(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
「HACCPシステム導入の手引き第1巻」発刊記念

中小企業のためのHACCP導入のノウハウ
集中スクーリング講座


【開催日】2000年6月20日
【会場】自動車会館「大会議室」

自主衛生基準の食品企業が「HACCP認証工場」となるための実務上の勘所を担当講師が 本音で語り、Q&A/個別相談会を通して受講者の日頃の疑問点の解消とシステム構築の指導を 親身に行います。


◆開催プログラム 2000年6月20日(火)9:30〜18:00

*各講座ごとに20分の質疑時間を設け、テキストでは十分理解できない実務上のノウハウを Q&Aを通して分かりやすく解説して戴きます。さらに、個別相談会を併設。*

開催趣旨・ガイダンス (9:30〜9:40)

横山 理雄
神奈川大学理学部応用生物科学科講師(HACCPシステム導入の手引き/編集委員代表)


1.流通業界が求めるHACCP管理

(9:40〜11:00)

佐藤 邦裕
日本生活協同組合連合会品質管理部 部長

流通業界が求めるのはHACCP認証(承認)それ自体ではなく、あくまで運用の実態である。このため取引先の点検(監査)を日々実施しており、その体験をもとにHACCP管理の着眼点とその進め方を生協の立場から具体的に述べる。

2.中小企業のためのHACCP認証と指導

(11:00〜12:00)

斎藤 寿典
(社)大日本水産会 品質管理部長

中小企業のためのHACCP認証の動向について、水産食品分野に携わる立場から現状と問題点等を指摘の上、HACCP支援法の具体的活用策などもおりまぜ、今後あるべき姿を解説する。

<12:00〜12:45 ランチブレイク>

3.中小企業に導入可能なHACCPシステム

(12:45〜14:05)

井上 富士男
(株)ビー・エム・エル F&Sリサーチセンターチーフアドバイザー

HACCPシステムに準じた衛生強化の必要性が益々高まっている。各事業者団体がそれぞれモデルプランが作っているが、その利用方法、ブレイクダウンの仕方が問題である。中小企業に適した導入方法を、弁当・惣菜を例として分かりやすく解説する。

<14:05〜14:10 休憩>

4.中小企業におけるHACCP対応施設のポイント

(14:10〜15:30)

高橋 賢祐
(株)アーキフォーム代表取締役

HACCPは決して見た目ではなく、必ずしも高いコストを要するものではない。長年、食品工場のエンジニアリングに携わった経験から、今一度HACCPの目的を理解し、施行計画のポイントをお伝えしたい。

<コーヒーブレイク 15:30〜15:40>

5.HACCP導入の実際

−対米輸出向け水産食品HACCP申請の体験を語る− (15:40〜17:00)

富田  勉
(株)なとり 食品総合ラボラトリー取締役所長

HACCPは自主基準で十分対応できる。自社工場での申請体験を通してその確信を得た。所轄行政担当者との交渉・指導の実態、承認のポイント、自主基準に最低必要なHACCP管理項目と運用の実際について具体的に説明する。

<個別相談会>中小企業におけるこれからのHACCP構築

(17:00〜18:00)


【参加規定】

■受講料(1名につき)
38,000円(税別/テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
※テキストは「HACCPシステム導入の手引き第1巻」(価格18,000円。税別)を使用します
(事前送付につき、送料500円を申し受けます)。 ※特別普及価格のため、受講料、テキスト代の割引はできません。
※テキストは請求書・受講証とともに事前にお送り致します。当日、お忘れなくご持参下さい。
※お申し込み順にお席は決めさせて戴きます。

■定員
80名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
自動車会館「大会議室」
【地図はこちら】
東京都千代田区九段南4-8-13 電話 03(3264)4719 (代)

【申込方法】

「セミナー参加申込」コーナーより、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
 折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。

図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home