(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食品微生物総合講座
HACCP対応―食品安全確保のための専任養成プログラム

コードNo. 91215
開催日 2012年7月5日(木)・6日(金)
会 場 自動車会館「大会議室」 【案内図
受講料 63,000円(60,000円+税)→ E-mailでの申込なら59,850円(57,000円+税)
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
注意事項2日間の講習です。1日のみの受講は出来ません。受講証明書発行
【パンフレット】
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
企画委員
西野 甫
食品産業戦略研究所 所長/HACCP実践研究会 顧問
矢野 俊博
石川県立大学 生物資源環境学部 食品科学科 食品管理学研究室 教授
久田 孝
東京海洋大学 海洋科学部 食品生産科学科 准教授
主催:食品産業戦略研究所/事務局:株式会社サイエンスフォーラム
【本講座の特徴】
  • テーマの深掘りと経験の伝承を図り、現場の微生物管理レベル・担当者の問題解決力向上を目指した実践講座です
  • 食品製造現場の中堅技術者を主たる受講対象として、現場改善のための総合的視点と具体的手法の提供に努めます
  • 「総合質疑&個別相談会」により日頃の悩みの解消を図るとともに、参加者相互のコミュニケーションを深めるため、最終日に自由参加の情報交流の場を設けます
ここが聴きどころ!

2002年以来「主任微生物管理者講座」の名称で研修を続け、お陰様でご好評を戴いてまいりましたが、開講満10年を期して受講生の皆様のご要望に一段と副った内容に再構築し、下記のコンセプトで「食品微生物総合講座」として新たなスタートを切ることと致しました。

新講座の狙いと特徴は下記の通りです。
  • 国際競争時代を迎え、食品安全のための主要企業の具体的取り組みの紹介、最新の管理システムの選定と導入方法、微生物検査の信頼性確保の手法を学習する。
  • 講師陣とのQ&A、ノウハウの伝達に努め両日とも「総合質疑&個別相談会」を設けるとともに、最終日に自由参加の情報交流会を企画し受講生同士の意見交換を促進する。
  • 製造現場の中堅技術者を受講対象として、“いかに現場と人を動かすか”の視点から食品工場における問題を掘り下げ、微生物管理レベルと担当者の問題解決力向上に寄与する。

  • 「講師陣⇔受講生⇔受講生」相互のコミュニケーションを深めるため、ここにご案内する実践プログラムをご用意致しました。
    本年は幸いにも株式会社明治、プリマハム株式会社両社のご協力を得て、品質部門の責任者の方々から自社の取り組みをご紹介戴きます。さらに食品安全管理システム、培地の必須知識、検査の精度管理、工場の真菌対策についても、各分野の第一級の講師陣から必須の実務知識を習得できることを確信しております。
    また「総合質疑&個別相談会」は、とくにグループ分けはしないで、企画委員のリードにより初めの30分は総合質疑、その後に個別相談会(2日目はさらに情報交流会)を行う予定です。

    これまでの「主任微生物管理者講座」とはひと味違う本講座を是非ご活用下さい。

    ◆開催プログラム

    7月5日(木) 10:00〜17:00

    □ ガイダンス:本講座の狙いと進め方   西野 甫 氏 食品産業戦略研究所 所長/HACCP実践研究会 顧問(10:00〜10:10)
    第1講座座長:矢野 俊博 氏(石川県立大学)

    第1講座 食品安全マネジメントシステム(FSMS)をめぐる状況

    (10:10〜11:40)
    湯川剛一郎
    東京海洋大学 先端科学技術研究センター
    食品流通安全管理専攻 教授
    1. ISO22000周辺の規格開発の動き
    2. 食品流通、食品製造業界の動き
    3. GFSIの動きとスキーム開発
    4. これからのFSMS
    5. <11:40〜12:30 ランチブレイク>
    第2講座座長:久田 孝 氏(東京海洋大学)

    第2講座 食品微生物検査と培地の必須知識

    (12:30〜14:00)
    柳沼 健史
    栄研化学株式会社
    マーケティング推進室MKT三部一課
    1. 食品微生物検査法について
    2. 主な培地の原理、使用方法について
    3. 培地についてよくある質問
    4. 新しい試験法について
    5. <休憩10分>
    第3講座座長:久田 孝 氏(東京海洋大学)

