(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

米飯食品ビジネス2003


【開催日】2003年5月16日(金)
【会場】飯田橋レインボービル「中会議室」
【受講料】38,000円 → E-mailでの申込なら36,100円(消費税別)

コーディネータ
大坪 研一 氏 独立行政法人 食品総合研究所 食品素材部 穀類特性研究室長

【米飯食品の市場拡大を実現する最新情報!】
 新規参入が相次ぐ加工米飯ビジネスの一層の発展を祈願し、加工適正と機能性に優れた新品種・食味推定の最新技術・トレーサビリティ無菌米飯の開発、 さらに直面する安全性の諸問題を集中討議する画期的フォーラム!


[セミナー参加申し込み] [Top Pageへ]
◆開催プログラム 2003年5月16日(金)10時〜16時

  1. 新しい機能性や加工適正を備えた新品種の育成

(10:00〜11:00)
根本 博 
独立行政法人 農業技術研究機構 作物研究所稲研究部 他用途稲育種研究室長
  1. 低アミロース米品種
    糯と粳の中間的な米で、ミルキークイーンなど粘りの強い良食味品種
  2. 低グリテリン米品種
    易消化性蛋白質含量の低い品種、蛋白質摂取を抑えた食事向き
  3. 巨大胚米品種
    胚芽に蓄積されるγ-アミノ酪酸などを利用する健康食品向き品種
  4. 色素米等々
    赤米、紫黒米など。健康食品用や加工原料用などの品種

  1. DNAによる米の食味推定技術

(11:00〜12:00)
大坪 研一 
独立行政法人 食品総合研究所 食品素材部 穀類特性研究室長
  1. DNA品種判別からDNA食味推定への展開
  2. デンプン・タンパク質関連識別プライマーの開発
  3. 世界の広範な米及び国内産良質米におけるDNA食味推定技術
  4. 米飯一粒あるいは加工米飯を試料とするDNA食味推定例
    <12:00〜13:00  ランチブレイク>

  1. 無菌米飯・無菌装餅をめぐる安全性の諸問題とその後の推移

(13:00〜13:50)
山崎 彬 
越後製菓(株)代表取締役会長
  1. 厚生労働省医薬局食品保険部基準課における、低酸性食品のボツリヌス菌(Clostridium botulinum)による食中毒を防止する観点からの冷蔵保存の基準設定についての現状を説明
  2. ボツリヌス菌の性状とボツリヌス毒素(botulinum toxin)に関する一般的な理解を促し、食中毒の防止対策を検討
  3. 無菌米飯・無菌包装餅等の性状及び、Clostridium sporogenesを用いた新潟県食品研究センターの実験による知見を紹介
  4. 米加工食品以外の一般食品への適用を考慮し、海外文献を通して加熱によるボツリヌス毒素の無毒化、保存条件の適正化等を検討
    <休憩10分>

  1. 無菌化包装米飯におけるトレーサビリティシステム

(14:00〜14:50)
赤塚 昌一 
佐藤食品工業(株)広域流通部営業企画課開発担当 課長
  1. 米加工品とトレーサビリティ
  2. 原材料米生産・流通トレーサビリティシステム
  3. 包装米飯加工・流通トレーサビリティシステム
  4. 今後の課題と方向性
    <14:50〜15:10 コーヒーブレイク>

  1. 食酢の米飯利用方法について

(15:10〜16:00)
高橋 鍛 
キユーピー醸造(株)取締役 研究所長


【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。) → E-mailでの申込なら36,100円(消費税別)
(ランチブレイク:12:00〜13:00、コーヒーブレイク:14:50〜15:10)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」 【案内図】
東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791
【申込方法】
下の「セミナー参加申し込み」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。


[この頁の先頭へ]
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home