(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

ライスビジネス戦略2008
米粉市場の最新実態と米加工品・米飯事業のフロンティア

【コードNO】 90821
【開催日】 2008年10月7日(火)10:00〜17:00
【会 場】 自動車会館「大会議室」 【案内図
【受講料】 39,900円(38,000円+税)→ E-mailでの申込なら37,905円(36,100円+税)
【お申込み】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
このセミナーの開催履歴 関連書籍を見る
コーディネータ
大坪 研一
新潟大学 農学部応用生物化学科 教授/東京農業大学 客員教授
急速に浮上する米粉製品市場! “にいがた発「R10プロジェクト」”の詳細を初め自治体、企業における米加工品開発の先進的取り組みを紹介し、今後の事業展開の方向性を討議します。

◆開催プログラム

  1. 沖縄における米加工食品開発

(10:00〜10:50)
遠矢 亮一
沖縄食糧(株)研究室長
  1. 米飲料「琉秘伝」の開発
  2. 米飲料「琉秘伝」の市場性
  3. 機能性精米「カルライナス」の開発
  4. 機能性精米「カルライナス」の市場性
  5. <休憩5分>

  1. 潜水艦から宇宙船まで;乾燥米飯の事業展開

(10:55〜11:45)
尾西 洋次
尾西食品(株)取締役社長
  1. 乾燥米飯「アルファ米」の誕生
  2. アルファ米とは?「潜水艦から宇宙船まで」
  3. 取組みと工夫「新たなる価値の創造」
  4. 遺言と追求「事業の筋道と心掛け」
  5. <11:45〜12:45 ランチブレイク>

  1. にいがた発「R10プロジェクト」について

(12:45〜13:45)
目黒 千早
新潟県農林水産部 食品・流通課長
  1. 「米」をとりまく環境変化
    • 世界的な穀物の需給逼迫
    • 小麦価格の高騰
    • 米の現状(消費量の減少、生産調整)
    • 米の新たな利活用の必要性の高まり
  2. 米粉の優位性
    • 食感、油との相性、機能性…
  3. 新潟県における米粉普及に向けた取組み
    • 新潟県の米粉文化(製粉量、米菓、笹団子…)
    • 微細製粉米粉の開発と特許、微細製粉米粉の特徴
    • 取組み(学校給食への導入、技術講習会の開催…)
  4. にいがた発「R10プロジェクト」の提案
    • R10プロジェクトとは
    • 自給率39%の警告
    • R10プロジェクトのイメージ
    • アクションプラン(モデル創出、機能性検証、情報発信)
    • 期待される効果
    • R10プロジェクトの反響・期待
    <休憩5分>

  1. 米粉を使用した食品(パン)への挑戦―100%米粉:ノングルテンの米粉パン:ごパンさん

(13:50〜14:40)
石渡 浩二
(株)グルッペ 代表取締役
  1. パンとは…そして米粉パンとは
  2. 日本の食糧自給率と米の可能性
  3. 小麦粉とグルテン、そして米粉100%の意味
  4. グルテンの代替
  5. 食物アレルギー
  6. コンタミ対策
  7. 日持ちと美味しさ
  8. 「ごパンさん」の特徴
  9. 「ごパンさん」の可能性
  10. <14:40〜14:55 コーヒーブレイク>

  1. 高ポリフェノール有色米の開発と期待される用途展開

(14:55〜15:55)
山口 誠之
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター 低コスト稲育種研究東北サブチーム長
  1. 有色米の歴史
  2. 有色米の品質開発
  3. 有色米の成分と機能性
  4. 有色米の様々な用途
  5. <休憩5分>

  1. 糖尿病発症予防を目指す新形質米の利用

(16:00〜17:00)
大坪 研一
新潟大学 農学部応用生物化学科 教授/東京農業大学 客員教授
  1. 各種の新形質米の紹介
  2. 高アミロース米の米飯の食後血糖上昇の抑制
  3. 新形質米をブレンドしたパンの特徴
  4. 超硬質米の特徴および米加工品への利用の可能性

【参加規定】
■受講料(1名につき)
39,900円(38,000円+税)→ E-mailでの申込なら37,905円(36,100円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
80名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
自動車会館「大会議室」 【案内図
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-13  電話 03(3264)4719

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。その場合には、後日テキストを送付いたします。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home