(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

カット青果物商品戦略シンポジウム2008

安全・安心と市場拡大を実現する画期的取組み―新たな産地モデル・高品質化・健康機能性の追求!
【コードNO】 90818
【開催日】 2008年8月27日(水)10:00〜17:00
【会 場】 飯田橋レインボービル「中会議室」 【案内図
【受講料】 37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税)
【お申込み】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
このセミナーの開催履歴

コーディネータ
阿部 一博
大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 教授
戦略食材としての活用方法とメニュー開発のヒント!
残留農薬問題への的確な対応、外食・中食産業に向けた産地モデル構築の実際、メニュー開発で期待されるベビーリーフの高品質・安定供給技術、美味しさと健康機能性研究の最新情報を含め、カット青果物市場開拓に向けたメッセージをお伝え致します。

◆開催プログラム
□ 開会の辞 コーディネータ:阿部 一博 氏(10:00〜10:05)

  1. カット青果物の残留農薬と安全性

(10:05〜11:05)
佐藤 元昭
(株)アジア食品安全研究センター 技術顧問
  1. ポジティブリストのおさらい
  2. 農薬の残留基準値とは
  3. 残留農薬除去とクッキングファクター
  4. 無農薬栽培作物について
  5. 残留農薬分析について
  6. <休憩5分>

  1. 加工・業務用野菜の産地モデルの構築

(11:10〜12:10)
仲野 隆三
富里市農業協同組合 常務理事
  1. 加工卸産業の接点と信頼関係
  2. 栽培農家の育成指導
  3. 外食産業と加工卸と産地の悩み
  4. 双方の取引条件と要望
  5. カット向け野菜特有の問題
  6. <12:10〜13:00 ランチブレイク>

  1. サラダ用ベビーリーフの安定供給技術と高品質化

(13:00〜14:00)
池田 英男
大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 植物開発科学講座 教授
  1. ベビーリーフの安定生産技術
  2. 無農薬栽培の技術
  3. 高ミネラル含量を達成する栽培法
  4. <休憩5分>

  1. 果実・野菜の切断と盛りつけによる美味しさの表現

(14:05〜14:55)
冨田 圭子
京都府立大学 生命環境学部 食保健学科食事学研究室 助教
  1. 果実・野菜の切断と美味しさ
  2. 美味しさにおける視覚の重要性
  3. 果実・野菜を美味しく見せる効果的な盛りつけ
  4. <14:55〜15:10 コーヒーブレイク>

  1. 菜食による生活習慣病の予防効果

(15:10〜16:10)
土田 満
愛知みずほ大学 人間科学部 人間科学科 教授
  1. 菜食の歴史と現状
  2. 栄養素の特徴
  3. 生活習慣病の予防効果を報告する多くの研究
  4. これからの展望

  1. 外食・中食における戦略食材としての野菜の魅力

(16:10〜17:00)
堀田 宗徳
(財)外食産業総合調査研究センター 主任研究員
  1. 外食産業のマーケットの状況
  2. 外食産業での野菜の仕入量及び仕入額
  3. 戦略食材としての野菜

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル2F「中会議室」 【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】


セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home