(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

第2回 飲料・食品の光劣化防止技術の最先端


【開催日】2000年8月28日(月)
【会場】飯田橋レインボービル2階「中会議室」

●解明が進む光劣化制御のメカニズムと改善取り組みの最新実態――リサイクル法施行で浸透する容器包装の無色透明化に対応し、先進企業(ビール、油脂製品)における光劣化防止技術の実際、光遮断性包装材料の現状とリサイクル問題を含め、最先端の状況と今後の取り組み課題を明らかにする好評の第2回セミナー!


◆開催プログラム  *2000年8月28日(月)10時〜16時30分

1.抗酸化物質の特性と光劣化制御のメカニズム

(10:00〜11:30)

寺尾 純二
徳島大学医学部栄養学科 教授

1.食品の酸化反応のメカニズム
  活性酸素、紫外線と可視光線、フリーラジカル連鎖反応、光増感酸化反応
2.抗酸化物質の分類と作用メカニズム
  フリーラジカル捕捉剤、紫外線吸収剤、一重項酸素消去剤
3.抗酸化物質による光劣化とその抑制:食用油脂の場合
  油脂精製プロセスと残存色素、トコフェロール、リン脂質、カロテン
4.光劣化とカロテノイド:生体関連の最近の話題
  皮膚の光老化、加齢黄斑変性、カロテノイドの吸収と代謝

<11:30〜12:20  ランチブレイク>

2.食品の光劣化と食品包装材料 ―― 現状と動向

(12:20〜13:50)

平田  孝
京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻 助教授

1.各種食品・食品成分の光劣化機構
2.光劣化にかかわる流通・包装・環境・食品内部要因
3.光劣化防止に必要な包装材料の機能
4.光遮断性包装材料の現状と効果

3.光遮断性包装材料のリサイクルと環境適合性

(13:50〜14:40)

堀口  誠
東洋製罐(株)環境対策室

<14:40〜15:00  コーヒーブレイク>

4.飲料・食品の光劣化防止の実際


4.1 ビールの光劣化と防止技術 (15:00〜15:45)

金田 弘挙
サッポロビール(株)醸造技術研究所 担当部長

1.ビールの劣化とは
2.ビールの光劣化機構(暗所保存での品質劣化との違い)
3.ビールの光劣化防止技術

4.2 油脂製品の光劣化と防止技術 (15:45〜16:30)

武田  茂
味の素製油(株)取締役 生産技術部長

1.油脂製品の光劣化とその現状
2.油脂製品の光劣化防止の実態
  2.1 油脂自体での防止技術
  2.2 包装容器での防止技術
  2.3 流通での防止策


【参加規定】

■受講料(1名につき)
43,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
(ランチブレイク:11:30〜12:20、コーヒーブレイク:14:40〜15:00)

■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
飯田橋レインボービル2階「中会議室」 【地図はこちら】
東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法】

「セミナー参加申込」コーナーより、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
 折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。

図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home