(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食品異物対策シンポジウム[東京2002]


【開催日】2002年10月10日(木)
【会場】後楽園会館「第3・4・5会議室」

シンポジウム企画委員
新宮 和裕 氏 (財)日本冷凍食品検査協会 検査事業部 部長
亀井 俊郎 氏 明治乳業(株)品質保証部 部長
朝倉 征雄 氏 マルハ(株)環境品質管理部 部長
石黒  厚 氏 (株)ドンク 品質環境安全管理センター センター長

主催:食品安全研究会
協賛(音順):イカリ消毒(株)東日本事業部
     :東京サラヤ(株)

●現場の管理責任者は今後どう動いたらよいか?
消費者の信頼を獲得する現場改善策と企業のコンプライアンス対策を“現実に即した具体論”で徹底討議する、 中堅企業経営者・製造責任者のための第3回実践フォーラム!

[Part1]混入異物をいかに迅速に同定し、現場改善にフィードバックするか
[Part2]作業者の戦力化・組織の活性化のための動機づけとマネジメントのノウハウ
[Part3]いま求められる食品企業のコンプライアンス対策と行動指針


セミナー開催履歴] [Home Pageへ
◆開催プログラム 2002年10月10日(木)9時55分〜17時5分

□開会の辞(9:55〜10:00)

新宮 和裕 氏 (財)日本冷凍食品検査協会

[第1セッション]主要異物の簡易迅速同定と現場改善策を探る

1.原料由来異物の簡易同定と防止対策(10:00〜11:00)

西島 基弘 
実践女子大学生活科学部 食品衛生学研究室 教授


2.混入異物の鑑定法(11:00〜12:00)

渡井 正俊 
(財)日本食品分析センター 多摩研究所試験研究部 部長

<12:00〜12:50  ランチブレイク>

3.食品衛生に関する苦情事例の最近の実態と現場改善(12:50〜13:50)

田村 行弘 
(財)東京都予防医学協会 常任学術委員


□第1セッション総合質疑(13:50〜14:20)

座長:朝倉 征雄 氏(マルハ(株))
<14:20〜14:35 コーヒーブレイク>

[第2セッション]パネル討論−異物対策の効果を上げる人と組織の活性化

(14:35〜15:55)
 座 長 :新宮 和裕 氏 (財)日本冷凍食品検査協会
パネリスト:朝倉 征雄 氏 マルハ(株)
パネリスト:亀井 俊郎 氏 (株)明治乳業
<休憩 5分>

[第3セッション]今後の消費者対応と行動基準−いま求められる企業のコンプライアンス対策

(16:00〜17:00)
鍋嶋 詢三 
(社)消費者関連専門家会議(ACAP) 顧問


□閉会の辞(17:00〜17:05)

亀井 俊郎 氏 明治乳業(株)

【参加規定】

■受講料(1名につき)
28,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)
※上記の受講料に別途消費税が課税されます。
(ランチブレイク:12:00〜12:50、コーヒーブレイク:14:20〜14:35)

■定員
120名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
後楽園会館「第3・4・5会議室」 【案内図】
東京都文京区後楽1-7-22  電話 03(3815)8171


セミナー開催履歴
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home