(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第9期]主任微生物管理者講座
HACCP対応―食品安全確保のための専任養成プログラム

【コードNO】 91014
【開催日】 2010年7月1日(木)・2日(金)
【会 場】 飯田橋レインボービル「中会議室」 【案内図
【受講料】 63,000円(60,000円+税)→ E-mailでの申込なら59,850円(57,000円+税)
【お申込み】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
【注意事項】2日間の講習です。1日のみの受講は出来ません。修了証授与
【パンフレット】
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
企画委員
西野 甫
食品産業戦略研究所 主管研究員
矢野 俊博
石川県立大学 生物資源環境学部 教授
木村 凡
東京海洋大学 海洋科学部 教授
主催:食品産業戦略研究所/事務局:(株)サイエンスフォーラム
管理の質と消費者への伝達力が問われる時代
より実践的な見地から主任微生物管理者が体得すべき必修プログラムをご用意致しました!
本講座の特長と聴きどころ!
本講座は、食品衛生法の「自らの責任において、食品等の安全性の確保に係る知識及び技術の習得」(第3条)および「専任の食品衛生管理者を置かなければならない。」(第48条)の規定にもとづき、最も根幹となる微生物学的安全性確保のエッセンスを2日間でマスターする必修プログラムです。

本講座は次の方々に最適です。
  • 数年間の品質管理、微生物検査の実務経験があり、さらにワンランクアップの総合的な微生物制御の知識を求める方々
  • 食品安全の要となる専任管理者を目指し、現場における製造環境・品質管理と教育訓練のノウハウを学習しようとするマネージャー候補の方々
毎年「実践的な内容が多く含まれており大変参考になった。」との評価を戴いております。 さらに受講生の皆様にご意見をお伺いし、本年は以下の点を改善しました。
  • 最も関心の高い微生物検査と精度管理のノウハウ、現場における品質管理の実際を柱として、新たに食品微生物の基礎知識、食品工場における真菌対策を加えました。
  • 同時に消費者とのより良いコミュニケーョンを実現する手法を紹介し、社員教育、現場力強化のための新しい視点を提供するプログラムを用意致しました。
  • 培地やコロニーの写真などを現場で参考にして戴けるよう、テキストをカラーに致しました。

◆開催プログラム

7月1日(木) 10:00〜16:50

□ ガイダンス:主任微生物管理者の役割と本講座の狙い 西野 甫 氏 食品産業戦略研究所 主管研究員(10:00〜10:10)
第1講座座長:矢野 俊博 氏(石川県立大学)

第1講座 食品微生物の必須知識

(10:10〜12:00)
木村 凡
東京海洋大学 海洋科学部 食品生産科学科 食品微生物研究室 教授
  1. 細菌、食中毒菌の基礎知識
  2. 代表的食中毒菌(感染型食中毒菌、毒素型食中毒菌)
  3. 制御について(殺菌の基本 ,増殖制御の基本)
  4. 検査について(培養法の基本原理,遺伝子検査の基本)
  5. <12:00〜12:50 ランチブレイク>
第2・第3講座座長:木村 凡 氏(東京海洋大学)

第2講座 食品微生物検査の現場ノウハウ

(12:50〜14:40)
水落 慎吾
日水製薬(株)診断薬マーケティング部 学術・企画グループ リーダー
  1. 食品製造における微生物検査の意義
  2. 主な培地の原理、使用方法の要点
  3. 主な微生物検査
  4. 現場に役立つ簡易検査
  5. <14:40〜15:00 コーヒーブレイク>

第3講座 食品微生物検査における精度管理

(15:00〜16:50)
田中 廣行
(財)日本食品分析センター 微生物部 部長
  1. 食品微生物検査法の分類と選定のポイント
  2. 食品微生物検査のポイント(重要な検査工程は?)
  3. 食品微生物検査の周辺管理(一般的な管理事項)
  4. 食品微生物検査の信頼性確保(精度管理)

7月2日(金) 9:00〜15:45

第4・5講座座長:西野 甫 氏(食品産業戦略研究所)

第4講座 食品工場における真菌対策

(9:00〜10:50)
吉浪 誠
イカリ消毒(株)LC環境検査センター 微生物検査グループ長
  1. 食品製造現場におけるカビ汚染の実態
  2. 日常管理としての現場点検・検査手法とその評価
  3. カビクレーム発生時の原因究明手順
  4. カビ対策の考え方
  5. <休憩10分>

第5講座 商品の安全性確保に向けた微生物学的品質管理の実践

(11:00〜12:50)
柳平 修一
雪印乳業(株)商品安全保証室 分析センター長
  1. 原材料の品質管理(微生物、化学物質)
  2. 製造工程における危害分析・検証
  3. 異物混入の防止対策と5S活動
  4. 製造及び出荷検査に関わる従業員の教育・研修
  5. <12:50〜13:40 ランチブレイク>
第6講座座長:矢野 俊博 氏(石川県立大学)

第6講座 食の安全・安心を伝える消費者とのコミュニケーション

(13:40〜15:30)
佐々 義子
NPO法人 くらしとバイオプラザ21 主席研究員
  1. 信頼関係の構築
  2. 遺伝子組換え食品の場合
  3. リスクコミュニケーションとは
  4. バイオカフェからの学び
  5. よりよいコミュニケーションのために
  6. コミュニケーションを継続することの意義
□ 閉会の辞(15:30〜15:35)

□ 修了証授与(15:35〜15:45)

このたび授与する修了証は、製造現場における食品安全の基礎教育の証となるものである。受講各社の安全強化の一助として活用されることを期待しています。

【参加規定】
■受講料(1名につき)
63,000円(60,000円+税)→ E-mailでの申込なら59,850円(57,000円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル2F「中会議室」 【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home