(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
◆世界に通用する食品微生物制御の新しい考え方◆

2018年度 微生物試験法の妥当性確認 実務者講習会

〜工程管理に合わせた微生物試験法の選択指針〜
コードNo. 91807
開催日 2018年3月7日(水)10:00〜17:30
会 場 連合会館「201会議室」【案内図
受講料 38,000円+消費税→ webからの申込なら5%OFF 36,100円+消費税
お申込み
セミナー参加申込のお手続きはこちらから
パンフレット
但し、Adobe Readerのインストール(無料)が必要です。お持ちでない方は、ここからダウンロードできます。
このセミナーの開催履歴
主催:食品産業戦略研究所
本講座のねらい
食品衛生の考え方が大きく変化し、旧来の公定法による検査から、妥当性確認された簡便法による工程管理の時代に移行した。妥当性確認はもはや当然であり、目的に合わせた試験法の選び方に課題がシフトしている。最新の行政動向と多様化する微生物試験に対応した検査法選択の考え方を示して、HACCP管理の推進と業界の意識改革の一助としたい。
2018年度 ここが聴きどころ!

国際整合性を考慮した微生物検査の標準化に向け、長年にわたり先頭で尽力されてきた五十君静信先生(東京農業大学)の情熱溢れる講義で大好評の本講習会。HACCP義務化を目前に、最新の行政動向と世界的要請に対応した必聴の2018年度実務者講習会です。

第8回を迎える今回、引き続き「工程管理に合わせた微生物試験法の選択指針」を主題に、先ず第1講「微生物試験法をめぐる行政動向と妥当性確認の重要性」で、最新の行政情報を織り交ぜながら世界に通用する微生物試験データの出し方を分かりやすく解説して戴きます。
「妥当性確認はもはや当然であり、目的に合わせた試験法の選び方に課題がシフトしている」との認識にもとづき、第2講「工程管理に合わせた微生物試験法の選択と自主検査での活用事例」で検査法の選択指針、HACCPにおける自主検査の考え方を提示して戴きます。「とても具体的で他では聞けない話」「自主検査をするにあたり、新しい製品、今まで作ったことがないものを扱う時の何をどう確認するのかというところの参考になりました。」(前回の受講生の声)など、お蔭様で大変好評です。

五十君先生の上記のお話を受け、第3講「微生物試験法の選定と導入に伴う検証・整備」を実務のエキスパート 諸藤 圭先生(日本食品分析センター)に詳細に解説して戴きます。ご受講戴く食品メーカーの皆様に最も身近なお話で、「自社でも迅速簡便法導入の意見があるなか、どのような検証を行えばよいのか悩んでいたので、とても参考になった。」との感想を初め、共感と絶賛の声が多数寄せられています。

なお、第2講、第3講は前回より講義時間をそれぞれ10分プラスし、より深く解説して戴きます。また本講座は実務解説とともに質疑応答を重視し、無記名の質問票を利用して担当者の日頃の悩みにお応えします。総合質疑の時間を十分確保するため、終了時刻を30分繰り下げました。
急速に進展する食品産業のグローバル化を支える品質保証の担い手として皆様がご活躍されることを期待し、HACCP管理と業界の意識改革を推進する本講座に是非ご参加されることをお勧めする次第です。

◆開催プログラム

  1. 微生物試験法をめぐる行政動向と妥当性確認の重要性

(10:00〜12:00)
五十君 靜信
東京農業大学 応用生物科学部
生物応用化学科 微生物学研究室
教授
  1. 微生物試験法を取り巻く国際情勢と国際整合性の重要性
  2. 食品衛生行政の最新動向
  3. 国内における食品の微生物規格基準と試験法の動向
  4. バリデーションとベリフィケーションの違い
  5. <12:00〜12:50 ランチブレイク>

  1. 工程管理に合わせた微生物試験法の選択と自主検査での考え方

(12:50〜14:00)
五十君 靜信
東京農業大学 応用生物科学部
生物応用化学科 微生物学研究室
教授
  1. 工程管理に合わせた微生物試験法の選択指針
  2. HACCPにおける自主検査の活用事例
<休憩10分>

  1. 微生物試験法の選定と導入に伴う検証・整備

(14:10〜16:10)
諸藤 圭
一般財団法人日本食品分析センター 東京本部
微生物部 微生物試験課
課長
  1. 微生物試験法の分類と選定のポイント
  2. 新規試験法導入時の検証
  3. 試験手順の整備
  4. <16:10〜16:30 コーヒーブレイク/質問票回収>

 総合質疑

(16:30〜17:30)
※当日受講生の皆様から頂戴する質問票をもとに、実務上の課題をさらに掘り下げて回答します。

【参加規定】
■受講料(1名につき)
38,000円+消費税 → webからの申込なら36,100円+消費税(テキスト代・昼食代・コーヒー代を含む。)
■定員
50名(定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。)
■会場
連合会館2F「201会議室」 【案内図
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11  電話 03(3253)1771

【申込方法・その他】

セミナー参加申込画面へ このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home