(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

導入期を迎えたガス化溶融炉の開発動向とビジネス展望を探る


【開催日】2000年1月25日(火)
【会場】日本教育会館「701号室」

高性能、小型化の熱分解・ガス化溶融炉の開発が注目されはじめ、民需や海外市場への展開が期待される。本フォーラムではガス化炉ビジネスの展望を含め、最新技術開発例を集中討議する。


◆開催プログラム 1月25日(火)10時〜17時

1,ガス化溶融炉市場の展望

(10:00〜11:00)

岩崎友彦
(株)日本総合研究所 創発戦略センター 主任研究員

1、自治体の廃棄物処理に期待される民間関与
2、現行の公共支援策を前提とした現実的な事業方式
3、ガス化溶融炉の開発背景
4、自治体を対象としたガス化溶融炉市場の要件

2,グッズとバッズとガス化溶融炉と

(11:00〜11:40)

加藤直樹
(株)日立総合計画研究所 新市場創造クラスター 国際グループ研究員

1、当面の焼却炉市場の動向
2、市場原理を取り入れた環境保護政策(グッズとバッズ)
3、ガス化溶融炉の次世代機器

<ランチブレイク 11:40〜12:40>

3,都市ゴミ熱分解ガス化溶融炉システムの開発と実用化

(12:40〜13:30)

茂木幹夫
石川島播磨重工業(株) 環境事業部開発部課長

1、実証プラントの概要
2、実証プラント運転結果
3、実用化計画
4、今後の展望

4,溶融型ガス化炉による超小型廃棄物発電システム−MEETシステムの開発

(13:30〜14:20)

吉川邦夫
東京工業大学大学院 総合理工学研究科教授

1、MEET廃棄物ガス化高効率発電システム
 1-1 小型ガス化溶融炉
 1-2 コンパクト高温空気加熱器
 1-3 低カロリーガス用高温空気燃焼ボイラ
2、高温水蒸気・空気改質法を用いた発生地処理型廃棄物発電システム

5,ガス化溶融炉の開発と実用化

(14:30〜15:20)

松平恒夫
NKK総合エンジニアリング事業部 環境エンジニアリング本部 環境第一技術部主幹


<コーヒーブレイク 14:20〜14:30>

6,流動床熱分解ガス化溶融システムの開発と実用化

(15:20〜16:10)

伊藤 正
(株)神戸製鋼所 都市環境事業部 環境エンジニアリングセンター開発部 課長

1、実証プラントの概要
2、実証プラント運転結果
3、実用化計画と展望

7,省エネルギー無公害型ミニ高炉リソーシングシステム

(16:10〜17:00)

大西忠一
大阪府立大学 工学部助教授

※コークスベット式の小型還元溶融炉(ミニ高炉)を中心として小型専用化・オンサイト処理・無公害等の特徴を活用した単なる廃棄物処理ではない、再資源化システムの紹介

【協同研究開発者】
(株)還元溶融技術研究所 久米正一氏
(株)日鐵テクノリサーチ 杉山 喬氏
東北大学素材工学研究所 八木順一郎氏


【参加規定】

■受講料(1名につき)
43,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
※上記の受講料に別途消費税が課税されます。
(ランチブレイク:11:40〜12:40、コーヒーブレイク:14:20〜14:30)

■定員
50名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
日本教育会館7階「701号室」 【地図はこちら】
東京都千代田区一ツ橋 2-6-2 電話 03(3230)4554 (内線808)

【申込方法】

「セミナー参加申込」コーナーより、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
 折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。

図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home