(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第1回]食品ハザード対策研究会
焦点:HACCPに対応した洗浄殺菌システム構築・運用のノウハウ

【コードNO】9622
【開催日】1996年8月29日(木)9:30〜16:30
【会 場】東京ガーデンパレス「須磨」
【受講料】45,150円(43,000円+税)
セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 HomePageへ

企画幹事
横山 理雄 氏 石川県農業短期大学 食品科学科 教授
日佐 和夫 氏 イカリ消毒(株)西日本事業本部 CLT研究所 所長
 
企画:食品産業戦略研究所

Prerequisite Program(PP)の最重要課題!
食品製造現場で求められる「一般的衛生管理要件」の必須事項と運用のノウハウを集中討議する第1回研究会


◆開催プログラム 1996年8月29日(木)9:30〜16:30

  1. HACCPに対応した洗浄殺菌システム構築の具体的進め方とノウハウ

(9:30〜11:00)
日佐 和夫
イカリ消毒(株)西日本事業本部 CLT研究所 所長
  1. PL対策の中の危害(微生物及び異物)防止対策としての洗浄殺菌の意義
  2. HACCPシステムの中での洗浄殺菌のレベル評価とマニュアル化
    2.1 洗浄殺菌のレベル評価の根拠(科学的、コスト的、効果的、作業的)
    2.2 洗浄殺菌マニュアル作成準備のための予備的調査
    2.3 現状の食品製造現場で実施している洗浄殺菌方法の調査
    2.4 現行方法とそのマニュアルの比較検討と新規マニュアルの作成方法
    2.5 洗浄殺菌の評価方法(効果判定方法)
  3. 洗浄殺菌システムとHACCPシステムとの整合性の検証

  1. バイオフィルム産生を防除する洗浄殺菌技術の最近の知見

(11:00〜12:00)
木村 凡
東京水産大学 食品生産学科 助教授
  1. バイオフィルムとは
  2. バイオフィルムのできやすい環境
  3. バイオフィルム形成プロセス
  4. バイオフィルムと殺菌
    <12:00〜12:50 ランチブレイク>

  1. 洗浄殺菌剤の効果的選択と利用技術

(12:50〜13:50)
井上 哲秀
理工協産(株)技術部 部長
  1. 汚れの除去機構
  2. 洗浄殺菌剤の特性と利用法
  3. 洗浄方式の選択と洗浄評価

  1. HACCP/PPに対応した食品製造現場の洗浄殺菌システム(1)―乳製品の実際と留意点

(13:50〜15:05)
小原 勝義
雪印乳業(株)乳食品生産部 乳製品技術課 主任
  1. 乳製品(主にチーズ)製造工程の概要
    1.1 チーズの製造工程
    1.2 製造機器類
  2. 洗浄と殺菌の実態
    2.1 洗浄方法
    2.2 殺菌方法
    2.3 洗浄と殺菌の効果判定方法
  3. HACCPを導入した作業の標準化
    <15:05〜15:15 コーヒーブレイク>

  1. HACCP/PPに対応した食品製造現場の洗浄殺菌システム(2)―食肉製品の実際と留意点

(15:15〜16:30)
藤間 能之
藤間技術士事務所 所長
  1. 食肉製品のHAZARD
  2. 重要管理点(CCP)
  3. 管理基準(CI)
  4. モニタリングシステム
  5. 現場での問題点

セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home