(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

−小売流通・食品メーカーに聞く−
放射性セシウム規制値への対応策と運用実態

コードNo. 91211
開催日時 2012年5月29日(火)10:00〜16:30
会 場 飯田橋レインボービル「C,D会議室」【案内図
受講料 39,900円(38,000円+税)→ webからの申込みなら37,905円(36,100円+税)
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
いよいよ施行された「食品中の放射性物質の新しい基準値」への的確な対応を目指し、主力企業の取り組みの実際を紹介するとともに、今後の実務課題を明らかにする食品産業特別研修会!
ここが聴きどころ!

 いよいよ4月から施行される食品中の放射性物質の新しい基準値。しかし「新基準は承認はされているが不明確な部分が多く、対応に苦慮している。」「規制値への考え方や対応方針など、個々の企業や業界、地方自治体など立場により大きな違いがある。」「測定機器の配備が極めて不十分で国や自治体での農畜産物の管理状況は消費者が求めるレベルから大きく隔たっている。」(小社に寄せられた品質保証担当者の声)等の指摘が主要企業からなされており、事態の正確な見極めと対応方針の確立が喫緊に求められています。

上記要請に可能な限り応え、新規制値への的確な対応策を見出し今後の実務課題を共有することを願い、各社の経営・CSR・品質保証責任者の方々のための特別研修会として、私たちは本講座を開催致します。

このため先ず初めに食品産業戦略研究所顧問 森田邦雄氏(元厚生労働省)より新しい規制値の意義、実務上の重要課題を提起していただき、次に放射性物質測定のエキスパート 村山三徳氏(社団法人日本食品衛生協会)に検査の必須事項を解説していただきます。
さらに食品事業者として幸いにも日本生活協同組合連合会、株式会社イトーヨーカ堂、株式会社明治、ネスレ日本株式会社4社のご協力により、主力各社の新規制値への対応と運用実態、実務上の留意事項をご紹介いただきます。

本講座の実現にご尽力をいただいたコーディネータの亀井俊郎氏(日本生協連)および講師の皆様に深く感謝申し上げるとともに、本講座が業界の世論形成、品質管理レベルの向上と受講各社の今後の対応方針・品質戦略策定の得難い契機となることを強く確信しております。

◆開催プログラム
□ 開会の辞  コーディネータ 亀井 俊郎 氏(10:00〜10:05)

  1. 新規制値への対応策をめぐる今後の課題

(10:05〜10:40)

森田 邦雄
社団法人全国はっ酵乳乳酸菌飲料協会 専務理事
食品産業戦略研究所 顧問
  1. 新規制値設定の法的根拠及び暫定規制値と異なる点
  2. 検査における定量下限値の設定についての考え方
  3. 新規制値適用後の問題点と今後の課題

<5分休憩>

  1. 食品中の放射性セシウム検査の実際と問題点

(10:45〜11:45)
村山 三徳
社団法人日本食品衛生協会
食品衛生研究所 化学試験部
第一試験課長
  1. 放射線とは
  2. 食品の放射能汚染に対する規制
  3. 食品の放射能測定
  4. ゲルマニウム半導体ガンマ線スペクトロメトリ
<11:45〜12:45 ランチブレイク>

  1. 小売流通・食品メーカーに聞く−主力企業の新規制値への対応策と運用実態


T. 日本生協連の取り組み(12:45〜13:35)
内堀 伸健
日本生活協同組合連合会 執行役員
品質保証本部 本部長
  1. 生協という組織の性格と東日本大震災への対応
  2. 食品放射能汚染問題への生協の取り組み
  3. 規制値への対応と今後の課題
<5分休憩>

U. お客様の安心に応えるために−小売業食品品質管理担当の立場から(13:40〜14:30)
伊藤 正史
株式会社イトーヨーカ堂
QC室 食品担当 
  1. 何が正しいのか?君は専門家か?
  2. 広い視野と大局観を持って判断しているか?
  3. 正しくこわがる?いたずらにこわがらない?
  4. 現在の対応と運用
  5. <14:30〜14:45 コーヒーブレイク>
  
V. 明治の取り組み(14:45〜15:35)
小出 薫
株式会社明治 常務執行役員
品質本部長 品質戦略部長
  1. 牛乳とセシウム
  2. 2011年3月以降の推移と現状
  3. 危機管理コミュニケーション
<5分休憩>

W. ネスレの取り組み(15:40〜16:30)
高橋 雅樹
ネスレ日本株式会社 執行役員
品質保証部長
  1. チェルノブイリ事故時の対応事例及びその後の放射能汚染事故への備え
  2. 福島原発事故後の対応
  3. 新規制値への対応

【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
39,900円(38,000円+税)→ webからの申込みなら37,905円(36,100円+税)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「C,D会議室」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home