(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

第4回食品バイオフィルム対策講座
脚光を浴びる微生物付着の新しい理論とバイオフィルムの効果的制御法


【開催日】2000年4月25日(火)
【会場】飯田橋レインボービル「A会議室」

根底から修正される固体表面への微生物付着メカニズム――
森崎久雄博士の画期的な成果を中心に、バイオフィルム研究の最先端と食品工場での新しい制御法を紹介し討議する、好評の第4回実践講座!


◆開催プログラム 2000年4月25日(火)10時〜16時

1.先端科学情報:固体表面への微生物付着の新しい理論

(10:00〜11:30)

森崎 久雄
立命館大学理工学部化学生物工学科 教授 理学博士

1.微生物の細胞表面にはポリマー層が存在する
2.ポリマー層の存在と微生物付着メカニズムの再考
3.新しい付着理論によるVibrio alginolyticus の付着メカニズムの解析
4.細胞−付着基質間の親和性の決定

<11:30〜12:20  ランチブレイク>

2.付着汚染細菌の薬剤耐性・熱抵抗性とその制御法

(12:20〜13:30)

土戸 哲明
関西大学工学部生物学科 教授 工学博士

1.汚染細菌の付着とバイオフィルム形成
2.付着細菌・バイオフィルムの薬剤耐性
3.付着細菌・バイオフィルムの熱抵抗性
4.付着細菌・バイオフィルムの制御対策
5.ステンレス鋼の微生物腐食における付着とバイオフィルム形成の問題

3.微生物制御の盲点:食品工場における微生物汚染の実態

(13:30〜14:40)

小杉 直輝
小杉食品技術事務所 代表取締役 技術士

1.食品工場での2次汚染の事例
2.フローズンチルド製品と微生物
3.クリーンルームの結露と微生物
4.食鳥処理場における工程別微生物の消長と微生物制御
5.洗浄剤による小豆の耐熱菌の除去

<14:40〜14:50  コーヒーブレイク>

4.微生物による表面汚染のモニタリング技術

(14:50〜16:00)

日佐 和夫
イカリ消毒(株)環境文化創造研究所食品総合企画室 室長 農学博士

1.微生物モニタリングの基本的用件
2.HACCP視点による微生物モニタリング対策の特定
3.ATPによる食品加工機械のモニタリングによる汚染実態
4.モニタリング結果(汚染実態)に基づくSSOPの作成とその維持管理事例


【参加規定】

■受講料(1名につき)
40,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
※上記の受講料に別途消費税が課税されます。
(ランチブレイク:11:30〜12:20、コーヒーブレイク:14:40〜14:50)

■定員
50名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
飯田橋レインボービル1階「A会議室」
【地図はこちら】
東京都新宿区市谷船河原町11 電話 03(3260)4791

【申込方法】

「セミナー参加申込」コーナーより、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
 折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。

図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home