(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食品の非加熱殺菌技術シンポジウム

ここまできた物理的手法による非加熱殺菌技術の最新アプリケーション
【開催日】2001年11月2日(金)
【会場】後楽園会館

オーガナイザー
一色 賢司氏 独立行政法人食品総合研究所企画調整部食品衛生対策チーム長
五十部誠一郎氏 独立行政法人食品総合研究所食品工学部製造工学研究室長
松田 敏生氏 フードスタッフ研究所代表者

海外で急展開する食品の非加熱殺菌技術!−米国食品業界を代表してDr.Itoを特別招聘し、 非加熱食品に対するFDAの最近の取り扱いと要求事項をご紹介戴くとともに、わが国の指導的講師陣を結集!この技術の最近の成果 ・課題検証・将来展望を集中討議します。 

◆開催プログラム 2001年11月2日(金)9時30分〜16時50分

開会の辞 (9:30〜9:35)

一色 賢司

1.[米国の最新事情] 非加熱食品に対するFDAの要求事項と取り扱いをめぐって
“Recent Trends on Non Thermal Processing of Food in the U.S.”

(9:35〜10:50)  *逐次通訳付き/講演60分、質疑15分

Dr. Keith A.Ito 
Senior Vice President, National Food Procesors Association

2.高品質を志向する非加熱殺菌技術の最近の成果

2.1 閃光パルス殺菌
(10:55〜11:35)

鮫島 隆
プリマハム(株)基礎研究所所長代理


2.2 連続式紫外線照射
(11:35〜12:15)

土戸 哲明
関西大学工学部生物工学科 教授

<12:15〜13:00 ランチブレイク>

2.3 高電圧パルス殺菌
(13:00〜13:40)

佐藤 正之
群馬大学工学部生物化学工学科 教授

2.4 高圧処理による殺菌
(13:40〜14:20)

五十部誠一郎
独立行政法人食品総合研究所食品工学部製造工学研究室長

2.5 ソフトエレクトロンによる殺菌
(14:20〜15:00)

林 徹
独立行政法人国際農林水産業研究センター食料利用部長

<15:00〜15:20 コーヒーブレイク>

3.殺菌効果増強のための各種組み合わせ技術

(15:20〜16:05)

松田 敏生
フードスタッフ研究所 代表

[総合質疑]非加熱殺菌技術の課題検証と将来展望

(16:10〜16:50)

座長:一色 賢司


【参加規定】

■受講料(1名につき)
40,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
※上記の受講料に別途消費税が課税されます。
(ランチブレイク:12:15〜13:00、コーヒーブレイク:15:00〜15:20)

■定員
80名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
後楽園会館
【地図はこちら】
文京区後楽1-7-22  電話 03(3815)8171


セミナー開催履歴
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home