(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

製品の微生物品質を確保する迅速検査技術

【コードNO】 91105
【開催日】 2011年3月1日(火)10:00〜16:00
【会 場】 飯田橋レインボービル2F「中会議室」 【案内図
【受講料】 37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税)
【お申込み】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
【パンフレット】
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
コーディネータ
天野 典英
サントリービジネスエキスパート(株)品質保証本部・安全性科学センター 技術顧問
  • 全体を見て話が出来る人、食品微生物学の先端を見据え新しい技術に目配りが出来る人を講師としてお願いしました。
  • 乳酸菌、酵母、カビ、芽胞形成細菌それぞれについて、現場改善に有益な迅速検査の最新手法と同定の実際をお伝えします。
本セミナーの聴きどころ!

食品の腐敗・変敗菌による製品回収、店頭からの返品事故が跡を絶ちません。 経済不況が続く中、安全性にかける費用は各社とも厳しく抑えざるを得ない状況ですが、製品廃棄を防止する迅速検査の役割は経営的に極めて重要であり、汚染指標菌に対応した的確な迅速検査技術の導入は喫緊の課題です。

上記の業界の要請に応えるため、長年にわたり広範な微生物試験と現場改善の支援に従事されてきた天野典英氏(サントリービジネスエキスパート(株))にコーディネータとしてご尽力を戴き、実用性を重視したプログラムと講師陣を編成して戴きました。

内容は、主要な汚染指標菌である乳酸菌、酵母、カビ、芽胞形成菌にターゲットを絞り、それぞれの分野で先進的に取り組まれている産学のエキスパートに迅速検査への取り組みをご紹介戴くとともに、新しい技術を使って工程・原材料・最終製品の微生物検査をいかに迅速化出来るかについて解説して戴きます。

また、受講者の皆様のご要望にお応えするため事前に質問票をお送りし、各講師のお話に関しどのような内容を期待するか、各汚染指標菌についてどのような情報が必要か、等をお伝え戴き各講義の中でそれらに答えて戴くよう講師の方々にお願いしております。

コーディネータの天野氏が今回最も留意された点は、食品メーカーの微生物検査担当者の声と悩みを受け止めて戴ける視野の広い経験豊富な講師を見出すこと、とくに「わが国で数少ない、全体を見て話が出来る人、食品微生物学の先端を見据え新しい技術に目配りが出来る人を講師としてお願いした。」と伺っております。

それだけに本セミナーが極めて充実した有益な1日となることを期待している次第です。 是非この機会をご活用戴きたく、皆様方のご参加を心からお待ちしております。

◆開催プログラム

□ 開会の辞 コーディネータ:天野 典英 氏(10:00〜10:05)

  1. 食の安全・安心を担保する迅速微生物検査の最新手法

(10:05〜11:05)
後藤 慶一
三井農林(株)食品総合研究所 品質技術研究室 室長
  1. 食品衛生微生物の概要
  2. 食品衛生微生物の検査法概説(一般的な手法と最近の手法について)
  3. <休憩5分>

  1. 汚染指標菌の迅速検査法とその実際

2.1 乳酸菌(11:10〜12:00)
田中 孝
明治乳業(株)技術開発研究所 分析技術研究部 衛生微生物学G 課長
  1. 乳酸菌の迅速検出
  2. 乳酸菌数の迅速測定
  3. <12:00〜12:50 ランチブレイク>
2.2 酵母(12:50〜13:40)
川崎 浩子
(独)製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジー本部 生物遺伝資源部門(NBRC)遺伝資源保存課 主査
  1. 酵母の多様性
  2. 蛋白を指標とした酵母の同定:例 MALDI-TOF-MS技術
  3. DNA塩基配列情報を指標とした酵母の同定
  4. 酵母の分類体系再編と迅速同定
  5. <休憩5分>
2.3 カビ(13:45〜14:35)
矢口 貴志
千葉大学 真菌医学研究センター 准教授
  1. カビのDNAによる同定法、分子系統解析の概要、手順
  2. Aspergillus属のDNAによる迅速同定例
  3. Penicillium属のDNAによる迅速同定例
  4. <14:35〜14:45 コーヒーブレイク>
2.4 芽胞形成細菌(14:45〜15:35)
後藤 慶一
三井農林(株)食品総合研究所 品質技術研究室 室長
  1. 芽胞形成細菌とは(Bacillus属、Clostridium属を中心に)
  2. 芽胞形成細菌の検査法
  3. 芽胞形成細菌の同定法

  1. 総合質疑

(15:35〜16:00)
司会:天野 典英

【参加規定】
■受講料(1名につき)
37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル2F「中会議室」 【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。その場合には、後日テキストを送付いたします。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home