(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

生活習慣病予防と食の新しい形

−臨床から食品開発への4つの提案−
コードNo. 91326
開催日時 2013年10月3日(木)10:00〜16:40  ※終了後、名刺交換の時間もご用意しております(希望者のみ) 
会 場 飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
受講料 29,400円(28,000円+税)→ webからの申込みなら27,930円(26,600円+税)
お申込
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
■主 催
食と健康国際プロジェクト



■コーディネータ
高田 明和
浜松医科大学名誉教授
医学博士




開催のねらい
近年の臨床栄養分野の画期的な話題は、米国臨床化学会で動脈硬化の優れた研究に贈られる「ZAK賞」を日本人として初めて受賞された中嶋克行博士による、超悪玉コレステロール「レムナント」の発見だろうと思います。今回のセミナーでは中嶋博士を特別にお招きし、レムナントの増加と食事との関わりを明らかにして戴きます。
さらに、栄養と生活面を重視する心臓リハビリテーション分野の気鋭の医師 木庭新治博士、生活習慣病患者の味覚と糖尿病食に関する研究で注目される高尾哲也博士にご参画を戴き、最前線のお話とともに今後の食品開発のあり方に関し意見交換をする予定です。
食と健康をめぐり多くの誤解や知られざる要因が存在します。私たちはこれらを最新の科学的データとエビデンスに基づき正していきたいと考え本セミナーを企画致しました。
コーディネータ  高田 明和
ここが聴きどころ!

「食と健康をめぐり多くの誤解や知られざる要因が存在します。」――本セミナーを主宰する「食と健康国際プロジェクト」代表 高田明和博士(浜松医科大学名誉教授)の問題意識にもとづき、気鋭の研究者、医師が生活習慣病予防のための食の関わりを見直そうと新たな取り組みを開始しています。
今回の研究会は本プロジェクトの活動の一環であり、冒頭の高田博士による「Key Note」 の後、動脈硬化、糖尿病、心血管疾患にフォーカスし、臨床の最前線から疾病への食べ物の影響を実地に確認したお話しと最新のエビデンスをご紹介戴きます。

「超悪玉コレステロール“レムナント”」についてご講演を戴く中嶋克行博士(群馬大学大学院保健学研究科 客員教授)は、全く新しい考え方と測定方法で食事後に増加する中性脂肪と心臓病との関係を解明した功績が国際的に評価され、米国臨床化学会で動脈硬化の優れた研究に贈られる「ZAK賞」を日本人として初めて受賞されました。同氏は2009年にも国際動脈硬化学会賞を受けられています。どのような食事がレムナントを増やさないか、同氏の研究成果を公開して戴く予定です。

「糖尿病食のストラテジー」をお話し戴く高尾哲也博士(昭和女子大学生活科学部 教授)は、「糖尿病の味覚受容体hTAS2Rs発現への影響」(日本味と匂学会、2011年)を初め、疾病と味覚との関わりを解明する数多くの論文を発表し注目されています。長年にわたる糖尿病患者の味覚への食事摂取の影響調査にもとづき、味覚受容体が壊れている糖尿病患者の実態、QOL向上のための糖尿病食への新しいアプローチをご講演戴きます。

「心血管疾患予防・治療の新しいストラテジー」を公開して戴く木庭新治博士(昭和大学医学部 講師)は、栄養と生活面を重視する医学の新領域「心臓リハビリテーション」分野を精力的に開拓する気鋭の医師です。同氏は「実家のある場所では三代。詳しく調べると十数代続く医者の家系」とのことで、“循環器内科のジェネラリスト”を目指されています。今回の講演では、日々外来で患者と接し治療と予防に取り組まれている最前線の声と臨床知見をお伝え戴く予定です。

それぞれの立場から「本当に今までの病気と食べ物の認識は正しいのか」を問いかけ、企業の皆様の今後の食品開発に多くの示唆を提供して戴くことが本研究会の狙いです。 是非ご参加戴き、その成果を共有して戴ければ幸いです。

◆開催プログラム

  1. [Key Note]食べものをめぐる誤解を解く

(10:00〜11:10)

高田 明和
浜松医科大学 名誉教授
医学博士
  1. 科学的データが明らかにする栄養をめぐる様々な誤解
  2. サプリメント開発の際に留意すべきこと
  3. 今後の食品開発に向けて
 

<5分休憩>

  1. 健康因子発見のための新しい測定法への招待
    −超悪玉コレステロール「レムナント」が語る、食の健康への影響

(11:15〜12:25)
中嶋 克行
群馬大学大学院 保健学研究科
客員教授・医学博士
有限会社中嶋アソシエイツ
代表取締役
  1. レムナントとは血中に流れる超悪玉コレステロール
  2. 食事の種類によって血中に増えてくるリポタンパク
  3. レムナントが増えると動脈硬化や心筋梗塞を起こす
  4. どのような食事がレムナントを増やさないか?
  5. 運動によって減らすことができるのか?
<12:25〜13:15 ランチブレイク>

  1. 生活習慣病患者の味覚と食
    −糖尿病食への新しいアプローチ

(13:15〜14:25)
高尾 哲也
昭和女子大学 生活科学部
健康デザイン学科
教授・農学博士
  1. 味覚の評価
  2. 糖尿病の状況
  3. 糖尿病患者の味覚
  4. 糖尿病食へのアプローチ

<5分休憩>

  1. 心血管疾患予防・治療の新しいストラテジー
    −心臓リハビリテーションにおける栄養の意義と課題

(14:30〜15:40)
木庭 新治
昭和大学 医学部
内科学講座 循環器内科学部門
講師・医学博士
  1. 心臓リハビリテーションのエビデンス
  2. 食後の代謝異常と動脈硬化性疾患
  3. 心臓病の再発予防における食生活の介入効果
  4. 心疾患と食生活 現状の課題と将来展望

<15:40〜16:00 コーヒーブレイク・懇談>

    [総合質疑&意見交換]

(16:00〜16:40)

座 長  高田 明和


【参加規定】
■ 受講料(1名につき)
29,400円(28,000円+税)→ webからの申込みなら27,930円(26,600円+税)
■ 定員
60名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
飯田橋レインボービル「中会議室」【案内図
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11  電話 03(3260)4791

【申込方法・その他】
  • 下の「参加申込」より、必要事項をフォーム内に記入の上、お申込みください。
    折り返し受講証と請求書をお送り致しますので、一週間以内に受講証が届かない場合はご連絡下さい。受講証は当日受付にご提示下さい。
  • 先着順に定員に達し次第締め切らせていただきますので、申し込みはお早目にお願い致します。
  • キャンセルは開催日3日前までに必ずご連絡をお願いします。それ以外での受講料の払い戻しは致しません。
  • 開催日までに入金が無くご欠席されても、事前にキャンセルのご連絡を受けていない場合は受講料を全額申し受けます。
  • 申込者の都合が悪くなった場合は、代理の方の出席をお願い致します。
  • 講演中の録音・録画・写真撮影は固くお断り致します。

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home