(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第2回]製品の微生物品質を確保する迅速検査・同定技術

工程・原材料・最終製品の迅速・精確な微生物検査を目指して
コードNo. 91206
開催日時 2012年3月9日(金)10:00〜16:30
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
受講料 39,900円(38,000円+税)→ webからの申込みなら37,905円(36,100円+税)
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
コーディネータ
天野 典英
サントリービジネスエキスパート(株)品質保証本部・安全性科学センター 技術顧問
プログラム策定にあたり、天野典英氏から下記のメッセージを頂戴しております。

微生物迅速検査の基礎から最先端・現場適用の留意点まで、集中的に学んで頂けるようにプログラムを作成しました。
乳酸菌、カビ、酵母を的確かつ迅速に検査・同定する最新手法と 、製品を汚染する芽胞形成細菌の分離・検出の実際をお伝えします。
ここが聴きどころ!

汚染指標菌に対応した迅速検査・同定技術の導入は、食品の安全性を確保し製品廃棄を防止するとともに、製造コストを可能な限り抑える上で経営的に極めて重要です。

第2回を迎える今回、さらに斬新な知見を提供すべく講師陣を一新しました。
微生物の迅速検査法の全体像を山口進康氏(大阪大学大学院薬学研究科)に提示して戴き、乳酸菌の確実な分離と迅速同定法を柳田藤寿氏(山梨大学ワイン科学研究センター)に、環境真菌の新しい迅速検出法を槇村浩一氏(帝京大学医学部/医真菌研究センター)にそれぞれ解説して戴きます。
さらに微生物迅速検査法の現場からの報告を柳平修一氏(雪印メグミルク株式会社分析センター)にお願いしております。また、懸案の芽胞形成細菌の検出技術については、技術士の田中光幸氏に豊富な汚染事例を交えてお話を戴く予定です。なお、酵母については第1回と同様、川崎浩子氏(独立行政法人製品評価技術基盤機構)にご担当戴きます。

前回の昼休みとコーヒーブレイクの時間、受講生の皆様と講師陣が極めて緊密に交流されている光景が非常に印象深く残っています。新たな講師陣を迎え、前回以上にフランクな意見交換とネットワーク創りが展開されることを期待し、品質保証・品質管理ご担当の皆様のご参加を心からお待ちしております。

◆開催プログラム
□ 開会の辞  天野典英 氏(10:00〜10:05)

  1. 微生物迅速検出法の現状と展望

(10:05〜11:05)

山口 進康
大阪大学大学院薬学研究科
生命情報環境科学専攻
准教授
  1. 微生物迅速検出法の原理
  2. 新手法の応用
  3. 簡便化・自動化

<5分休憩>

  1. 微生物迅速検査法の適用例−現場からの報告−

(11:10〜11:50)
柳平 修一
雪印メグミルク株式会社
品質保証部副部長
分析センター長
  1. 迅速検査法の選定基準
    1. 1.1 日常の検査業務を効率化できる方法
      1.2 工場の出荷検査に、将来応用できる方法
      1.3 客観的評価を受けた方法
  2. 「検査の迅速化(効率化)」と「検査技術力向上」の両立は可能か(メリット、デメリット)
<11:50〜12:40 ランチブレイク>

  1. 製品を汚染する芽胞形成細菌の検出技術

(12:40〜13:25)
田中 光幸
田中技術士事務所
所長
技術士(農業部門)
  1. 食品・飲料の分類、製造基準
  2. 変敗に関与する微生物
  3. 芽胞形成細菌の検査法
  4. 汚染事例と微生物対策

<5分休憩>

  1. 汚染指標菌の迅速検査・同定法とその実際

4.1 乳酸菌(13:30〜14:15)
柳田 藤寿
山梨大学 ワイン科学研究センター
教授
  1. 自然界からの乳酸菌の分離
  2. 発酵食品からの乳酸菌の分離
4.2 カビ(14:15〜15:00)
槇村 浩一
帝京大学医学部/医真菌研究センター
教授
  1. カビとは何か?その多様性と分類
  2. 菌体成分の検出による鑑別同定
  3. 核酸塩基配列の検出・解析による同定
  4. <15:00〜15:15 コーヒーブレイク>
4.3 酵母(15:15〜16:00)
川崎 浩子
独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジー本部
生物遺伝資源部門(NBRC)遺伝資源保存課
主査
  1. 酵母の多様性
  2. 酵母の分類体系再編と迅速同定
  3. 分子情報を用いた酵母の同定
  4. 蛋白を指標とした酵母の同定(MALDI/TOFMS法)

  1. 総合質疑

(16:00〜16:30)
司会:天野 典英

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
39,900円(38,000円+税)→ webからの申込みなら37,905円(36,100円+税)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home