(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第9回]食品の洗浄殺菌実践講座

現場に密着した改善の取り組みとNew Technologyの適用事例
【コードNO】 91112
【開催日】 2011年5月25日(水)10:00〜16:30
【会 場】 飯田橋レインボービル「中会議室」 【案内図
【受講料】 42,000円(40,000円+税)→ E-mailでの申込なら39,900円(38,000円+税)
【お申込み】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
【パンフレット】
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴

企画幹事
西野 甫
食品産業戦略研究所 所長
後藤 強
理工協産(株)経営管理本部 DSF部リーダー
企画:食品産業戦略研究所
【本講座の狙いと特徴】
  1. 現場を知り尽くした工場管理責任者による洗浄改善の実践報告
  2. 先進テクノロジーの食品洗浄現場への適用効果と可能性の検証
  3. 「個別相談会」での講師陣による親身な指導!
[第9回]の聴きどころ!

最適洗浄の実現に向け様々な手法とその検証方法、現場改善の実際を紹介するとともに、「個別相談会」を通して講師陣のノウハウを引き出し受講生の問題解決を支援する ―― これが本講座の狙いです。

本講座の特色は以下の受講生の声に明らかです。(第8回講座受講生アンケートより)
  • 「従業員教育にも参考になる内容があり、今後採り入れていきたいと感じました。」
  • 「元工場長のお話は非常に為になりました。実際の現場経験で得られた例は、非常に参考になる。こういったお話しを今後も続けてください。」
第9回を迎える今回、さらに現場に密着し改善の取り組みをご紹介するとともに、最近のホットな話題である「マイクロ・ナノバブル工学」を取り上げ、食品洗浄現場への適用実績と今後の可能性につき実践報告をして戴きます。
同時に、食品工場の最適洗浄にとり極めて重要な、塩素系アルカリ洗浄における塩素濃度管理のための連続測定技術を詳細に紹介します。
また最後にご講演戴く坂本秀樹氏(カゴメ(株))は同社那須工場長、富士見工場長を歴任され、工場運営の豊富なご経験とともに洗浄殺菌に関する造詣が極めて深く、個別相談会でのご指導にも大変期待している次第です。

言うまでもなく洗浄殺菌は食品安全の要です。それだけに技術の伝承が不可欠であり、その役割を担う製造現場の皆様を私たちは応援します。 是非本講座にご参加され、ベテランの経験とノウハウを吸収されることを期待しております。


◆開催プログラム
□ 開会の辞 企画幹事:西野 甫 氏 食品産業戦略研究所(10:00〜10:05)

  1. マイクロ・ナノバブルの工学と可能性および食品洗浄現場への適用実績

(10:05〜11:50)
熊沢 英博
愛知工業大学 総合技術研究所 客員教授/富山大学 名誉教授 工学博士
松本 一孝
理工協産(株)経営管理本部 DSF部 次長
  1. マイクロ・ナノバブルの工学と可能性
    1.1 マイクロ・ナノバブルとは
    1.2 マイクロ・ナノバブルの特性
    1.3 マイクロ・ナノバブルの利用と工学
    1.4 新静止型混合器ラモンド・ナノミキサーを用いたマイクロ・ナノバブルの連続製造
    1.5 ラモンド・ナノミキサーの気液分散系への応用―なぜマイクロ・ナノバブルなのか
  2. マイクロ・ナノバブルの食品洗浄現場への適用実績
    2.1 マイクロ・ナノバブルの食品洗浄現場への適用について
    2.2 マイクロ・ナノバブルの食品洗浄現場への適用例と実績、効果 ― 殺菌機洗浄、脱臭
    2.3 今後のマイクロ・ナノバブルの食品洗浄現場への適用可能性
  3. <11:50〜12:40 ランチブレイク>

  1. 食品の洗浄殺菌現場での塩素系アルカリ洗剤などの塩素濃度連続測定技術

(12:40〜13:30)
大竹 高
(株)イワキ 東京支店 営業1部 1課2係 係長
  1. 膜分離法とは―なぜ膜分離装置は食品産業で注目されるか
  2. 膜分離装置の適用分野―食品産業における膜技術の応用例
  3. 膜分離装置の洗浄・殺菌技術
  4. 膜分離専用洗剤の紹介
  5. 膜装置洗浄の実際
  6. <休憩5分>

  1. 現場教育の死角:食品洗浄の誤った知識を正す

(13:35〜14:35)
今道 純利
今道コンサルタント事務所/元・NPO法人食品サニタリ技術協会 理事
  1. 食品現場の経験で事故は防げるか
  2. サニタリ技術の理論・実験的検証は…
  3. 食品洗浄バリデーションの必要性
  4. 事故例から検証するサニタリ技術
  5. 今後のサニタリ技術のあり方
  6. <休憩5分>

  1. 食品工場における洗浄殺菌の実際

(14:40〜15:40)
坂本 秀樹
カゴメ(株)経営企画本部 品質環境部長・工学博士
  1. 洗浄の目的・体系・基準
  2. 汚れの特徴、洗剤、洗浄の実際
  3. 洗浄性の検証
  4. 野菜加工品での洗浄改善の事例
  5. パッキンの管理
  6. <15:40〜15:50 コーヒーブレイク>

□ 個別相談会(15:50〜16:30)

指導講師は上記1〜4の講師陣
【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
42,000円(40,000円+税)→ E-mailでの申込なら39,900円(38,000円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル2F「中会議室」 【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home