(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

予測微生物学による食品の最適設計手法[第2回]

〜食品のシェルフライフ設定のための予測微生物学の活用法〜
コードNo. 91311
開催日時 2013年4月25日(木)10:00〜16:45
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
受講料 39,900円(38,000円+税)→ webからの申込みなら37,905円(36,100円+税)
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
■コーディネータ
小関 成樹
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品産業研究所
食品工学研究領域 流通工学ユニット 主任研究員




商品設計・品質保証担当者必聴
食品予測微生物学の最新の成果と課題を共有する商品開発・品質保証担当者の情報交流の場!
   →消費・賞味期限設定のためのデータベースの活用方法を更に掘り下げ、製品の品質設計効率化の実際を報告・討議します
ここが聴きどころ!

昨年4月に開催致しました第1回フォーラムは私どもが期待した以上に活発な意見交換がなされ、予測微生物学がいよいよ食品産業の実務レベルに浸透し始めたことを実感する画期的な会となりました。とくに企業の導入事例、その後の情報交換会で積極的な発言が相次ぎ、以下の言葉が強く印象に残りました。

  • これまで何度かあきらめかけたが、本日の話を聞くとうまく導入されており希望を感じた。
  • 今日の発表で、予測微生物学が省力化、意思決定の支援、工程管理のキーワードであることが分かった。
  • 予測微生物学は非加熱食品が有効なターゲット。
  • 予測微生物学を議論する場が国内に意外と無い。本日の会が非常に貴重で、是非継続して欲しい。
上記の要請に応え予測微生物学の最新知見・取り組み事例の共有を促進するため、このたび第2回フォーラムを開催する運びとなりました。

注目の食品メーカーの立場から、調味料における予測微生物学利用の実際をキユーピー株式会社 大河内美穂氏に、乳・乳製品における損傷菌の回復予測について株式会社明治 松原裕樹氏にご発表戴きます。非常に興味深い、先進的な取り組みです。
さらに、食品のシェルフライフ設定の基盤となるデータベースおよびモデル開発の現状について、この分野をリードする小関成樹氏(農研機構食品総合研究所;本フォーラムのコーディネータ)、土戸哲明氏(関西大学)、藤川 浩氏(東京農工大学)の3人の先生方にお話しを戴き、それらの活用法をお伝えする予定です。

共有に向けた私たちの議論の場が将来のコンソーシアム実現の一石となることを祈念しつつ、皆様のご参加をお待ち致しております。

◆開催プログラム

  1. MRVによる賞味期限・消費期限設定の実際

(10:00〜11:10)

小関 成樹
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所
食品工学研究領域 流通工学ユニット
主任研究員
  1. MRVでできること/できないこと
  2. 消費・賞味期限の設定根拠
  3. MRVを使った条件探索
  4. 期限設定に関わる要素の考察

<5分休憩>

  1. 微生物熱死滅データベース[再増補版]とその活用

(11:15〜12:25)
土戸 哲明
関西大学 化学生命工学部
生命・生物工学科 教授
  1. サーモキル・データベースの開発経緯
  2. サーモキル・データベース[再増補版]の概要と利用方法
  3. サーモキル・データベース[再増補版]の特徴
  4. 今後の展望
<12:25〜13:20 ランチブレイク>

  1. 食中毒菌の増殖予測モデルの活用法

(13:20〜14:30)
藤川 浩
東京農工大学 農学部
共同獣医学科 教授
  1. 増殖モデルの基礎
  2. 食品および原材料中での微生物増殖予測プログラム
  3. 増殖予測プログラムの応用と課題

<5分休憩>

  1. 調味料における予測微生物学利用の現状と今後の展開

(14:35〜15:15)
大河内 美穂
キユーピー株式会社 研究開発本部
技術研究所 食品安全研究部
微生物研究室
  1. サラダ調味料の微生物制御
  2. 予測微生物学の利用
  3. 今後の展開

<15:15〜15:30 コーヒーブレイク>

  1. 乳・乳製品における損傷菌の回復予測

(15:30〜16:10)
松原 裕樹
株式会社明治 技術開発研究所
分析技術研究部 衛生微生物G
  1. 乳・乳製品における予測微生物学の利用
  2. 予測微生物学による損傷菌の回復予測

□ 情報交換会 (16:10〜16:40)

□ まとめと課題   コーディネータ:小関 成樹 氏(16:40〜16:45)
【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
39,900円(38,000円+税)→ webからの申込みなら37,905円(36,100円+税)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home