(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

「健康食品」に係る新しい表示制度と審査基準の行方

【コードNO】90421
【開催日】2004年9月30日(木)13:00〜17:00
【会 場】後楽園会館「第1・2会議室」 【案内図
【受講料】26,250円 (25,000円+税)→ E-mailでの申込なら24,937円(23,750円+税)
セミナー参加申込画面へ セミナー案内へ HomePageへ

コーディネータ
井上 浩一 氏 関東学院大学 人間環境学部健康栄養学科 助教授

 「健康食品」の規制が大きく変わろうとしています。 周知の通り本年6月『「健康食品」に係る制度のあり方について(提言)』が公表されました。 これはあくまで概念の提示であり、今後現実の制度化のための委員の選任と検討を経て、年内を目標に具体的ガイドライン作りが進められると報道されています。 或る程度検討が進み議論の材料が出てくると予想される9月時点の最新状況にもとづき、「健康食品」表示制度・審査基準の行方と企業の対応策について、この分野の権威をお招きし掘り下げた議論をすべく本セミナーを企画しました。
(株)サイエンスフォーラム


◆ 開催プログラム 2004年9月30日(木)13:00〜17:00

オープニング・スピーチ コーディネータ 井上 浩一 氏(13:00〜13:05)

  1. 「健康食品」の法的位置づけをめぐる問題点

(13:05〜13:45)
大濱 宏文
NNFAジャパン 代表 科学・法務担当ディレクター
  1. 「健康食品」の法的位置づけ―現状
  2. 「健康食品」に係る制度のあり方に関する検討会の開催に到る経緯
  3. 「提言」(「健康食品」にかかわる今後の制度のあり方について)の意味するところ
  4. 海外のサプリメントに関する法規制の状況
  5. 「提言」後の諸問題
  6. 「健康食品」のあるべき姿

  1. 保健機能食品の新しい表示制度―その科学的根拠と国際的整合性

(13:45〜14:45)
清水 俊雄
フレスコジャパン(有)表取締役/日本国際生命科学協会 技術顧問
  1. 背景
  2. 健康表示に関する海外の動向
  3. 科学的根拠の考え方
  4. 今後の展望
    <休憩5分>

  1. 特定保健用食品をめぐる審査基準の動向

(14:50〜15:50)
山本 哲郎
(株)TTC 代表取締役社長/京都大学大学院 医学研究科 非常勤講師/日本CRO協会 食品ワーキンググループリーダー
  1. 現在のトクホの審査基準
  2. 食品安全委員会の考え方と審査基準
  3. 条件付きトクホの審査基準
  4. 規格基準型トクホについて
  5. トクホの審査基準の見直しについて
    <15:50〜16:00 コーヒーブレイク>

  1. [総合質疑&座談会]
    「健康食品」に係る新しい表示制度と審査基準の行方

(16:00〜17:00)
座長: 井上 浩一 氏 関東学院大学 人間環境学部健康栄養学科 助教授

ご講演者を交えて、今後の制度の行方と対応策について意見交換、質疑応答をして戴きます。

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
26,250円(25,000円+税) → E-mailでの申込なら24,937円(23,750円+税、テキスト代・コーヒー代を含む。)
(コーヒーブレイク:15:50〜16:00)
■ 定員
80名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■ 会場
後楽園会館「第1・2会議室」 【案内図
〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-22  電話 03(3815)8171

【申込方法】
下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。

このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home