(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

食品工場における化学洗浄実践スキル
 ★改善ポイント発見講座★

コードNo. 91227
開催日 2012年12月12日(水) 10:00〜16:00
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
受講料 37,800円(36,000円+税)→ Webからの申込みで35,910円(34,200円+税)
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
現場の問題解決に奔走する福崎智司氏、伊藤日出生氏が自らの豊富な体験から得られたノウハウを伝え、改善ポイント発見のための視点を共に学習する化学洗浄実践講座!
ここが聴きどころ!

本講座は、『次亜塩素酸の科学―基礎と応用―』(米田出版 2012年)を始め数多くの著書をもち洗浄殺菌の研究者として著名な福ア智司氏(岡山県工業技術センター)と、福ア氏および兼松秀行氏(鈴鹿高等専門学校)と共同で『化学洗浄の理論と実際』(同上 2011年)を著わし、企業家として化学洗浄の現場実務に生涯をかけ取り組んできた伊藤日出生氏、そのお二人の豊富な経験・ノウハウをお伝えする実践プログラムです。

一般に製造工程とユーティリティでは担当者も異なり別の領域として扱われていますが、工場の省エネ、生産コスト削減のためには本来これらを一括して管理すべきであり、適切な化学洗浄の実施が多大な経済効果をもたらすことを本講座でお伝えします。

第1部「現場改善のための次亜塩素酸ナトリウムの最適使用法」では、不適切な使用法により設備の腐食・劣化被害が数多く発生している現状から、福ア智司氏に次亜塩素酸による洗浄力発現のメカニズムを分かりやすく解説して戴き、過不足のない最適使用法への実践ポイントを具体的に提示して戴きます。
第2部「遭遇した工場トラブル事例と化学洗浄の実際」では、「ユーティリティ施設における洗浄の怠慢が様々な障害を発生させ、多額の経済的損失をもたらしている。」との伊藤日出生氏の問題提起とともに、井戸水、給排水設備、冷凍機等における各種障害と経済損失の実態、問題解決のための化学洗浄の取り組みとそのノウハウを開示して戴きます。
最後の「スキルアップのための情報交換会」は受講生の皆様から当日頂戴する質問票にもとづき、改善ポイント発見のための視点、化学洗浄の勘所をお二人に丁寧に教示して戴く予定です。

皆様の工場で進められている自主管理強化の一環として本講座がお役に立てることを確信し、ご受講をお勧めする次第です。

◆開催プログラム

  1. 現場改善のための次亜塩素酸ナトリウムの最適使用法

(10:00〜11:40)
福崎 智司 氏 (岡山県工業技術センター研究開発部部長)

<講師略歴>
1991年広島大学大学院発酵工学科博士課程後期終了。
同年岡山県工業技術センター入所、2005年同センター食品技術グループグループ長、2009年化学・新素材グループグループ長を経て、2011年同センター研究開発部部長(工学博士)。
岡山県立大学大学院教授を兼務。現在に至る。

次亜塩素酸ナトリウムの特長は、優れた殺菌剤であることに加えて、強力な洗浄作用を持つことである。しかし、活性因子である次亜塩素酸の洗浄と殺菌のメカニズムを正しく理解して使用している現場は少ない。また、不適切な使用法により、思わぬ腐食・劣化被害が発生することも多い。本講座では、次亜塩素酸による洗浄力発現のメカニズムをわかりやすく解説し、過不足のない最適使用法への実践ポイントを解説します。
  1. 次亜塩素酸による洗浄と殺菌のメカニズムの違い
  2. 機器材質別、食品別に適した洗浄方法
  3. 拭き取り法による洗浄実践ポイントの把握
  4. 塩素系アルカリ泡沫洗浄による清浄度の改善
  5. 金属腐食およびゴム劣化のメカニズムと対策
  6. 脱次亜の動きと留意点
■Q&A (11:40〜12:00)

<ランチブレイク 12:00〜12:50>

  1. 遭遇した工場トラブル事例と化学洗浄の実際

(12:50〜14:30)
伊藤 日出生 氏 (化学洗浄アドバイザー)

<講師略歴>
1966年立命館大学理工学部化学科卒業
同年ユニオンケミカー株式会社入社
1974年日本特許情報機構入所
1984年化学洗浄創業、工業用化学洗浄剤・水処理剤製造と化学洗浄を行う。
1986年日洗科学株式会社設立、2010年会社結了後、化学洗浄アドバイザー。
給排水設備・ガス設備・水処理分野で独自のノウハウにもとづき現場の問題解決一筋に活躍中。現在に至る。

食品製造においては「冷やす」という要素および「空気の質」が極めて大事であ り、「食品工場は冷蔵庫のかたまり」とも言えます。しかし日々の活動において意外 と軽視されている面があり、そこでスケール障害やスライム障害が数多く発生し多 額の経済的損失をもたらしています。問題解決のため、化学洗浄の現場実務に生涯 をかけて取り組んできた経験とノウハウを可能な限りお伝えしたいと存じます。
  1. 化学洗浄のメリットと留意点
  2. 食品工場での井戸水の給水障害事例
  3. 魚類加工工場での解凍エビの臭気障害事例
  4. 食品工場のエアコンからの臭気障害事例
  5. 冷凍機コンデンサの洗浄事例と障害予防のための水質管理の実際
  6. (1)熱交換器の洗浄:単独洗浄方法と全体洗浄方法
    (2)洗浄後の障害予防のための水質管理
■Q&A (14:30〜14:50)

<14:50〜15:10 コーヒーブレイク>

  1. <スキルアップのための情報交換会>伝えたい化学洗浄の実務ノウハウと食品技術者への期待

(15:10〜16:00)
福崎 智司 氏  伊藤 日出生 氏 
  
受講者の皆様から頂戴した質問票に基づき、化学洗浄の実務ノウハウを丁寧にお伝えします。

【参加規定】
■受講料(1名につき)
37,800円(36,000円+税)→ Webからの申込なら35,910円(34,200円+税、テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」 【案内図
〒162-0826 新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home