(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

ダイオキシン発生ゼロを目指した低減化技術開発の最前線


【開催日】2000年2月9日(水)
【会場】日本教育会館「第3会議室」

2000年より排ガス中のダイオキシン規制が強化される。ダイオキシンの発生・測定法に関しては不明な点も多いが、ダイオキシン無害化技術開発は著しい進展が見られる。本フォーラムではその最前線を集中討議する。


◆開催プログラム 2000年2月9日(水)10時〜16時30分

1.ダイオキシン規制法とダイオキシン削減・抑制対策のポイント

(10:00〜11:00)

竹下 宗一
(株)ダイヤリサーチマーテック 第一製作部門海外調査コンサルティング部 次長

1.ダイオキシン規制法について
2.現状でのダイオキシン発生源
3.ダイオキシン削減・抑制対策
4.これまでのダイオキシン対策の成果と今後の課題

2.ダイオキシン類分析における問題点

(11:00〜12:00)

伊藤 裕康
国立環境研究所 化学環境部計測管研究室 主任研究員

1.環境資料のダイオキシン分析法
2.ダイオキシン分析の精度管理

<12:00〜13:00  ランチブレイク>

3.常温・コスト低減飛灰処理システムの開発

(13:00〜13:50)

内田  稔
千代田化工建設(株)ウエイスト・マネジメントプロジェクト部副主幹

*飛灰ゼロを目指し、飛灰中のダイオキシン無害化・低減化システムの紹介

4.薬剤添加による飛灰中のダイオキシン類及び重金属の処理

(13:50〜14:40)

守屋 雅文
ミヨシ油脂(株)油化事業本部 技術部長

1.「ダイオカットA-10」によるダイオキシン類の分解・無害化
2.「NEWエポルバ800」による飛灰中の重金属固定化

<14:40〜14:50  コーヒーブレイク>

5.水中のダイオキシン類の分解技術

(14:50〜15:40)

堀井 安雄
(株)クボタ 大阪上下水プラント技術第2部 主任技師 副部長

1.水環境面のダイオキシン規制
2.水中のダイオキシン類分解技術の現状
3.最新のダイオキシン類の分解法の研究成果(光化学的分解法を中心として)
4.最終処分場のダイオキシン問題とその解決法
5.今後の動向

6.固定床式吸着塔よる焼却炉排ガスダイオキシン処理技術

(15:40〜16:30)

村上 靖毅
コスモエンジニアリング(株)取締役 技術開発部長

*大幅なコストダウンおよび短期間設置可能なダイオキシン除去技術システムについて


【参加規定】

■受講料(1名につき)
43,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
※上記の受講料に別途消費税が課税されます。
(ランチブレイク:12:00〜13:00、コーヒーブレイク:14:40〜14:50)

■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
日本教育会館8階「第三会議室」 【地図はこちら】
東京都千代田区一ツ橋 2-6-2 電話 03(3230)4554 (内線808)

【申込方法】

「セミナー参加申込」コーナーより、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
 折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。

図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home