(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
食品研究のニューフロンティア:日本食品技術アカデミー第15回講座

食品のカプセル化技術の最新動向
−消費者の安全・健康を志向した新素材と新技術−

主催
食品産業戦略研究所

第15回講座企画幹事
村勢 則郎氏  東京電機大学理工学部生命工学科 教授
 

[開催の狙い]
安全と健康に対する配慮を前提に、保存性や徐放性の優れた、あるいは微小化されたカプセルの開発は、 21世紀の食品分野におけるキー・テクノロジーの1つといっても過言ではない。物理化学の原理にしたがった新しい素材の開発と加工技術の開発、 その集大成が優れたカプセル化技術に結びつくのである。本セミナーでは、新素材の開発と新加工技術開発の両側面から、 カプセル化技術の最新動向を探ってみることにする。


【開催日】2002年3月20日(水)
【会場】後楽園会館「第1・2会議室」


◆開催プログラム *3月20日(水)10時〜16時40分

1.カプセル材料としての糖の化学とその応用

(10:10〜11:10)  

櫻井 実
東京工業大学大学院生命理工学研究科 助教授

1.トレハロースの生理機能
2.トレハロース水溶液の性質とガラス化
3.ガラス化による生体材料の保存
4.トレハロースは特異な乾燥保護剤か?

2.包接機能を有する糖質素材の開発現状

(11:15〜12:15)  

北畑 壽美雄
大阪市立工業研究所 生物化学課長

1.サイクロデキストリン、分岐サイクロデキストリン
2.ヘテロ分岐サイクロデキストリン
3.大環状アミロース
4.サイクロデキストラン
5.サイクロフラクタン
6.有孔澱粉

<12:15〜13:15 ランチブレイク>

3.徐放効果を追求した香料のマイクロカプセル技術の最近の展開

(13:15〜14:15)  

中村 哲也
長谷川香料(株)技術研究所 主任研究員

1.マイクロカプセル化香料の歴史
2.香料のマイクロカプセル化方法
3.マイクロカプセル化香料の用途
4.食品、香粧品、トイレタリー製品への徐放化の応用

4.脂質の粉末化と酸化抑制

(14:20〜15:20)  

安達 修二
京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻 助教授

1.脂質の粉末化と付与される機能
2.脂質の酸化動力学
3.粉末化による脂質の酸化抑制
4.脂質−食用高分子の相互作用と酸化抑制

<15:20〜15:40 コーヒーブレイク>

5.注目の微小カプセル:シームレスカプセル技術

(15:40〜16:40)  

浅田 雅宣
森下仁丹(株)ミラセル研究開発本部 部長

1.多層シームレスカプセルの製法
2.シームレスカプセルの特徴と応用
3.バイオカプセルの開発と応用
4.今後の可能性


【参加規定】

■受講料(1名につき)
40,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
※上記の受講料に別途消費税が課税されます。
(ランチブレイク:12:15〜13:15 /コーヒーブレイク:15:20〜15:40)

■定員
80名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
後楽園会館「第1・2会議室」
【地図はこちら】
文京区後楽1-7-22  電話 03(3815)8171


セミナー開催履歴
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home