(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

混入毒物・偽和物の迅速分析と対策

【コードNO】 90907
【開催日】 2009年4月16日(木)10:00〜16:00
【会 場】 アルカディア市ヶ谷 【案内図
【受講料】 37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税)
【お申込み】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから

コーディネータ
後藤 良三
(社)日本分析機器工業会 技術委員会 副委員長/東亜ディーケーケー(株)営業本部 課長
意図的な汚染に対する対策の強化と既存管理システムの見直しが求められています。 この要請に応えるため、食品原材料・用水管理等における混入毒物および偽和物の迅速分析と対処法にフォーカスし、最新技術とその適用事例を紹介するとともに今後のリスク管理のあり方を提示します。


◆開催プログラム

  1. 食品原材料・用水管理における混入毒物・偽和物の迅速分析技術

(10:00〜11:10)
後藤 良三
(社)日本分析機器工業会 技術委員会 副委員長/東亜ディーケーケー(株)営業本部 課長
  1. 混入毒物・偽和物の概要
  2. 食品原材料の管理と迅速分析
  3. 用水管理と迅速分析
  4. 混入毒物・偽和物と食品工場の危機管理
  5. <休憩5分>

  1. 「食の安全安心」を守る迅速分析技術―有害成分分析を中心に

(11:15〜12:25)
濱田 尚樹
(株)島津製作所 分析計測事業部応用技術部 東京アプリケーション開発センター 課長
  1. 容器包装材中の残留有機溶剤、異臭
  2. 化学物質:メラミンおよび類似物質
  3. 農薬:有機リン系農薬(メタミドホス、ジクロルボス等)
  4. カビ毒:アフラトキシン等
  5. 金属:米中の無機元素(Cd),玩具塗装、金属製アクセサリー
  6. <12:25〜13:25 ランチブレイク>

  1. 偽和食品の鑑別技術はどこまで進んでいるか

(13:25〜14:35)
植木 隆
(独)農林水産消費安全技術センター 表示監視部 部長
  1. 偽和食品と本物、そして食品表示
  2. 原材料を確かめる
  3. 生鮮食品の産地判定
  4. <14:35〜14:50 コーヒーブレイク>

  1. 食品工場のリスク管理と従業員教育

(14:50〜16:00)
本間 茂
日本デルモンテ(株)事業本部 生産管理部 部長
  1. 食品工場の重大リスクとは「微生物、異物、表示義務違反」
  2. 使用原料管理と作業内容管理における従業員教育
  3. 正しい原材料を正しいプロセスで製品化するために
  4. 微生物対策としての作業環境のドライ化と従業員教育


【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
アルカディア市ヶ谷 【案内図
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25  電話 03(3261)9921

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home