(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

今、食の現場で何が起きているのか?
〜介護食・治療食専門の配食、産業給食、幼稚園給食の最前線と食ビジネスの行方〜

コードNo. 91318
開催日時 2013年8月6日(火)13:00〜17:30
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
受講料 26,250円(25,000円+税)→ webからの申込みなら24,937円(23,750円+税)
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
■コーディネータ
高城 孝助
女子栄養大学
フードマーケティング研究室 教授




開催のねらい
外食市場の中で約4兆円の大きなボリュームを占めているのが産業(事業所・工場)・学校・病院・高齢者施設・幼稚園・保育所等向けフード(給食)サービスの市場ですが、この市場は現在約63%が専門会社に委託化され、専門会社が委託者との契約(Contract)をベースに行うフードサービスということからContract Food Service(コントラクト・フードサービス)市場と言われています。本シンポジウムではこのコントラクト・フードサービス市場でユニークな経営戦略を展開して躍進している3社の事例を通して食ビジネスの最前線で起きていることを学んでいきたいと思います。
ここが聴きどころ!

「少子高齢化だから内需縮小」と思考停止に陥った瞬間、私たちは目の前の市場機会を自ら喪失します。
海外展開のみならず、特化した市場戦略で着実に成長する企業があります。現在、最も注目し期待されている介護食・治療食、産業(事業所・工場)給食、幼稚園給食にフォーカスし、縮小する食市場の最前線で何を見、どこに着眼して、どのような事業戦略を展開しているのか、それぞれの経営者の生の声をお伝えしたいと考え企画致しました。
各市場・業態の特性と実態を知り、成長のための新たな視点を提供するとともに、“これからのマーケット”を示唆できるものと確信しております。

本シンポジウムをオーガナイズし「激変する食市場――これから求められる食サービスとは何か」をご講演いただく高城孝助氏(女子栄養大学)は昭和56年に株式会社グリーンハウスに入社され、常務取締役・社長室長、同・開発本部長、同・海外事業開発室長、同社子会社Cini-Little-Japan代表取締役社長、Horwarth Asia Pacific Japan代表取締役社長を歴任。平成18年10月女子栄養大学教授に就任されました。事業経営の豊富なご経験にもとづき、顧客満足度を指標とする市場展開のあり方と商品開発の実際を提示していただけるものと存じます。

次に、介護食・治療食分野の“東北の雄”と言われる有限会社みやぎ保健企画で取締役セントラルキッチン事業部統括責任者を務められる吉田雄次氏に「医療・福祉・介護施設の食事サービスの革新」を主題にご講演いただきます。同社の所在地は宮城県利府町ですが、東日本大震災の折、同氏の陣頭指揮のもと1食も欠かさず契約先の病院・施設に配食し続けたことで有名です。また同社は医療法人のスタッフ全員で起業したユニークな会社で、クックチル技術を中核に、人員を増やさず売上を増やす地道な経営努力を積み重ねて今日に至っています。クックチルによる事業の創造的拡大に努められており、院外調理ビジネスを成功させた独特の仕組み作り、「3.11」の際配食に威力を発揮した災害支援ネットワークの実態、介護食のおいしさ向上への取り組み等、吉田氏でしか語れないお話しをお伺いできるものと期待しております。

さらに、わが国コントラクト・フードサービスの代表的企業、株式会社グリーンハウスの経営トップ 田沼千秋氏に進展著しいフードサービス事業の海外展開と今後の成長戦略についてお話しをいただきます。同氏は昭和50年慶応義塾大学経済学部卒業、同年野村證券株式会社入社をスタートに、昭和55年米国コーネル大学大学院ホテル経営学部を修了、翌56年株式会社グリーンハウス取締役、平成5年、創業者から経営のバトンを受け同社代表取締役社長に就任されました。活動領域は多岐にわたりますが、一貫してホスピタリティ精神にもとづく行動指針の浸透と徹底に注力され、現在コントラクトフードサービス(産業およびヘルスケア部門)、ホテルマネジメント、海外パートナーシップ、コンサルタント事業等の6つの事業分野とレストラン事業を担う株式会社グリーンハウスフーズを含め、グリーンハウスグループを束ねる最高責任者です。平成23年秋の褒章で藍綬褒章を受章されています。“日本食から活路を拓く”を切り口に、市場の着眼点と成長の仕組み、事業と顧客を見つめる暖かいまなざしを感じとっていただけるものと存じます。

