(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食品の非加熱殺菌2010

【コードNO】 91016
【開催日】 2010年8月6日(金)10:00〜16:50
【会 場】 飯田橋レインボービル「中会議室」 【案内図
【受講料】 39,900円(38,000円+税)→ E-mailでの申込なら37,905円(36,100円+税)
【お申込み】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
【パンフレット】
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴

コーディネータ
五十部 誠一郎
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品工学研究領域長
[新鮮でおいしく、より安全に供給するための最新技術を集めました!]
  • 非熱プロセスロードマップの活用
  • 食品の香りと色を重視した酸素・窒素ガスハイブリッド加圧食品殺菌技術
  • 画期的な衝撃波(瞬間的高圧)による粉体加工・殺菌技術
  • 高圧損傷を活用した中温領域での殺菌手法
  • プラズマ照射の可能性と有効性
本講座の聴きどころ!

新鮮でおいしいものを、より安全に供給するための必須技術を集めました。 お陰様で毎年ご好評を戴いておりますが、本年の聴きどころは下記の通りです。

  • 本年3月に発表された農林水産省食農連携促進技術対策事業「食品産業技術ロードマップ」にもとづき、これからの殺菌技術の方向性を明らかにします。
  • 食品の香りと色を重視した酸素・窒素ガスハイブリッド加圧食品殺菌技術を詳しくご紹介戴きます。
  • 画期的な衝撃波(瞬間的高圧)による粉体加工・殺菌技術の実際と殺菌データを解説して戴きます。
  • 食品の高圧加工に伴う損傷菌の問題を解明し、高圧損傷を活用した中温領域での殺菌手法をご報告戴きます。
  • さらに特別講演として、医療分野で実用化が進むプラズマ照射の食品分野への可能性と有効性についてわが国の権威に語って戴きます。

非加熱殺菌の最新技術を集めた本セミナーに、皆様の積極的なご参加と活発な意見交換を期待しております。


◆開催プログラム

  1. 食品技術ロードマップをベースにしたこれからの殺菌技術

(10:00〜10:50)
五十部 誠一郎
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品工学研究領域長
  1. 食品技術ロードマップの概要(背景、目的、効果)
  2. 非熱プロセスに関連するロードマップと要素技術
    1. 食品安全・品質管理(微生物挙動解析、データベース、検知・制御)
    2. 資源の利活用・省エネ・コスト低減(マイクロ・ナノバブル水、凍結技術、コールドチェーン)
    3. 鮮度保持、日持ち性向上(収穫後処理、植物工場、ハードル技術)
  3. <休憩5分>

  1. 酸素・窒素ガスハイブリッド加圧食品殺菌技術の開発

(10:55〜12:05)
田村 勝弘
徳島大学大学院 ソシオテクノサイエンス研究部 教授
  1. 食品の加圧殺菌(液圧)
  2. 微生物に及ぼすガス圧力の影響
  3. 酸素ガス加圧殺菌
  4. 窒素ガス加圧溶存酸素除去
  5. 酸素・窒素ガスハイブリッド加圧食品殺菌装置
  6. <12:05〜13:00 ランチブレイク>

  1. 衝撃波による粉体食品の殺菌とその実用化

(13:00〜14:10)
伊東 繁
沖縄工業高等専門学校 校長/前 熊本大学 衝撃・極限環境研究センター長
  1. 衝撃波による殺菌メカニズム
  2. 酵母を用いた実験例
  3. 大腸菌を用いた実験例
  4. 衝撃波(瞬間的高圧)による粉体加工装置
  5. <休憩5分>

  1. 損傷菌の観点からみた食品高圧加工

(14:15〜15:25)
山本 和貴
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品工学研究領域 食品高圧技術ユニット長
  1. 食品高圧加工の概要と現状
  2. 損傷菌の問題点
  3. 高圧処理による損傷菌の均一調製
  4. 高圧損傷を活用した中温領域での殺菌
  5. <15:25〜15:40 コーヒーブレイク>

  1. [特別講演]医療分野ならびに食品分野へのプラズマ照射の可能性、有効性ならびに将来性

(15:40〜16:50)
新谷 英晴
日本学術振興会 プラズマ研究開発専門委員会 委員長/元 国立医薬品食品衛生研究所 室長
  1. プラズマ滅菌メカニズム
  2. プラズマ滅菌の有効性と問題点と解決法
  3. プラズマ滅菌の医療分野への応用
  4. プラズマ滅菌(殺菌)の食品分野への応用の可能性
  5. プラズマ照射に拠るエンドトキシン不活化と素材・機能適合性の確保
  6. プラズマ照射に拠る異常プリオン不活化と素材・機能適合性の確保

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
39,900円(38,000円+税)→ E-mailでの申込なら37,905円(36,100円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル2F「中会議室」 【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home