(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
日本食品技術アカデミー第13回講座

医療食・介護食の実態と今後の展開


【開催日】2001年7月11日(金)
【会場】飯田橋レインボービル「中会議室」

主催
食品産業戦略研究所

アカデミー委員長
高野 光男氏 大阪大学名誉教授

第13回講座企画幹事
横山理雄氏 神奈川大学理学部講師

 [開催の趣旨]
医療食分野では病院外調理と在宅医療食の開発など動きが活発になってきている。またCVS、弁当・惣菜メーカーなどは 介護食へのビジネス展開を行っている。今回のセミナーでは医療食・介護食に取り組んでいる産官学の専門家によって、衛生上の問題、行政の動向、製品展開と技術、 調理と包装システムについてご講演戴き、医療食・介護食の今後の展開について討議したい。  


◆開催プログラム 2001年7月11日(水)10時00分〜16時50分

1.[基調講演] 医療食・介護食をめぐる衛生上の諸問題

(10:00〜11:00)  

小沼 博隆 
国立医薬品食品衛生研究所衛生微生物部第2室長

1. 最近における食中毒の現状
2. 調理施設の現状と問題点
3. 医療食・介護食の衛生管理

2.医療食・介護食をめぐる行政動向とこれからの事業展開

(11:00〜12:00)  

横山 理雄 
国立医薬品食品衛生研究所衛生微生物部第2室長

1. 医療食・介護食に対して行政はどのように動いているか
2. 院外調理はどこまで進むか
3. 医療食・介護食の実態と問題点
4. これからの医療食・介護食の事業展開は

<12:00〜12:50  ランチブレイク>

3.医療食・介護食の製品展開と技術

3.1 キユーピー「介護用食品の機能・特性について」
(12:50〜13:30)

濱千代 善規
キユーピー(株)研究所研究2部薬剤師

1. 老化と摂食障害
2. 嚥下補助食品の機能・特性について
  2.1 「ゼリー食の素」のVFによる機能分析
  2.2 「かんたんゼリーの素」の臨床的評価
  2.3 ゼリー状食品のテクスチャー解析


3.2 明治乳業「医療・福祉の場で必要な食品」
(13:30〜14:10)

一色 宏之
明治乳業(株)乳品・医薬品本部栄養機能食開発部開発3G 課長

1. 医療・福祉の場における栄養補助
2. 医療・介護向け食品紹介
3. 介護食に求められるものは何か
4. 当社の製品展開と技術


3.3 シダックス「病院食・高齢者施設での満足度向上を目指した選択食」
(14:10〜14:50)

橋詰 豊
シダックスフードサービス(株)メディカルフードカンパニー
メディカル業務推進室 室長

1. 病院食の満足度
2. カフェテリアタイプの選択食SMC(シダックスメディカルカフェテリア)
3. SMC導入病院での満足度(日本栄養改善学会での発表)
4. システム構築および導入条件

<14:50〜15:10 コーヒーブレイク>

4.医療食・介護食の調理システム

(15:10〜16:00)

田村 敏行
三洋電機(株)産機システムカンパニー
食品システム事業部新事業開発部 担当部長

1. 病院給食における厨房施設
2. 病院給食における調理方法
3. クックチルと調理食品の衛生管理
4. 食事の配送と提供

5.医療食・介護食のための包装システム

(15:10〜16:00)

葛良 忠彦
東洋製罐グループ綜合研究所
調査企画室 主任部員

1. 医療食・介護食とその包材の要求特性
2. 医療食・介護食の包装形態と包装材料
3. レトルト食品包装システムの応用
4. 無菌・無菌化包装システムの応用


【参加規定】

■受講料(1名につき)
43,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
※上記の受講料に別途消費税が課税されます。
(ランチブレイク:12:00〜12:50、コーヒーブレイク:14:50〜15:10)

■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
飯田橋レインボービル「中会義室」
【地図はこちら】
新宿区市谷船河原町11  電話 03(3261)9921


セミナー開催履歴
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home