(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第3回]実践!食品表示ワークショップ
初級者のための食品表示の具体的作成法

【コードNO】90522
【開催日】2005年11月9日(水)10:00〜17:00
【会 場】自動車会館「大会議室」 【案内図
【受講料】42,000円(40,000円+税)→ E-mailでの申込なら39,900円(38,000円+税)
セミナー参加申込画面へ セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 HomePageへ


【必修1】
正確で分かりやすい表示を目指して、消費者・流通の視点から最新の取り組みと表示作成の実務ステップ
【必修2】
商品設計情報から表示作成実務ワークショップ―作り手に必要な視点、アレルギー表示・栄養表示の実際と実務ポイント


◆カリキュラム 2005年11月9日(水)10:00〜17:00

  1. イオンの食品表示の取組み

(10:00〜10:40)
宮地 邦明
イオン(株)品質管理部 部長
食品の表示が、JAS法、食品衛生法等を全体に考えた表示に変わってきました。 消費者にとって果たしてわかりやすい表示になっているのであろうか。 消費環境の変化や法律の改正とそれにともない伝えてきた情報のあり方についてイオンの取組みを紹介させていただきます。
<休憩5分>

  1. 加工食品表示の基本と実務

(10:45〜12:15)
羽室 桂太郎
(財)食品産業センター 企画調査部 次長
加工食品の表示は、表示に関する法律が新たに導入され、また改正が行われることに伴い、ますます複雑になってきています。 正確で分かりやすい表示を行うためには、表示に関するさまざまな法規や政省令を理解するとともに、表示作成のステップを理解する必要があります。 ここでは加工食品の表示を作成するために理解すべき基本的なポイント及び表示作成の要点について解説します。
<12:15〜13:00 ランチブレイク>

  1. 望ましい食品表示への取り組み―消費者に分かりやすい表示を目指して

(13:00〜13:50)
石井 健太郎
石井食品(株)代表取締役社長
食品を食べる人、使う人、買う人それぞれ関心事が異なりますが、まして生産する人、売る人とは大きな隔たりがあります。 使っている人、食べている人と同じ視線で見て一体になることが企業の社会に対する責任であると思うのです。 そしてそこから表示を考えることにしたいと思います。
<休憩5分>

  1. アレルギー物質を含む食品原材料表示作成の実際

(13:55〜15:05)
太田 裕見
サントリー(株)健康科学研究所 部長
平成13年3月15日に「食品衛生法施行規則及び乳製品の成分規格等に関する省令の一部を改正する省令等の施行について」が公布、4月1日より施行、1年間の猶予期間ののち平成14年4月1日より実施が義務化され、既に三年半が経過したところである。 昨年末には奨励品目にバナナが追加されるとともに、新たに店頭、飲食店での情報提供や視認性の向上などを推奨することにより、さらに患者さんの立場に立った施策が打ち出されている。 一方、相変わらず特定原材料の記載漏れによる回収がコンスタントに起こり、7月現在で92件になっている。 相変わらずこの法律を遵守することがいかに難しいかが伺える。 今回、アレルギー表示の作成を、実際の事例を使うことにより段階的に追いかけ具体的に間違いやすいポイントを説明する。
<15:05〜15:20 コーヒーブレイク>

  1. 栄養表示作成の実務

(15:20〜16:00)
村田 義文
協和発酵フーズ(株)品質保証部 主査
拡充された保健機能食品だけではなく、一般食品中の栄養成分にも関心が払われるようになって来ている。 これに伴い栄養素を強調するものや栄養表示をする食品が増加している。 これらの表示は健康増進法と栄養表示基準に表示方法が規定されている。 ここでは、栄養表示の方法と、栄養素の強調をする時の表示方法について基礎的な内容を解説するとともに、周辺の任意表示も含めいくつかの事例を紹介する。

  1. 食品表示共同会議における討議状況と今後の実務課題

(16:00〜16:40)
渡辺 秀一
日本生活協同組合連合会 テストキッチン・表示企画室 室長
平成14年12月から食品表示共同会議において表示の諸問題の討議が開始され、今日までに5つの報告書がとりまとめられました。 平成17年度には生鮮食品の表示の見直しを中心にし引き続き多くのテーマが検討にかけられています。 どのテーマがどのような視点で取り上げられているのか報告し、合わせて今後の実務課題についても整理し、提起します。

□ 総合質疑(16:40〜17:00)

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
42,000円(40,000円+税)→ E-mailでの申込なら39,900円(38,000円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
100名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
自動車会館「大会議室」 【案内図
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-13  電話 03(3264)4719

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ このセミナーの開催履歴
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home