(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

日本食品技術アカデミー第16回講座
食品開発における氷晶のマニピュレーション


【開催日】2003年4月25日(金)
【会 場】後楽園会館「第1・2会議室」
【受講料】36,000円 → E-mailでの申込なら34,200円(消費税別)

第16回講座企画幹事
村勢 則郎 氏 東京電機大学理工学部 生命工学科 教授

企画:食品産業戦略研究所
【開催の狙い】
 冷凍食品、凍結保存、凍結乾燥、凍結濃縮など、凍結技術は食品において様々に利用されている。このような凍結技術においては、どの部位に、どのようなサイズ・形状の氷晶が出来るかが、 品質や製品価値に決定的な影響を及ぼす。
 本セミナーでは、このような氷晶のマニピュレーションに焦点を絞って、氷核生成や氷晶成長に関する基礎的理解を実際の食品開発にどのように結びつけていったらよいか、 そのポイントとなる凍結戦略について解説する。


[セミナー参加申し込み] [Top Pageへ]
◆開催プログラム 2003年4月25日(金)10時〜16時

□オープニング・リマーク   企画幹事 村勢 則郎 氏(10:00〜10:10)

  1. 微生物の耐寒戦略の知恵を学ぶ

(10:10〜11:20)
小幡 斉 
関西大学工学部生物工学科 微生物工学研究室 教授
  1. 氷核タンパク質の諸性質と応用
  2. 凍結保護タンパク質の諸性質と応用
  3. 不凍タンパク質の諸性質と応用

  1. 不凍タンパク存在化における氷晶形成

(11:20〜12:30)
古川 義純 
北海道大学低温科学研究所 雪氷相転移ダイナミクス研究グループ 助教授
  1. 氷の結晶成長過程をどの様に観察するか
  2. 氷の結晶成長と不純物の効果
  3. 不凍タンパク質と氷晶の形
  4. 不凍タンパク質と結晶成長カイネティクス
    <12:30〜13:30  ランチブレイク>

  1. 世界へ向けての医食同源・再生保存技術
    −食品からバイオ医療分野へ。生体組織細胞、臓器保存への展開

(13:30〜14:20)
大和田 哲男 
(株)アビー 代表取締役社長
  1. CAS凍結とその特徴
  2. CAS凍結食品の実施例
  3. 生体組織細胞・臓器保存への展開
  4. 天体観測技術への応用
  5. 今後の対応

  1. 水分に起因する冷凍食品の食感劣化 − 冷凍フライ食品保持時の問題点と対策

(14:20〜15:10)
白澤 聖一 
日清オイリオ(株)研究所 油脂基礎科学分野
  1. 冷凍食品の現状
  2. 水分に起因する冷凍食品保存時の問題点
  3. 冷凍フライ保存時食感劣化メカニズム追求の取組み
  4. 使用素材による冷凍食品保存時食感劣化の対策
    <15:10〜15:30 コーヒーブレイク>

  1. [総括と展望] 氷晶マニピュレーションの食品開発への戦略を語る

(15:30〜16:00)
村勢 則郎 
東京電機大学理工学部 生命工学科 教授


【参加規定】
■受講料(1名につき)
36,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。) → E-mailでの申込なら34,200円(消費税別)
(ランチブレイク:12:30〜13:30、コーヒーブレイク:15:10〜15:30)
■定員
80名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
後楽園会館「第1・2会議室」 【案内図】
東京都文京区後楽1-7-22  電話 03(3815)8171
【申込方法】
下の「セミナー参加申し込み」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。


[この頁の先頭へ]
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home