(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

微生物試験法の妥当性確認と検証の実際

新規試験法の導入から、日常の工程管理の試験法の選択まで
−数的指標を導入した新たなる規格基準における試験法のあり方
コードNo. 91207
開催日 2012年3月16日(金)10:00〜16:40
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
受講料 39,900円(38,000円+税)→ E-mailでの申込なら37,905円(36,100円+税)
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
主催:食品産業戦略研究所
  • 食品検査担当者の悩みに応え、妥当性確認と検証の具体例・実施手順を紹介します。
  • 全く新しい「数的指標」を導入した微生物学的基準がスタートし、試験法のあり方が変わります。
  • 講師陣は、国立医薬品食品衛生研究所を拠点として先進的な指針作りに取り組んでいる中核の先生方です。
ここが聴きどころ!

昨年3月、「微生物試験法の妥当性確認の進め方〜食品検査担当者の悩みに応える〜」を主題に初めて教育講座を開催した折、多くの受講生の方から「妥当性確認を実際に導入する側の話を聞かせて欲しい。」「検査の信頼性・精度向上に関する実際の取り組みを知りたい。」「もう少し具体的な手法・手技の紹介を伺いたい。」等のご要望を頂戴致しました。

第2回を迎える今回、上記のご要望にできる限りお応えするとともに、この分野の最新の動きをお伝えするためにプログラムをご用意致しました。
妥当性確認と検証の実際を、この分野のリーダーである森曜子氏(財団法人日本適合性認定協会)と田中廣行氏(財団法人日本食品分析センター)に具体的に解説して戴き、品質管理での代替試験法(キット類)の導入に関し内田和之氏(シスメックス・ビオメリュー株式会社)にその有効性と選択のポイントを実例を交えてお話し戴きます。
さらに、この分野の今後の在り方を示唆する数的指標を導入した新規格基準と試験法に関し、法制化の中心的役割を担われた五十君静信氏(国立医薬品食品衛生研究所)にその意義と試験法のエッセンスをご披露戴きます。数的指標を導入した微生物学的基準による試験法の設定は今回の生食用食肉に止まらず、今後一般食品への適用拡大が予測されており、十分な理解が必要です。

食品産業のグローバル化が急速に進展する今日、国際的に通用する食品安全のデータ作りが強く求められています。食品各社の微生物検査・品質管理・品質保証担当者の皆様が妥当性確認と検証の手法を身につけることは、そのための信頼性の高い食品安全のデータと競争力を保持する不可欠の条件であり、是非この機会をご活用されることをお勧めする次第です。

◆開催プログラム

□ 開会の辞:本講座のねらいと進め方  五十君 靜信 氏(10:00〜10:10)

  1. 微生物試験における妥当性確認の実際と課題

(10:10〜11:30)
森 曜子
財団法人日本適合性認定協会
認定センター
部長補
  1. 欧米における妥当性確認の実際
  2. 日本での仕組みと課題
  3. 不確かさを含めた国際化への対応
  4. <休憩5分>

  1. 生食用食肉の規格基準設定の経緯と導入された腸内細菌科菌群試験法

(11:35〜12:45)
五十君 靜信
国立医薬品食品衛生研究所
食品衛生管理部第一室
室長
  1. 数的指標を導入した規格基準作りとは
  2. 微生物学的基準(MC)におけるサンプリングプランと試験法
  3. 生食用食肉のMCに採用された腸内細菌科菌群試験法
  4. <12:45〜13:35 ランチブレイク>

  1. 微生物試験法の選定と導入に伴う検証・整備

(13:35〜15:05)
田中 廣行
財団法人日本食品分析センター
微生物部 部長
  1. 微生物試験法の分類と選定
  2. 新規試験法導入時の検証
  3. 試験手順の整備(大腸菌および腸内細菌科菌群を例として)
  4. <15:05〜15:20 コーヒーブレイク>

  1. 品質管理での代替試験法(キット類)の妥当性確認と導入−その有効性と選択のポイント−

(15:20〜16:40)
内田 和之
シスメックス・ビオメリュー株式会社
産業マーケティング部 課長
  1. 代替試験法の特徴とその有用性
  2. 代替試験法の導入:目的、期待する効果と選択の基準
  3. 妥当性確認における第三者機関の認証システム
  4. 検証例

【参加規定】
■受講料(1名につき)
39,900円(38,000円+税)→ E-mailでの申込なら37,905円(36,100円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル2F「中会議室」 【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home