(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

“食育時代”のマーケティング戦略
―先行事例から今後の課題を探る―

【コードNO】90601
【開催日】2006年1月27日(金)10:00〜16:30
【会 場】家の光会館「コンベンションホール」 【案内図
【受講料】29,400円(28,000円+税)→ E-mailでの申込なら27,930円(26,600円+税)
セミナー参加申込画面へ セミナー案内へ HomePageへ

コーディネータ
高城 孝助(株)グリーンハウス 常務取締役
女子栄養大学 非常勤講師(フードマネジメント論)
鎌倉女子大学 非常勤講師(食品開発・流通論)

【開催の狙い】
食育基本法成立の背景、経過、施策を整理し、また食育をCSR(企業の社会的責任)、CRM(カスタマー・リレイションシップ・マネジメント)、マーケティング戦略の中に位置づけて先駆的に実施されている企業の事例、教育現場での取り組みの紹介を通して、食関連産業が自社の食育実践を考えるヒントを提供することを狙いに、本シンポジウムの計画致しました。


◆カリキュラム 2006年1月27日(金)10:00〜16:30

□ 開会の辞:本シンポジウムの狙い コーディネータ:高城 孝助 氏(10:00〜10:10)

  1. [基調講演]食育基本法の狙いと食品産業の役割

(10:10〜11:10)
武見 ゆかり
女子栄養大学 栄養学部食生態学研究室 教授
本年、食育基本法が施行された。 その中で、家庭、教育・保健・医療・福祉関係者はもとより、農林漁業者や食品関連事業者も、食育の重要な担い手とされた。 今、なぜ、社会の中でこのように食育が必要とされるのか。 また、食品産業事業者に何が期待されているのか。 こうしたことについて、「食事バランスガイド」の普及活用を例に考えてみたい。

  1. 栄養教諭制度の展開と今後の見通し

(11:10〜12:00)
平田 亜古
お茶の水女子大学 生活科学部食物栄養学科 助教授
子どもたちの食生活の乱れが深刻化する中、平成17年4月1日より「栄養教諭制度」がスタートしました。 栄養教諭には特に学校給食を生きた教材として有効に活用し、「食に関する指導」の中核的役割を果たすことが期待されています。 そこで、栄養教諭制度の設立背景や活動状況を報告し、そこから食関連産業への影響がどのようなものか考えることにしたいと思います。
<12:00〜13:00 ランチブレイク>

  1. [パネル討論]先進事例に見る“食育時代”のマーケティング戦略―企業がやるべき食育活動とは何か

座長:高城 孝助

□ プレゼンテーション

(13:00〜14:30)
1) イオンの食育の考え方と取り組み

寺嶋 晋
イオン(株)食品商品本部農産商品部 部長
食育は子供達だけではなく全ての世代に対して実施する必要がある。 それぞれのターゲットを明確にし何を提案し何を売ろうとするのか、提案のポイントを明確にしどのようにリピートさせ、継続、習慣、文化にしていくか、このスピードを加速しパワフルにするため皆で利害関係を乗り越え一丸となる時代が来た。
2) 子ども料理教室の活動から見えてきたもの

玉川 雅章
東京ガス(株)「食」情報センター 所長
東京ガスは食品を扱う会社ではありませんが、台所燃料としてガスをお届けしてきたことから、少しでも食文化の役に立ちたいと考え、13年前から食育活動を始めました。
3) 苗から始まる感動の食体験:次代を担う子どもたちへのメッセージ

山本 善太
カゴメ(株)東京本社コーポレート・ブランド戦略室 コーポレート・ブランド部長
カゴメのコア経営資源である「トマト」を活用した取組みを中心に、食育支援の狙いと長年の活動内容を紹介する。
4) コンビニエンスストアを通じた食育の推進

伊藤 慎一
山崎製パングループ (株)サンデリカ 総務本部総務部 次長
現代の生活に密着しているコンビニエンスストアを舞台に、「食事バランスガイド」の考え方を導入した「バランス弁当シリーズ」を展開しているグループ3社の取組み。
<14:30〜14:50 コーヒーブレイク>

□ 総合討議

(14:50〜16:30)

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
29,400円(28,000円+税)→ E-mailでの申込なら27,930円(26,600円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
100名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
家の光会館「コンベンションホール」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11 電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home