最後に、「少子化」のトレンドの中、約10年間で日本一の幼稚園給食企業に育て上げたエンゼルフーズ株式会社 古賀義将社長に、その軌跡と事業への思い、経営戦略を語っていただきます。同社は現在、東京23区内の幼稚園給食部門で50%のシェアを占め、首都圏で約50,000名の幼稚園児に給食を提供しています。青山学院大学在学中教師を夢見た古賀氏が、「子供たちの幸せと教育に尽力すること」を己の使命とし、「もっとも身近で、人にとって必要不可欠な食べ物を通して命の尊厳を教えることが大切」との思いから、事業活動のみならず、ボランティアで保護者や教員、子どもたちへの食に関する講演、「キッズベルコン」と呼ばれる子どもの弁当工場体験イベントなど、精力的に活動を続けられています。それらの実績が評価され、昨年、農林水産省「優良外食産業表彰」の快適給食サービス部門で大臣賞を受賞。また、本年4月、学校法人丸島学園 城北ひまわり幼稚園の理事に就任されました。同氏の穏やかな語り口から、理想の給食を求め続ける熱い思いと市場を見つめる確かな眼を是非感じ取って下さい。

◆開催プログラム

  1. [基調講演]激変する食市場−これから求められる食サービスとは何か

(13:00〜13:30)

高城孝助
女子栄養大学
フードマーケティング研究室゙
教授
食(内・中・外食の合計)市場は平成10年の約78兆円をピークに縮小が続いている。縮小の要因の主なものは人口動態の変化(少子・高齢化、世帯構造の変化)と消費者のライフスタイルの変化(健康志向)である。今回はこのうち、高齢化の進展に焦点をあてて今後求められる食関連企業のフードとサービスについて話をしたい。

  1. 医療・福祉・介護施設の食事サービスの革新−医療・介護に特化したセントラルキッチン

(13:30〜14:40)


吉田 雄次
有限会社みやぎ保健企画
取締役 セントラルキッチン事業部統括責任者
一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会 代表理事
セントラルキッチン(CK)建設のきっかけは、法人(4病院)の給食部門損益が、20%(9千万円)近くの大赤字であった。経営だけではなく、衛生管理・献立など多くの問題が露呈した。2年間の検討の結果、『脱皮と転換そして挑戦』を合言葉に、CK建設を全給食部門スタッフで決意した。CKは10年が過ぎ、震災も経験し、制度改定などの困難を抱えながらその優位性を実証した。私たちの独自の事業展開とその実態を紹介する。

<14:40〜14:50 コーヒーブレイク>

  1. フードサービス事業の海外展開と今後の成長戦略−日本食から活路を拓く

(14:50〜16:00)

田沼 千秋
株式会社グリーンハウス
代表取締役社長
現在の国内の外食市場は23兆円と1990年以降、横ばい傾向が続き、日本の外食企業では、積極的な海外展開を行う会社も多い。また海外に3万店ある日本食レストランは、ヘルシーさと料理の美味しさから世界各地で高評価を得ている。グリーンハウスの経営戦略と海外事業戦略・日本食の魅力をテーマに外食産業の未来を予測する。


<10分休憩>

  1. 理想の幼稚園給食を求めて−未来を育てる

(16:10〜17:20)

古賀 義将
エンゼルフーズ株式会社
代表取締役社長
幼稚園の給食は、保育園の給食とは異なり必須ではなく、あまり知られていない。保育園のように施設内調理が義務付けられてなく、提供する場合の形態、実施する日数など様々である。昨今、食物アレルギーを初め、親の嗜好による偏食など、子供たちを取り巻く食生活、食環境は様々な問題を抱えている。また、衛生管理、放射能汚染の対策など、食品の安全性について危惧される要素は後を絶たない。首都圏で一日5万食を提供、地方都市に対してFC展開している、幼稚園給食のリーディングカンパニーとして、近未来の幼稚園給食の展望を考えてみたい。


□ まとめと課題   コーディネータ:高城孝助 氏(17:20〜17:30)
【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
26,250円(25,000円+税)→ webからの申込みなら24,937円(23,750円+税)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home