(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食品の変敗防止ワークショップ[第4回]乳酸菌と酵母を制する

【コードNO】 91115
【開催日】 2011年6月24日(金)10:00〜16:00
【会 場】 飯田橋レインボービル2F「2A会議室」 【案内図
【受講料】 37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税)
【お申込】
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
【パンフレット】
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
講義・演習指導
内藤 茂三
食品・微生物研究所 所長/元・愛知学泉短期大学 食物栄養学科 教授
「乳酸菌と酵母を制する」実践演習プログラム
  • 受講生の疑問点を出来る限り解消するため、事前に質問票(何を知りたいか、普段どのようなことで困っているか、等)をお送りし、講義の中で答えて戴きます。
  • 原因究明と対策を重点とする設問を予め受講生に配布し事前学習の上、当日の演習・発表・討議を通して、食品変敗防止の最大の課題=乳酸菌と酵母を制する必須知識と現場ノウハウを体得して戴きます。
[第4回]の聴きどころ!

内藤茂三先生(食品・微生物研究所所長/元 愛知学泉短期大学教授)の本講習会は、熱烈な講義と演習指導はもとより、毎回受講生の皆様から息つく暇もないほど活発に質問が寄せられ、内藤先生がその一つ一つに親身にお答え戴いていることが何よりの特徴です。 「知識だけでなく実践にも使える情報をたくさん得られた。質問も活発でとても良いセミナーだった。」「質問にとても丁寧に答えてもらえて、とても参考になりました。」との前回の受講生の声(アンケート結果)が端的に示しています。

同時に、受講生の皆様から下記の大変有益なご提案とご意見を頂戴致しました。
  • 実際の食品は単一の菌種であることは少ない。細菌←→細菌の相互作用での変敗事例につての講義があれば良い。
  • 設問内容が分かりにくい。条件が少なく、質問の意図が大雑把に答えとかぶっていて、答えにくかった。(但し説明は丁寧で良く理解できた。)
  • スライドと同じものをテキストに加えて欲しい。重要なことをメモしながら聞くにはテキストが不適切。(但し後半の設問形式の解説は要点が分かりやすく理解しやすかった。)
第4回「乳酸菌と酵母を制する」は上記の受講生のご要望にお応えし、乳酸菌と酵母の共同変敗作用およびそれらの効果的な防止対策について内藤先生に詳細かつ実践的に解説して戴きます。
さらに、乳酸菌と酵母に関する受講生の疑問点を本講座で出来る限り解消して戴くため、予め質問票をお送りしご返送戴いた上で、内藤先生に当日講義の中でお答え戴く予定です。
予習をして戴く設問は6つで、いずれも原因究明と対策に重点をおいた内容です。

本講座の対象業種は農水畜産食品、菓子、発酵食品(調味料、各種飲料を含む)です。 当該食品を製造する各社の品質保証・品質管理担当の皆様に是非本講座をご活用戴きたく、謹んでご参加のお勧めとご案内を申しあげます。


◆開催プログラム

第1部 乳酸菌と酵母を制するための必須知識

(10:00〜12:00)
内藤 茂三
食品・微生物研究所 所長/元・愛知学泉短期大学 食物栄養学科 教授
乳酸菌と酵母は共に酸素が少ない場所や酸素のない場所で生育し、乳酸菌の生産物が酵母の成長を助け、酵母の生産物が乳酸菌の成長を助ける関係にあります。 両者とも保存料や殺菌剤に対して耐性があり、低温で生育するので食品業界では食品変敗防止には乳酸菌と酵母を制することが最大の課題です。 どちらか一方を制することができれば、食品の変敗が減少し、抑制することができます。 食品を変敗させる乳酸菌と酵母の特徴は糖分があれば生育して生産物を生産しますので全ての食品工場に生育し、大きな問題を提起しております。 食品の変敗に関与する乳酸菌と酵母の実態、乳酸菌と酵母の生産物及び変敗メカニズム、乳酸菌と酵母の共同変敗作用、乳酸菌と酵母の変敗防止対策(有機酸、有機酸塩、オゾン、その他の殺菌剤等)について解説します。
<12:00〜13:00 ランチブレイク>

  1. 第2部 事例研究 〜 乳酸菌と酵母による変敗原因の解明と対策のノウハウ

(13:00〜16:00)
演習指導
内藤 茂三
食品・微生物研究所 所長/元・愛知学泉短期大学 食物栄養学科 教授
  • 受講申し込みの時点で受講生に原因究明と対策にウエイトをおいた設問(6問)を配布し、予習して戴きます。
  • 主たる対象業種は農水畜産食品、菓子、発酵食品(調味料、各種飲料を含む)
  • 設問の狙いと問題解決のポイント解説(6問×15分)(13:00〜14:30)
  • 各設問に対する受講者のQ&A(14:30〜15:00)
  • <15:00〜15:10 コーヒーブレイク>
  • 解答の発表(15:10〜15:40)
  • 総合質疑(15:40〜16:00)

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
37,800円(36,000円+税)→ E-mailでの申込なら35,910円(34,200円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■ 定員
40名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル2F「2A会議室」 【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home