(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

清涼飲料水の微生物検査スキルアップ講座

迅速的確な製品・工程微生物検査から原因究明へ
コードNo. 91220
開催日 2012年9月28日(金)10:00〜16:30
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
コーディネータ 天野典英氏(サントリービジネスエキスパート株式会社)
受講料 39,900円(38,000円+税)→ Webからの申込みで37,905円(36,100円+税)
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
  • 清涼飲料水で汚染リスクの高い微生物にフォーカスし、耐熱性菌、異物識別を軸に“データ考察力”を鍛えます

  • 「無駄な検査をしない」ための適切な検査設計のあり方を示し、原因究明・再発防止への取り組みを紹介します
ここが聴きどころ!

事前に受講生の皆様に設問をお送りし予習をして戴いた上で研修に臨む本ワークショップは、お陰様で毎回大変ご好評を戴いております。
以下にご紹介する声は、昨年の受講生の感想の一部です。
「宿題は難しく大変でしたが、非常にためになり勉強になりました。」
「宿題を解いておくことで、自分の知識の足りなさやワークショップの理解度が深まりました。」
「講義を含め、楽しく学ぶことができました。平素の業務に反映することのできる非常に参考になる内容でした。」

3年目を迎える今回、講師陣を一新。本講座の生みの親の一人である天野典英氏(サントリービジネスエキスパート株式会社)のコーディネートにより、「【現場報告】お客様から信頼される食品微生物自主検査を求めて」と「微生物検査ワークショップ」の2部構成と致しました。
第1部は日本生協連 亀井俊郎氏、イオンフードサプライ株式会社 間處博子氏を講師としてお迎えし、両氏の豊富なご経験にもとづき、検査データを品質改善や品質保証にどう結びつけていくか、そのためにはどういう検査を行うべきか、等を含めた自主検査の在り方に関し、取り組みの実際とともに必須の視点を提起して戴きます。
第2部は天野氏および財団法人日本食品分析センター 馬場浩氏を指導講師として、清涼飲料において危害リスクの高い微生物にフォーカスした設問を中心に、解答と解説を交え全員参加型のワークショップを展開致します。

本講座を継続する中で、「清涼飲料の工程に不慣れで、D値、z値も未だ理解できていません。そのような状態ですが、受講しても大丈夫でしょうか。」との問い合わせを時々お受けします。これに対する天野氏のメッセージは下記の通りです。

「これまでも本講座では、清涼飲料についてほとんど知識を持っておられず、そのため設問への解答ができずに受講された方が何人もおられます。そのような方でも、本講座の特徴である「全員参加型ワークショップ」を十二分に活用され、清涼飲料の品質保証に関わる重要事項を理解してお帰りになって戴いています。 設問の内容は、清涼飲料の品質担当者としてきちんと理解しておいてほしい項目に絞り込んでいます。設問とそれに対する受講生からの様々な解答、そして個々の解答への講師陣からの解説・助言を通して、受講生の皆さんに清涼飲料の微生物品質保証について現場で活用できる知識を学んで戴けるものと考えています。」(天野典英氏より)

是非この機会に本講座を体験して戴きますよう、お勧めする次第です。

◆開催プログラム

□ 開会の辞  コーディネータ 天野 典英 氏(10:00〜10:05)

 第1部 【現場報告】お客様から信頼される食品微生物自主検査を求めて

  1. 微生物検査と試験−古典的手法〜迅速試験法−

(10:05〜11:05)
亀井 俊郎
日本生活協同組合連合会
品質保証本部
本部長スタッフ

微生物試験法は、検体と寒天培地とを混合、固化させコロニーから微生物数を推測する方法、もしくは液体培地でガスや酸を産生させる方法が主である。そのために多くの種類の培地、培養方法が開発されたが基本的な手技は昔から変わっていない。一方、遺伝子試験法の発展に伴い、原点となる生菌数や大腸菌群といった指標微生物の意義が軽んじられる傾向がある。今回のセミナーでは微生物検査の原点に立ち戻り、指標菌の考え方、微生物事故の再発防止策の構築および工程管理について紹介したい。

<休憩5分>

  1. 流通の立場から

(11:10〜12:10)
間處 博子
イオンフードサプライ株式会社
南関東センター長

食品の微生物自主検査には、精度・迅速性・簡便性・コストなど色々なことが求められます。単に検査をルーチンとして行うのではなく、何のために行う検査なのかという原点に立ち返り、検査方法、頻度を見直す必要があります。検査を行うことが目的ではなく、検査データを品質改善や品質保証にどう結びつけていくのかが重要になります。そのためには、どういう検査を行うべきなのか。その取り組み事例をご紹介させていただきます。

<12:10〜13:00 ランチブレイク>

 第2部 微生物検査ワークショップ〜解答&解説

演習指導
天野 典英
サントリービジネスエキスパート株式会社
馬場  浩
財団法人日本食品分析センター九州支所 微生物部試験室 課長
【実施要領】
  • あらかじめ設問(5問)を受講生に送付し、予習をしていただきます。
  • 設問を送る際、解答時のヒントとなる微生物の特性情報(耐熱性データ、生育温度、生育pHなど)を設問ごとに添付し、受講生の学習を助けます。
  • ワークショップ当日は、受講生に発表していただきながら、解答の道筋を組み立てていくことを主眼に丁寧に指導・解説を致します。
  • 【設問について】
    清涼飲料水全般をターゲットとし、製品でリスクのある微生物(細菌、カビ・酵母)にフォーカスし、「耐熱性菌(芽胞形成細菌、耐熱性子嚢菌など)」「異物識別」の 2点を軸に設問を用意致しました。 いずれも微生物管理上留意しなければならない内容に重点を置き、検査結果の読み取り方、原因究明の着眼点、自主検査の必須事項を様々な視点から学習し、体得いただけるよう配慮しました。
<16:00〜16:10 コーヒーブレイク>
□ 総合質疑(16:10〜16:30)

【参加規定】
■受講料(1名につき)
39,900円(38,000円+税)→ Webからの申込なら37,905円(36,100円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
40名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」 【案内図
〒162-0826 新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home