(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第2回]中食市場研究会
メーカーは中食マーケットの要求にどう対応すべきか

【開催日】2003年6月6日(金)
【会場】後楽園会館 「第3・4・5会議室」
【受講料】28,000円(消費税別)→ E-mailでの申込なら26,600円

◆コーディネータ
岩崎 善充氏  (株)メディアフレックス 代表取締役

【開催の狙い】
メーカーの皆様に“中食マーケットをよりよく理解して戴く”ことを狙いとして、お店の最前線で陣頭指揮をとられている経営トップの方々の生の声を、 以下の諸点を交えお伝え戴きたいと願って本セミナーを企画いたしました。
  • 中食マーケットにおける顧客動向(お客は何をお店に求めているか、そして特に最近お客が変化してきていること)
  • 食品メーカーに対する中食の現場からの要望
  • 容器メーカーに対する中食の現場からの要望
  • 厨房機器メーカーに対する中食の現場からの要望
  • 中食マーケットへのメーカーの売り込み方への提言
併設展示:『これが“キット商品”だ!』


[セミナー参加申し込み] [Top Pageへ]
◆開催プログラム 2003年6月6日(金)9時55分〜16時00分

□開会の辞(9:55〜10:00)

  1. 中食マーケットでのメーカーの生き残り戦略

(10:00〜11:00)
古田 基 
(株)フードシステム 代表取締役社長
  1. 中食マーケットのこれから
  2. キット商品とは
  3. なぜキット商品は必要なのか

昭和31年、日本ビクター入社。45年より50年までJVCアメリカ社長に就任後、昭和51年、業務用厨房機器の輸入代理店(株)フードシステム設立、同時にテイクアウトデリショップの繁盛店“キッチントマト”を展開中。消費者中心の流通改革を唱え「商品開発研究会」、「繁盛塾」などを20年余にわたって開催、また海外ネットワークを通じ海外研修を10数年間主催している。この間の経験を生かし流通、外食、中食にまたがるコンサルティング活動を行う。

  1. 中食におけるヘルシーメニューの提案

(11:00〜12:00)
松月 弘恵 
東京家政学院大学 家政学部家政学科給食管理研究室 講師
  1. 弁当、惣菜に求められる健康志向
  2. ヘルシーメニューへのアプローチの方法
  3. お客とメーカーのヘルシーメニューに対する相違点

「中食市場からヘルシーな食生活を発信する!」 − 消費者の多様なヘルシー感に近づく努力を通して、消費者が自由に選べる楽しさ、組み合わせの楽しみを満喫出来る中食のメニューを提案、消費者が喜ぶヘルシー訴求のあり方を具体的かつ大胆に提示して戴く。

<12:00〜13:00  ランチブレイク>

  1. キット商品の開発と流通にたずさわって

(13:00〜13:50)
上岡 次男 
(株)サトー商会 取締役惣菜部長 兼 北関東営業課長
  1. サトー商会の中食事業戦略
  2. キット商品の位置づけと開発のポイント
  3. 中食店運営の秘訣と流通のポイント

昭和23年創業の業務用食品卸売の老舗。東北全域および北関東に強固な販売網を築き、食品のあらゆる業種で着実に事業を伸張させている。 同社惣菜担当事業部の総責任者 上岡取締役に「食卓からの発想」で顧客満足を高めるメニュー開発、10年以上に及ぶキット商品への本格的取り組み、平成12年よりスタートしたアンテナショップ“ハロー・キッチン”の営業展開を通して、中食ビジネス運営のポイントや市場に関わる製造・流通業者の役割などを熱く語って戴く。

  1. 売れる惣菜は現場から

(13:50〜14:40)
岡山 克巳 
岡山フードサービス(株)代表取締役社長
  1. 現場から見たキット商品の功罪
  2. キット商品が使える規模とその活かし方
  3. 顧客が喜ぶ現場オペレーション

卸売業の立場から“中食・惣菜の仕込み代行業”を使命とする同社は、あらゆる面で「手作り」を重視し、 お店での味付けと作る喜びを大切にする徹底した現場主義、社員自ら構築した顧客との情報ネットワークのフル活用とトレーサビリティシステムで業績を躍進させている。 その最前線で指揮をとる岡山社長に、独自のテイクアウト店の経営体験を含め、売れる惣菜の秘訣とキット商品戦略を語って戴く。

<14:40〜15:00  コーヒーブレイク>

  1. [パネル討論]メーカーは中食現場の要求にどう対応すべきか?

(15:00〜16:00)
 座 長  古田  基 氏 <(株)フードシステム>
パネリスト上岡 次男 氏 <(株)サトー商会>
パネリスト岡山 克巳 氏 <岡山フードサービス(株)>


◇ 協 賛
(株)メディアフレックス 中食および外食マーケットに対する各メーカー、商社などの商品やサービスの売り込み、ルート開拓、販促活動を実施。メーカーに対して商品開発や、中食、外食企業のSP、 メニュー提案などを主な業務としている専門広告代理店
(連絡先)〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-6 三田ビル3F
 TEL.03-3407-5731 FAX.03-3407-4991
(株)ギンポーパック 食品形成容器の製造と販売からスタートした(株)ギンポーパックは、容器のハード機能とパッケージのビジュアルマーケティングとしてのソフト機能を追求、 高品質な食品関連パッケージを提供しています。
(連絡先)〒101-0027 東京都千代田区神田平河町1 第3東ビル5F
 TEL.03-3866-1101 FAX.03-3851-8608

【参加規定】

■受講料(1名につき)
28,000円(テキスト代、昼食代、コーヒー代を含む。)→ E-mailでの申込なら26,600円
※上記の受講料に別途消費税が課税されます。
(ランチブレイク:12:00〜13:00、コーヒーブレイク:14:40〜15:00)

■定員
120名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)

■会場
後楽園会館「第3・4・5会議室」 【案内図
東京都文京区後楽1-7-22  電話 03(3815)8171

【申込方法】

下の「セミナー参加申し込み」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。


[この頁の先頭へ]
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home