(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

新食感フォーラム2001

市場が求める食感製品の最新潮流と創成技術
【開催日】2001年1月17日(水)
【会場】後楽園会館「第1・2会議室」

コーディネータ
西成 勝好氏 大阪市立大学生活科学部食品栄養科学科教授


今求められる生活者視点の技術とマーケティング!21世紀の生活シーンを探り、期待される食感製品の開発コンセプトと手法を集中討議する!


◆開催プログラム 2001年1月17日(水)10時〜17時

オープニング・スピーチ:食感研究の最新潮流と課題 (10:00〜10:30)

西成 勝好

1.新食感を目指した製品開発の最先端


1−1.新テクスチャー食肉製品の開発 (10:30〜11:10)

秋元 政信
プリマハム(株)基礎研究所 係長

1.食肉製品とその市場動向
2.食肉製品の栄養学的な特徴
3.新テクスチャー食肉製品の開発

1−2.パン類における新食感への取り組み (11:10〜11:50)

長尾 精一
(財)製粉振興会 参与・日清製粉(株)顧問

1.欧米でのパン類を巡る最近の動きを見て
2.現代の食生活におけるパン類の位置付け
3.新製品ラッシュが消費を下支え
4.新食感が健康で幸せな生活に果たす役割

<11:50〜12:40  昼 食>

1.3 ヨーグルトにおける新食感への取り組み (12:40〜13:20)

折居 直樹
明治乳業(株)中央研究所 市乳開発研究部 課長

1.ヨーグルトの種類、市場動向
2.各タイプヨーグルトにおける食感開発
  2.1 プレーンヨーグルト
  2.2 ハードヨーグルト
  2.3 ソフトヨーグルト
  2.4 ドリンクヨーグルト

1.4 寒天ゲルを利用した新しい食感製品 (13:20〜14:00)

埋橋 祐二
伊那食品工業(株)研究開発部 取締役部長

1.様々な寒天のゲル物性について
2.寒天と他の多糖類との併用ゲルについて
3.寒天を利用した食品への応用について

2.21世紀の生活シーン:食の消費行動・嗜好は今後どのように変化するか


2.1 生活者視点のマーケティングの最前線から (14:05〜14:45)

斎藤  隆
(株)NTTデータ 第四産業システム事業部未来・マーケティング研究室 室長

1.消費者ニーズの潜在化を前提にしたマーケティング技術
2.市場進化に対応したミールソリューション型商品開発が求められている
3.食卓造景学〜食卓の構造と力学を明らかにする
4.食卓の新しい予兆

2.2 CVSから見た消費者嗜好の最新トレンド (14:45〜15:25)

久保園 修
(株)am/pmジャパン 商品部ゼネラルマネージャー

1.am/pmの歩み
2.社会背景とam/pmの進む方向性
3.商品政策の方向性

<15:25〜15:40  コーヒーブレイク>

3.[パネル討論]消費者とメーカーをつなぐ食感製品開発の新しい視点

(15:40〜17:45)

座長:西成勝好氏
パネリスト:
秋元 政信氏・長尾 精一氏・折居 直樹氏・埋橋 祐二氏・斎藤  隆氏・久保園 修氏


【参加規定】

■受講料(1名につき)
43,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
※上記の受講料に別途消費税が課税されます。
(ランチブレイク:11:50〜12:40、コーヒーブレイク:15:25〜15:40)

■定員
80名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
後楽園会館「第1・2会議室」
【地図はこちら】
文京区後楽1-7-22  電話 03(3815)8171


セミナー開催履歴
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home