(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第2回]実践!食品表示ワークショップ
初級者のための食品表示の具体的作成法

【コードNO】90502
【開催日】2005年1月27日(木)9:30〜17:00
【会 場】飯田橋レインボービル「中会議室」
申込多数により、会場を変更させていただきました。
家の光会館「コンベンションホール」案内図
【受講料】42,000円(40,000円+税)→ E-mailでの申込なら39,900円(38,000円+税)
セミナー参加申込画面へ セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 HomePageへ

【Part1】
JAS法、食品衛生法、景品表示法等、表示規制の最新情報
【Part2】
商品設計情報から表示作成実務ワークショップ―リスクを回避する記載の仕方、原材料組成にもとづく表示作成の実際と陥りやすい誤り、関係法規の効果的学習!


◆カリキュラム 2005年1月27日(木)9:30〜17:00

【Part1】 初級者のための実務ガイダンス

  1. 食品表示関連制度の現状と課題

(9:30〜10:30)
長良 恭行
食品産業中央協議会 常任理事
  1. 食品の表示をめぐる最近の動き
  2. 食品表示関連法規 JAS法、食品衛生法、景品表示法等
  3. 義務表示事項、任意表示事項、禁止表示事項と関連法規
  4. 消費者への情報提供と食品表示

  1. 変わる食品表示の実務ポイント

(10:30〜11:30)
丹 敬二
日本生活協同組合連合会 テストキッチン・表示企画室 室長
  1. 「食品の表示に関する共同会議」での検討事項
    • 期限表示
    • アレルギー表示
    • 原産地表示関連
    • 表示方法
  2. 広告媒体の新たな表示規制について
    • 健康増進法指針、景品表示法指針
    • JAS制度見直し検討会報告
<11:30〜12:20 ランチブレイク>

【Part2】 初級者のための表示作成ワークショップ

  1. アレルギー物質を含む食品原材料表示作成の実際

(12:20〜13:30)
太田 裕見
サントリー(株)健康科学研究所 部長
平成13年3月15日に「食品衛生法施行規則及び乳製品の成分規格等に関する省令の一部を改正する省令等の施行について」が公布、4月1日より施行、1年間の猶予期間ののち平成14年4月1日より実施が義務化され、既に二年半が経過したところである。 この11月には更に奨励品目にバナナが追加され、25品目になる。 また、EUで本年11月、米国でも再来年初頭より表示が義務化されることになっており、世界的にアレルギー表示が一般化されつつある状況である。 一方、9月30日現在までに、特定原材料の記載漏れによる回収が既に66件にもおよぶ事実より、相変わらずこの法律を遵守することがいかに難しいかが伺える。 今回改めてアレルギー表示について、今までの経験と実際の間違い事例等より、具体的に間違いやすいポイント拾い出し、それを核としてアレルギー表示全般を説明したい。

  1. 複合原材料の表示作成の実際

(13:30〜14:10)
村田 義文
協和発酵工業(株)食品カンパニー 食品品質保証部 主査
加工食品には主となる素材原料のほかに、付け合せや調味料など少量配合される副次的な原料があります。 これら脇役は、彩を添えたり味の性格づけを行うなど重要な役割を担いますが、複雑な組成を持つなど使用量は少ないが表示の厄介なものでもあります。 多くの場合、スペースの問題もあり展開した表示が困難ですので、複合原材料として一括表示が行われます。この複合原材料の考え方について、実例を挙げて紹介します。
<14:10〜14:20 コーヒーブレイク>

  1. 公正競争規約からみた表示作成の実際

(14:20〜15:00)
石黒 厚
(株)ドンク 品質環境安全管理センター センター長
クッキー等の表示作成の基本的事項(食品衛生法・JAS法)について例題を用いて具体的に解説を行い、実際の製品全体の表示範囲の確認を行う。 更に公正競争規約から見た表示規約の、
  1. 必要な表示事項
  2. 特定事項の表示基準
  3. 特定の表示事項
  4. 不当表示の禁止
等の業界全体の動向を、実際の公正競争規約に従い作成手順を解説する。

  1. 望ましい食品表示の総括実務

(15:00〜16:10)
新宮 和裕
(財)日本冷凍食品検査協会 執行役員 検査事業本部 企画開発部長
調理加工品における望ましい食品表示について、調理冷凍食品を事例として解説します。 具体的には、間違いを起こしやすい表示事項や一括表示の作成実務において留意すべき点を重点に、理解を深めて戴きます。

□ 総合質疑(16:10〜17:00)

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
42,000円(40,000円+税)→ E-mailでの申込なら39,900円(38,000円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
60名 → 100名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」 ※ 申込多数により、会場を変更させていただきました。
家の光会館「コンベンションホール」案内図
東京都新宿区市谷船河原町11 TEL 03−3260−4791

【申込方法】
下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ このセミナーの開催履歴
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home