(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食品異物対策シンポジウム[東京2005]

【焦点】異物混入防止対策の最新技術・活用ノウハウとISO22000導入のポイント
【コードNO】90520
【開催日】2005年10月20日(木)9:55〜16:50
【会 場】後楽園会館「第3・4・5会議室」 【案内図
【受講料】29,400円(28,000円+税)→ E-mailでの申込なら27,930円(26,600円+税)
セミナー参加申込画面へ セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 関連書籍を見る HomePageへ

シンポジウム企画委員
新宮 和裕 氏 (財)日本冷凍食品検査協会 執行役員 検査事業本部 企画開発部長
亀井 俊郎 氏 明治乳業(株)神奈川工場 工場長
名取 與平 氏 (株)日清製粉グループ本社 R&D・品質管理本部品質保証グループ 参与
 
主催:食品安全研究会
協賛:イカリ消毒(株)


[セッション1]実践事例から学ぶ異物検出、除去技術のノウハウ
現場で異物除去設備をどのように使いこなすか―スペシャリストがユーザーの視点で語る徹底活用法
[セッション2]川上管理としての原材料、包装資材の異物混入対策
原料由来の異物混入を防止する原材料メーカーの管理・指導法と包材における毛髪混入予防の取り組み
[セッション3]新しい食品安全マネジメントシステム:ISO22000導入のポイント
今秋発効するISO22000を異物対策にどう活用できるか―システム導入時の必須事項と注意点


◆開催プログラム 2005年10月20日(木)9:55〜16:50

□開会の辞 企画委員:新宮 和裕 氏(9:55〜10:00)

[第1セッション]実践事例から学ぶ異物検出、除去技術のノウハウ

  1. 新技術としてのX線検出機の活用法

(10:00〜11:00)
先光 吉伸
(株)ニチレイフーズ 生産技術部エンジニアリンググループ技術チーム シニアプロフェッショナル
【狙い】 X線異物検出機は、低価格・高性能・コンパクト化が進み、導入の機会が増えてきていますが、これを「最適な環境」で使用し、機能を最大限活かすことが、クレーム撲滅および費用対効果の観点からユーザー側に求められるところです。 装置メーカーとは違ったユーザーの視点で、活用法についてご紹介させていただきます。

  1. 失敗事例に学ぶ金属検出機の活用法

(11:00〜12:00)
土田 一義
(株)アクリフーズ 品質保証部品質保証課 課長
【狙い】 金属混入撲滅の手段の1つとして金属検出機を導入して久しいが、100%その能力を発揮するべく設定し運用方法を定めている「はず」がトラブルや苦情を発生させてしまう。 弊社での実例を基に活用方法を紹介する。
<12:00〜12:50 ランチブレイク>

  1. 現場で取り組む体毛混入防止の実際

(12:50〜13:40)
亀井 俊郎
明治乳業(株)神奈川工場 工場長
【狙い】 体毛とは、髪の毛や体に生えている毛(広辞苑)を意味し、毛髪だけではない。 まつげ、眉毛等、意外と見逃されがちな異物についても工場の混入防止法の実態を紹介する。

[第2セッション]川上管理としての原材料、包装資材の異物混入対策

  1. 原料加工メーカーとの品質向上活動

(13:40〜14:40)
小笠原 徹哉
サンハウス食品(株)開発・品質部 部長
【狙い】 加工食品を製造する中で発見された原料由来の異物・夾雑物の事例をもとに原料加工メーカーとの品質向上活動を紹介する。
<14:40〜14:55 コーヒーブレイク>

  1. 毛髪混入を予防する包材メーカーの取り組み

(14:55〜15:45)
北村 利男
東罐興業(株)生産本部品質保証部 専任部長
【狙い】 毛髪クレームをなくすことは重要な課題である。 現場で過去改善成果を上げた事例を通し、モチベーションの向上の取り組みを紹介する。

[第3セッション]新しい食品安全マネジメントシステム―発効したISO22000と導入のポイント

新宮 和裕
(財)日本冷凍食品検査協会 執行役員 検査事業本部 企画開発部長
【狙い】 「食品の安全」を確保する新しいシステムであるISO22000(食品安全マネジメント)が、国際規格として今秋に発効される予定です。 ISO22000は、HACCPの基本であるCodexの7つの原則をISO9001のマネジメントでより機能させようというものですが、この新たなシステムの基本的な内容と導入時における重要なポイントについてお話しします。

□閉会の辞 企画委員:亀井 俊郎 氏 (16:45〜16:50)

【参加規定】
■受講料(1名につき)
29,400円(28,000円+税)→ E-mailでの申込なら27,930円(26,600+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
120名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
後楽園会館「第3・4・5会議室」 【案内図
〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-22  電話 03(3815)8171

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 関連書籍を見る このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home