陣を飾って、12月1日(金)、
東京会場での説明会が開かれました。

当日の配布資料は下記URLでご覧戴けます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000186645.html

どのような質問が参加者から寄せられるか、期待して参加致しました。
関心があったのは、(1)改正法案の国会への提出時期の目処、
(2)リコール情報の範囲、の2点です。

午後1時に開始された説明会は、初めに監視安全課長から「見直しに
向けた検討状況に関する情報提供」として約45分間極めて駆け足の
概略説明があり、その後1時間10分にわたり参加者とのQ&Aが展開
されました。

先ず改正法案の国会への提出時期については、ご承知の通り国会での
法案審議が大幅に滞っており、「来年の通常国会の提出を目指して
いるが、政府部内の調整等もあり、なかなか今の段階で『これが決ま
りました』と申し上げることは難しい。」(監視安全課長)との回答
に止まりました。現実には、国会への法案提出時期の目途は立って
いないようです。

次に「リコール情報一元化」の問題ですが、先の食品衛生法改正懇談
会の委員 森田満樹氏がFOOCOMメールマガジンで「第2回めでは、
リコール情報は食品衛生法違反のものを中心とされ、アレルギー情報
の欠落や賞味期限の印字ミスといった食品表示法関連のものは消費者
庁の管轄なので、このリコール情報からは除くと厚労省の担当者から
は説明されていました。」(2017年11月9日 第323号)と報告されて
おり、気になっていました。
 
これに関し、会場から「リコール情報は消費者庁でもやっているが、
それとの整合性はどうなるのか」との質問がありました。厚労省の
回答は「公表制度の設計については消費者庁とも相談しながら進めて
いく。」(監視安全課長)でした。かなり漠然とした回答の印象で、
どのように消費者庁と連携し具体的にリコール情報を一元化していく
のか、本件について突っ込んだ質問もなく終わってしまったことが
残念です。

何よりも、会場を埋め尽くす数多くの参加者から「リコール情報一元
化」のテーマに寄せられた質問が上記の1件のみという結果に驚きま
した。本件に対する業界の関心はその程度なのでしょうか。

実はもう1件質問があったのですが、これは事前の文書による質問で
「回収の届出はどの程度のものが対象になるのか」というものです。
これについては下記の回答がありました。
「既に市場で販売されていないことが明らかな場合、例えば日配食品
のように既に流通していないことが明らかなケースもあり、これらは
対象に含めないという考え方もある。これらを含め、報告の対象範囲
を今後早急に整理したい。」

ちなみに70分間に寄せられた質問は、文書による事前の質問を含めて
16件。
内訳は「HACCP制度化」関連が8件、「容器包装規制の見直し」5件、
「リコール情報」2件、「輸入食品の安全性」1件の結果でした。
「健康食品等による健康被害防止対策」及び「営業許可制度の見直し」
関連は、何と質問ゼロでした。

説明会の冒頭、厚労省から「本日の意見交換の様子は後ほど議事録と
して厚労省のホームページで公開する予定」とのアナウンスがありま
した。一度チェックして戴ければ幸いです。

もっと矢継ぎ早に質問の手が上がり切実な声が寄せられるものと思い
参加致しましたが、やや空振りに終わりました。
会場は全体に遠慮がちな印象で、筆者の認識不足、"独り相撲"だった
ようです。

                             代表取締役社長  元山 裕孝
                                                            
_/_/_/ INDEX _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 [1]2017年12月 〜 2018年2月  開催セミナーのご案内
 [2]【12月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書


┏━┓
┃1┃2017年 12月 〜2018年 2月  開催セミナーのご案内
┗━╋…───────────────────────
   ★ Webからのお申込みは定価より【5%引】いたします ★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼業態が溶け始めた外食・中食
 〜進行する食のボーダーレス化への加工食品の対応策〜
──────────────────────────────
【開催日】2017年 12月 6日(水) 10:00 〜 16:00
【会  場】飯田橋レインボービル「C+D会議室」(東京)
【受講料】定価 36,000円(税別)→ web価格 34,200円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91730.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2017/91730.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【おかげさまで満席となりました!】
  2017年度 ロングライフチルドの基盤技術と高品質化
──────────────────────────────
【開催日】2017年 12月 15日(金) 10:00 〜 16:50
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】48名

⇒詳細はこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91730.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2017/91731.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━!
▼[第2回]賞味・消費期限設定の考え方と実際
 〜商品特性に応じた検査・適正表示の必須要件〜
──────────────────────────────
【開催日】2018年 1月 17日(水) 10:00 〜 16:10
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 36,000円(税別)→ web価格 34,200円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91801.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91801.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼食品企業がもつべき新しい安心の考え方
 〜お客様の信頼獲得のために〜
──────────────────────────────
【開催日】2018年 1月 26日(金) 10:00 〜 17:00
【会  場】連合会館「201会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】48名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91802.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91802.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2018年度 水の安全を考える
 〜食品工場の突発事故対応と製造用水の日常管理の実際〜
──────────────────────────────
【開催日】2018年 2月 8日(木) 10:00 〜 16:30
【会  場】飯田橋レインボービル「中会議室」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91803.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91803.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼経営視点から異物混入対策を考える
 〜バランスの良い対策の全体像と実践指針〜
──────────────────────────────
【開催日】2018年 2月 15日(木) 10:00 〜 17:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

⇒詳細・お申し込みはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/91804.htm
⇒パンフレットのダウンロードはこちらから↓
http://www.science-forum.co.jp/seminar/print/2018/91804.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼耐熱性カビ対策研究会
──────────────────────────────
【開催日】2018年 2月 23日(金) 10:00 〜 17:00
【会  場】フォーラムミカサ エコ「7Fホール」(東京)
【受講料】定価 38,000円(税別)→ web価格 36,100円(税別)
【定  員】60名

※web掲載準備中です。しばらくお待ちくださいませ。


┏━┓
┃2┃【12月31日までの特別価格】 今月のおすすめ図書 
┗━╋…──────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ● オンデマンド本 <10% オフ> ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆ 食の安全・安心に過酢酸はここまで使える!
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0315.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物胞子−制御と対策−
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0317.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 現場必携 微生物殺菌実用データ集
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0294.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ カット野菜品質・衛生管理ハンドブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0312.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物汚染事例・現場検査法Q&A集
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0283.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆ 微生物試験のデータ考察力トレーニングブック
→ http://www.science-forum.co.jp/podbooks/0304.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
オンデマンド本はご注文に係るご注意がございます。
ご一読をお願い致します。
http://www.science-forum.co.jp/podbooks/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 記載の内容はメール配信後、内容変更となる場合がございます。
   ホームページで最新情報をご確認下さい。
* 各お手続きは下記URLよりお願い致します。
   その際はお客様番号もお知らせいただきますと幸甚です。
 (このメールへの返信には、配信停止・ご返答が出来ませんので
   ご注意ください)
──────────────────────────────
■ 配信停止
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm

■ 宛先変更
⇒ http://www.science-forum.co.jp/mail/index.htm
から一度停止していただき、新しいご連絡先で再登録をお願い
致します。

お手続き後、2週間以上たちましても停止されない時は
大変お手数ですが再度ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

■ ご質問   ⇒ mailto:info@science-forum.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合わせ先】 株式会社 サイエンスフォーラム(担当:角田)
〒270-1142   千葉県我孫子市泉14-30ネクサスビル
E-mail: info@science-forum.co.jp
 TEL:04-7128-5461    FAX:04-7184-7912
(営業時間:9:00〜17:00 ※土/日/祭日を除く)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━