(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

芽胞菌対策研究会

芽胞菌を深く知り、効果的対策を見出す集中講座!
コードNo. 91201
開催日時 2012年1月17日(火)10:00〜16:00
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
受講料 37,800円(36,000円+税)
お申込 【満席】 申込受付終了しました
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
ここが聴きどころ!

芽胞菌は難敵です。セレウス菌、ボツリヌス菌などの芽胞(細菌胞子)を作る細菌、さらにカビ・酵母などの真菌胞子は、ご承知の通り多くの食品で変敗事故を引き起こしています。芽胞菌は加熱や薬剤処理に強い抵抗性をもっており、適切に制御するためにはその生理・耐性を正しく理解し、食品製造時の日常検査で迅速にこれを検出し、有効な措置を処方できるスキルが不可欠です。

本研究会は、制御すべき芽胞菌を深く知り、変敗事故を未然に防止する工程管理手法を集中的に学習する実践講座です。現場に精通した産学の気鋭のエキスパートにより最新の知見を詳細に解説して戴くとともに、質疑応答の時間を十分用意し受講生の皆様の日頃の疑問や悩みにお応えするプログラムです。
 当日の質疑応答はもとより、受講申込み時にお送りする質問票を通して寄せられた質問に講演の中で可能な限り答えて戴くよう準備しております。

制御のための知見や学術情報は極めて乏しく、小社が本年4月に出版致しました『微生物胞子』が数十年ぶりの成書と言われています。「制御のための実践的基礎」をご講義戴く高松宏治先生(摂南大学)、「食品に危害を及ぼす芽胞菌の性状と評価法」を解説して戴く中西弘一氏(キリンビバレッジ株式会社)は、本書の著者でもあります。
 さらに「食品における芽胞菌の制御法」の富田昌暁氏(三菱化学フーズ株式会社)には、実用性に優れた食品用乳化剤による靜菌技術を実証的に解説して戴きます。

本研究会が皆様の問題解決のお役に立てることを確信し、ご参加を心からお待ち致しております。

◆開催プログラム

  1. 芽胞菌制御のための実践的基礎

(10:00〜11:50)

高松 宏治
摂南大学薬学部微生物学研究室
准教授
  1. 芽胞形成細菌の概要
  2. 芽胞形成細菌の多様性
  3. 芽胞形成細菌のゲノム解析
  4. 枯草菌のポストゲノム解析
  5. ゲノムデータベースの応用
<11:50〜12:40 ランチブレイク>

  1. 食品に危害を及ぼす芽胞菌の性状と評価法

(12:40〜14:30)

中西 弘一
キリンビバレッジ株式会社
コア技術研究所ナノサーチ研究グループ
  1. 芽胞菌の種類と性状
  2. 殺菌管理指標菌による管理方法
  3. 芽胞菌の耐熱性評価法
  4. ナノサーチ技術による新しい芽胞菌耐熱性評価方法の紹介
<14:30〜14:45 コーヒーブレイク>

  1. 食品における芽胞菌の制御法

(14:45〜16:00)

富田 昌暁
三菱化学フーズ株式会社 第一事業部技術グループ
副部長
  1. 食品における微生物危害
  2. 1.1 清涼飲料の種類と製造条件
    1.2 微生物の分類と管理対象菌
  3. 食品用乳化剤シュガーエステルの応用技術
  4. 2.1 芽胞菌による弱酸性飲料の変敗
    2.2 シュガーエステルの種類と静菌効果
    2.3 静菌阻害要因と実用的な使用法


【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
37,800円(36,000円+税)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home