(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食市場革新シンポジウム2008
競争激化時代の商品開発・販売戦略―成熟・飽和化した食市場の新たな試み

【コードNO】90801
【開催日】2008年1月18日(金)13:00〜17:00
【会 場】自動車会館「大会議室」 【案内図
【受講料】26,250円(25,000円+税)→ E-mailでの申込なら24,937円(23,750円+税)
【お申込み】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 HomePageへ

コーディネータ
高城 孝助 氏  女子栄養大学 フードマーケティング研究室 教授

【開催の狙い】
 食(内食・中食・外食)の市場は1997年の75兆円をピークに減少を続けており、規模が縮小するなかで需要の分解が起こるという成熟・飽和市場となっています。 限られたパイを巡って、食関連企業の業際を越えた激しい需要の争奪戦が展開されるなかで、新しい商品開発・販売に取り組む事例も見られます。
 本シンポジウムではこうした事例を通して、脱成熟化の戦略立案のヒントを探っていきたいと思います。



◆開催プログラム

  1. [基調講演]崩壊するブランド戦略―協働に向けた新しい商品開発の足音

(13:00〜13:30)
高城 孝助
女子栄養大学 フードマーケティング研究室 教授

 成熟・飽和化した食市場では、商品力が購買に繋がらないというブランド減価が見られる。 メーカーの商品力は卸の品揃え力と小売りの集客力・提案力に連動しなければ拡販には繋がらないし、卸の品揃え力、小売りの集客力・提案力もメーカーの商品力に支えられなければ売上には繋がらない。 今後の食市場におけるマーケティング戦略を考える上で成熟化した消費者への対応としての協働は大変重要なテーマと言えるであろう。


  1. 消費者価値創造を目指し、他メーカーと連携した売場提案

(13:30〜14:15)
宮地 雅典
カゴメ(株)東京本社 営業推進部長

 食市場における競争激化の中、カゴメはブランド価値向上に向けて「需要創造営業」に取り組んでいる。 需要創造営業活動を推進することによって、消費者に価値ある食生活提案・生活価値提案を単品提案ではなく、商品やメニューの組み合わせによる新たな食シーンの提案、付加価値提案など様々な「提案力」が要求される。 そのひとつの手法として、他メーカーとのコラボレーションによる「新しい価値提案」について考えてみる。
<休憩5分>

  1. 消費者の心をつかむ“えん”の惣菜売り場戦略

(14:20〜15:05)
中田 美由紀
(株)ビー・ワイ・オー HMR事業部 フードプランナー

 外食事業から中食事業へ参入し、「えん」ブランドの総菜店を展開しております。 その「えん」の強みを生かした商品開発手法や器使い、高低差のある陳列方法などの売り場戦略について、ご紹介致します。
<15:05〜15:20 コーヒーブレイク>

  1. 食の連環の完成を目指す“荏胡麻屋”の商品戦略

(15:20〜16:05)
矢島 繁
(有)モリシゲ物産 代表取締役社長

 団塊の世代に産まれ、戦後日本の高度成長の食品業界に三十余年携わってきた中でのキーワードは、一方通行的に(1)欧米化、(2)簡便化、(3)低価格化、(4)豪華さといったものでした。 このキーワードでは、寡占大手企業間の更なる競争と、やがてグローバル化の中で疲弊した国土と食産業に至る道が待ち構える様に見えます。
 未だ途上ですが「荏胡麻」との関わりの中からカルチャー(耕す)として、見えてきた一つの食文化がありました。


  1. 働く女性をターゲットにした女性だけの新商品開発チームの取り組み

(16:05〜16:50)
川本 麻衣
(株)グリーンハウスフーズ マーケティングチーム「ダンブー」リーダー・マネージャー

 私たち「さぼてん」のお客様の約75%が働く女性です。 そして、「さぼてん」のお店で働く人の80%も女性です。 「働く女性を応援する」という活動テーマを掲げ、女性だけのチームを立ち上げました。 特に女性や若者の「揚物ばなれ」が話題になる昨今、お客様の声を聞き、今一度、女性の立場から食事としての揚物の価値を再評価し、女性に共感を得る商品を開発し、販売促進までをチームで取り組んでいます。


□ まとめと課題 コーディネータ:高城 孝助 氏(16:50〜17:00)

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
26,250円(25,000円+税)→ E-mailでの申込なら24,937円(23,750円+税、テキスト代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
80名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
自動車会館「大会議室」 【案内図
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-13  電話 03(3264)4719

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home