(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

分かりやすい食品微生物の基礎と正確な検査の方法を学ぶ

コードNo. 91123
開催日時 2011年10月14日(金)9:55〜16:00
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
受講料 37,800円(36,000円+税)→ webからの申込みなら35,910円(34,200円+税)
受講対象 品質保証・製造・微生物検査担当者
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
コーディネータ
森田 邦雄
社団法人全国はっ酵乳乳酸菌飲料協会 専務理事/食品産業戦略研究所 顧問
主催:食品産業戦略研究所
品質保証・品質管理の第一線担当者が身につけるべき食品微生物学の知見と規格基準の正確な理解、国際社会の一員としての精度管理の考え方をマスターすることを狙いとして、本セミナーを企画致しました。

  • HACCPの効果的運用に必須の食品微生物の基礎を、行政経験者の立場から“より深く”伝えます。

  • 担当者が身に付けるべき「微生物規格基準設定の根拠と考え方」「精度管理」について、その本質的な理解を助けます。

  • 現場の視点から、食品工場(弁当・仕出し工場)における微生物管理の要所と注意点を具体的に解説します。
  • ここが聴きどころ!

    近年の有害微生物による食中毒事故は極めて少量でも発症することが特徴で、これまでのように「増やさない」ことが通用せず、とにかく「つけない」ことが重要な時代を迎えました。
    一方様々な症例を通して、ウエルシュ菌は加熱殺菌の後の冷却過程で増殖する恐れがあること、またカンピロバクターは一過性の事故では終わらず、「ギランバレー症候群」として後遺症の残る可能性が指摘されています。このように食品微生物の知見が新しくなっており「人‐人感染」が主因であることが分かってきたノロウイルス、極めて毒性の強いO-111対策など、HACCPシステムを効果的に運用するために、現場での食品微生物の最新の基礎を学習する必要性が高まっています。

    そして本セミナーの特色は、何と言っても食品衛生施策に深く携わってこられた行政経験者を講師としてお願いしている点です。
    森田邦雄先生(元厚生労働省)、小久保彌太郎先生(元東京都健康安全研究センター)は極めて著名ですが、佐藤猛男先生も愛知県生活衛生課長、食品衛生検査所長を歴任され長年にわたり食品衛生監視に従事されてきました。それぞれの豊富なご経験にもとづき、行政的な見方を十分お伝え戴けるものと存じます。

    従来の基礎講座とはひと味違う本セミナーを是非ご活用下さい。

    ◆開催プログラム
    □開会の辞(9:55〜10:00)  コーディネータ 森田 邦雄氏 

    1. 食品の衛生管理に必要な微生物の基礎と迅速測定法

    (10:00〜11:30)
    小久保 彌太郎
    社団法人日本食品衛生協会 技術参与
    1. 食品を汚染する微生物
    2. 食品中の微生物の挙動
    3. 食品衛生管理による微生物の制御
    4. 食品汚染微生物の簡易迅速測定法
    <休憩10分>

    1. 食品衛生法で規定する微生物規格設定の考え方と検査の精度管理の必要性

    (11:40〜12:40)
    森田 邦雄
    社団法人全国はっ酵乳乳酸菌飲料協会 専務理事
    食品産業戦略研究所 顧問
    1. 食品衛生法で規定する一般細菌数、大腸菌群等の微生物規格はどのような考え方で設定されているのか
    2. 食品衛生法で規定されている、牛乳、食肉製品、清涼飲料水等の殺菌規定はどのような微生物をターゲットにしているのか
    3. 微生物の検査にあたって検査結果はいつも同じ結果が出るのか、真の値を求めるための精度管理とは何なのか、本当に精度管理は必要なのか
    <12:40〜13:40 ランチブレイク>

    1. 正確な微生物検査のための精度管理

    (13:40〜14:40)
    澤田 千尋
    財団法人日本冷凍食品検査協会 検査本部 技術部 担当課長
    1. 微生物試験の精度管理の必要性と位置づけ
    2. 微生物試験における内部精度管理手法
    3. 精度管理結果の解析と評価方法
    <14:40〜15:00 コーヒーブレイク>

    1. 食品工場における微生物管理の実際−弁当・仕出し工場の微生物管理のポイント−

    (15:00〜16:00)
    佐藤 猛男
    フジパングループ本社株式会社 衛生顧問
    食品産業戦略研究所 主席研究員
    1. 使用原材料のチェック
    2. 製造工程の管理
    3. 出荷後の温度・時間管理
    4. 製品、器具等の微生物検査

    【参加規定】
    ■ 受講料(1名につき)
    37,800円(36,000円+税)→ webからの申込みなら35,910円(34,200円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
    ■ 定員
    60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
    ■会場
    飯田橋レインボービル 2F「中会議室」【案内図
    〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

    【申込方法・その他】

    セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
    図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home