(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食品原材料の安全確保策

主力企業の品質責任者に聞く受入基準と安全確保の実際
コードNo. 91219
開催日 2012年9月6日(木)10:00〜16:00
会 場 飯田橋レインボービル2F「中会議室」【案内図
受講料 37,800円(36,000円+税)→ webからの申込なら35,910円(34,200円+税)
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
コーディネータ
佐藤 猛男
フジパングループ本社株式会社 衛生顧問
食品産業戦略研究所 主席研究員
・近年関心が高まる食品全材料の安全確保策の実態に関し、規格基準・検査方法・検証体制を総点検し実務課題を提示します

・行政経験者、流通・食品メーカー品質保証責任者の立場から現状の取り組みをご紹介いただき、今後の方策を討議します
ここが聴きどころ!

厚生労働省から毎週のように発せられる輸入食品の検査命令。増加する輸入食品原材料の安全確保策が焦眉の課題となっています。
この要請に応えるため、食品産業戦略研究所のネットワークを駆使し、行政経験者および主力企業の品質責任者を講師として、原材料確保の実際、安全確保のための基準・検査方法・検証体制の現状を総点検すべく本研修会を企画致しました。
厚生労働省の輸入食品安全確保策と違反事例の最新動向、流通における品質管理の実態と食品メーカーへの要請、食品メーカーの受入基準・日本向け食品工場における食品原材料の安全確保への取り組みを詳しくご紹介いただき、今後の品質戦略と実務課題を学習し討議します。
食品産業各社の生産・品質・CSR責任者の皆様のための必聴の研修会です。

◆開催プログラム

□ 開会の辞   コーディネータ:佐藤 猛男 氏(10:00〜10:05)

  1. 海外の日本向け食品工場における食品原材料の安全確保

(10:05〜11:15)
田中 和臣
プリマハム株式会社第二管理本部
品質保証部 部長
  1. 原材料確保の実際
  2. 商品開発時の確認
  3. 継続した検証活動
<休憩5分>

  1. 検疫所での輸入食品の安全確保体制

(11:20〜12:30)
森田 邦雄
 一般社団法人全国発酵乳乳酸菌飲料協会 専務理事
 元 厚生労働省東京検疫所長
 食品産業戦略研究所 顧問
  1. 食品の輸入の現状
  2. 検疫所における食品の安全確保体制
  3. 輸入時の検査における違反事例
  4. 輸出国に求める対策の例
<12:30〜13:20 ランチブレイク>

  1. 食品メーカーにおける食品原材料の受け入れ基準と安全確保

(13:20〜14:40)
佐藤 猛男
フジパングループ本社株式会社 衛生顧問
食品産業戦略研究所 主席研究員
  1. 食品原材料の受け入れ基準の作成(加熱使用、非加熱用使用等)
  2. 原料規格書の審査(微生物、添加物、アレルゲン物質、CCP管理等)
  3. 食品原材料メーカーの調査
  4. 食品原材料の確認検査
<14:40〜14:50 コーヒーブレイク>

  1. 流通における食品の品質管理と安全確保策

(14:50〜16:00)
田中 創一郎
株式会社セブン-イレブン・ジャパン
QC室 室長
  1. 食品の安全性確保に向けての対応
  2. 食品の品質管理への取り組み
  3. メーカーと流通との品質管理の取り組み

【参加規定】
■受講料(1名につき)
37,800円(36,000円+税)→ webからの申込なら35,910円(34,200円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル 2F「中会議室」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home