    第3講座 食品微生物検査の信頼性確保と精度管理

    (14:10〜15:40)
    澤田 千尋
    財団法人日本冷凍食品検査協会
    検査本部技術開発部
    担当課長
    1. 信頼性確保の技術的要素
    2. 精度管理計画と実施例
    3. 微生物検査の統計的管理
    4. <15:40〜15:50 コーヒーブレイク>

    総合質疑&個別相談会

    (15:50〜16:50)

    総合質疑司会:久田 孝 氏

    ◆総合質疑(15:50〜16:20)
    ◆個別相談会(16:20〜17:00)

    7月6日(金) 9:00〜15:50

    第4講座座長:矢野俊博 氏(石川県立大学)

    第4講座 食品安全確保のための乳および乳製品の取り組み

    (9:00〜10:30)
    馬場 良雄
    株式会社明治 取締役常務執行役員

    上門 英明
    株式会社明治 品質本部専任課長
    1. イントロダクション:乳・乳製品の安全性を確保するための戦略
    2. 乳・乳製品の有害微生物と製造プロセスにおける挙動
    3. 乳・乳製品における微生物学的品質事故の特徴と一般的衛生管理の重要性
    4. 微生物汚染の未然防止策について
    5. 株式会社明治における品質改善活動と教育
    近年、食生活が高度化・多様化し、加えて我が国は国際流通の増大に伴ない多く の食材を海外に頼っている。食中毒統計をみると、相変わらず微生物による食中 毒が多く、世界的に見てもサルモネラ、リステリアおよび腸管出血性大腸菌によ る大規模な食品媒介感染症が発生し、社会的・経済的混乱を引き起こしている。 食品の安全と消費者の信頼を確保するためには、食品製造業者は戦略的に対応す る必要があり、安全品質を保証するシステムと消費者の安心と信頼を確保するシ ステムの導入が求められる。本講演では、微生物管理に焦点を当てて食品企業の 戦略を考えてみたい。微生物管理は食品ごとに異なり、原材料の種類、加工方法、 流通条件、賞味期限、摂食時の調理方法、食品の摂取対象者などの影響要因を考 慮し、リスクに応じた対策を講じる必要がある。乳・乳製品における取り組み内 容を以下の章立てに沿って概説する。

    <休憩10分>
    第5講座座長:西野 甫 氏(食品産業戦略研究所)

    第5講座 食肉製品製造工程に現場管理事例〜有害微生物管理およびアレルギー物質の迅速検出〜

    (10:40〜11:50)
    鮫島 隆
    プリマハム株式会社
    執行役員 基礎研究所長
    1. 食肉製品の分類と製造方法
    2. 食肉製品の危害微生物
    3. 食肉製品の微生物制御
    4. 有害微生物検査のポイント
    5. 食物アレルギー物質の迅速検出と工程管理への応用例
    6. <11:50〜12:40 ランチブレイク>
    第6講座座長:西野 甫 氏(食品産業戦略研究所)

    第6講座 食品工場における真菌対策

    (12:40〜13:50)
    吉浪 誠
    イカリ消毒株式会社
    LC環境検査センター副所長
    微生物検査グループ長
    1. 食品工場における真菌対策
    2. 対策に必要なカビの基礎知識
    3. 日常管理としての現場点検・検査手法とその評価
    4. カビクレーム発生時の原因究明手順
    5. カビ対策の考え方と実例紹介
    6. <13:50〜14:05 コーヒーブレイク>

    総合質疑 & 個別相談+情報交流会

    (14:05〜15:35)

    総合質疑(14:05〜14:35) 司会:矢野俊博
    個別相談会+情報交流会(14:35〜15:35)
    [情報交流会]個別相談の時間中、情報交流会のコーナーを設け、受講生同士の交流と意見交換を行います(自由参加)。
    □ 閉会の辞(15:35〜15:40) 企画委員:矢野俊博

    □ 受講証明書授与(15:40〜15:50)


    【参加規定】
    ■受講料(1名につき)
    63,000円(60,000円+税)→ E-mailでの申込なら59,850円(57,000円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
    ■定員
    60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
    ■会場
    自動車会館「大会議室」 【案内図
    〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-13  電話 03(3264)4719

    【申込方法・その他】
    • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
      折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
    • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
    • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
    • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
    • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

    セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
    図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home