(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

ワークショップ
[第3回]異臭クレーム対応のための官能評価の実際

【コードNO】 91101
【開催日】 2011年1月20日(木)10:00〜16:30
【会 場】 自動車会館「大会議室」 【案内図
【受講料】 37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税)
【お申込み】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
【パンフレット】
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
協賛
(株)ワイ・エム・ピー・インターナショナル
官能評価の画期的体感学習プログラム!
  • 現在お困りの臭いの問題にお答えします。
  • あなたが体験したい臭いは何ですか?
    • * 質問票により事前にご要望を戴いた臭気を出来る限り講義中に嗅いで戴きます。
  • 異臭サンプルを駆使した全員参加型のワークショップです。
[第3回]の聴きどころ!
第1回、第2回とも圧倒的に好評な本セミナーは、何よりも全員参加型のワークショップであることが特徴です。
予め受講生に「どのような臭いを体験したいですか?」とお伺いし、講師が当日それに応えて次々と臭いのサンプルを受講生に嗅いでいただき、そのポイントを伝授します。 前回(第2回)は、午前中の加藤寛之氏(大和製罐(株)総合研究所所長)の講義だけで実に28サンプルの臭気を受講生に体験していただきました。
「われわれが“味”と思っているもののほとんどは“臭い”で出来ているのではないか。 “味がおかしい”というクレームで味そのものが原因だったことは皆無で、そのほとんどは臭い物質だった。」との加藤氏の指摘が非常に印象的で、受講生の皆様はここで臭い判定の重要性を実感します。
午後のプログラムは、官能評価のスキルを身につけるための具体的な演習です。 「クレームが寄せられた際、お客様の言葉と分析する自分たちのイメージが異なることが度々ある。 このため、例えばお客様が“薬品臭”と言ったとき、様々な薬品臭を予め体験し認識しておくことが必要。」との指導講師 長嶋玲氏(同研究所 第5研究室長)の言葉で始まり、ここで6種類(腐敗臭、カビ臭、消毒臭、農薬臭、石油系臭い、香料)の代表的な臭いを体験するとともに、濃度を変化させ、それぞれどのように感じるかを嗅いでいただきます。
その後、様々な複合臭も体験し、最後に異臭の分析結果から原因究明の取り組み例を示します。
「第1回よりすごく内容が良かったです。引き続きお願いします。」 「前回にもまして非常に分かりやすかったです。」 「多くの臭いを体験することが出来て良かった。今後のクレーム対応の参考になります。」 …第2回受講生の受講後の感想の数々です。
第3回を迎える今回、受講生の皆様からどの様なリクエストを頂戴するか、講師の先生方も大変楽しみにされています。 「現在どのような臭いの問題にお困りですか。解決法についてワークショップの中で可能な限りお答えします。」 旨の質問を、併せて事前に受講生の皆様にお伝えしております。 皆様のご要望に応じてカリキュラムの内容を毎回進化させています。ご期待下さい!

◆開催プログラム

  1. 異臭問題と分析評価のポイント

(10:00〜12:00)
加藤 寛之
大和製罐(株)総合研究所 所長
【講演の狙い】
これまで数多くの異臭に関する相談や分析依頼を受けてきました。 その中で、多くの方が「異臭分析は難しい。」「原因物質が判らないと対策ができない。」「臭いの確認はどのようにするのか。」とおっしゃっています。 本講演では、異臭とは何か、発生場所はどこか、どのような分析・官能評価をすればよいのか等、事例をまじえて紹介するとともに、異臭物質を嗅いで頂き、異臭を身近な物として体験して戴きます。
<12:00〜13:00 ランチブレイク>

  1. 官能評価ワークショップ

(13:00〜16:00)
加藤 寛之
大和製罐(株)総合研究所 所長
長嶋 玲
大和製罐(株)総合研究所 第5研究室 室長・臭気判定士
渡辺 久夫
(株)ワイ・エム・ピー・インターナショナル ネットワーク事業部 マネージャー

臭いの強い化粧品や香水等のご使用はご遠慮ください。

【体感学習プログラム】
  • 官能評価パネルの選定方法と訓練のポイントを示します。
  • 官能評価の基本的な進め方を示します。(評価環境、準備する物など)
  • 臭いを知って記憶することを体験します。
    代表的な臭い成分(腐敗臭、カビ臭、消毒臭、農薬臭、石油系臭い、香料)を知って記憶するとともに、或る媒体に臭い成分がついたときにどのように変化するか体験します。
  • 臭いの強さについて体験します。
    或る臭いを4濃度に調整し、臭いの強い順に順番をつけます。
  • 或る製品において臭いがどのように変化するか体験します。
    製品に臭気をつけた模擬製品と正常品について、どのようなにおいの違いが生まれるか体験します。
  • 複合臭を体験します。
<14:45〜15:00 コーヒーブレイクを含みます>

  1. 異臭分析結果から原因究明まで

(15:40〜16:00)
渡辺 久夫
(株)ワイ・エム・ピー・インターナショナル ネットワーク事業部 マネージャー
【講演の狙い】
今まで実施してきた異臭分析をまとめてみると興味ある結果が得られます。 その中でどのようなところで異臭が発生しているのか推定したのでご紹介します。 原因究明まで解決した事例もあわせて紹介いたします。

  1. 総合質疑&まとめ

(16:00〜16:30)
座長:加藤 寛之
事前にご質問戴いた事項および当日のワークショップで疑問に感じた点、さらに知りたい事柄など自由にご質問戴き、講師陣がお答えいたします。

【参加規定】
■受講料(1名につき)
37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
40名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
自動車会館「大会議室」 【案内図
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-13  電話 03(3264)4719

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。その場合には、後日テキストを送付いたします。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home