(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第3回]健康長寿食品開発フォーラム
焦点:迫り来る21世紀高齢化社会への対応:成功する食品開発の指標と「機能性」の新しいアプローチ

【コードNO】9707
【開催日】1997年3月18日(火)
【会 場】東京ガーデンパレス
【受講料】45,150円 (43,000円+税)
セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 HomePageへ
コーディネータ
木村 修一 氏 昭和女子大学大学院 生活機構研究科 教授
富田 勉 氏 食問題研究家

「機能性食品」の問題点を根底から洗い直し、予測される国際的規制に対応した新しい食品開発の指標を提示する


◆開催プログラム 1997年3月18日(火)9時30分〜16時50分

  1. いま求められる「食品の機能」とは何か

(9:30〜10:45)
木村 修一
昭和女子大学大学院 生活機構研究科 教授
  1. わが国の「特定保健用食品」誕生のもつ意味
  2. 世界的傾向「食品機能への期待」の背景
  3. いわゆる「機能性食品」のあるべき姿
  4. いま求められている「食品機能」とその将来像

  1. 植物性成分の機能評価をめぐる諸問題

(10:45〜12:00)
大澤 俊彦
名古屋大学 農学部応用生物科学科 教授
  1. 「デザイナーフーズ」と「機能性食品」
  2. 老年病と酸化ストレス
  3. 「老年病マーカー」による機能評価
  4. 抗酸化物質の役割
  5. 「老年病予防食品」開発への応用
<12:00〜12:50 ランチブレイク>

  1. オリゴ糖の機能と有効性をめぐる諸問題

(12:50〜14:05)
奥 恒行
東京大学 医学部健康科学・看護学科 講師
  1. 難消化性オリゴ糖の代謝的特徴
  2. 発酵・吸収されるオリゴ糖のエネルギー量
  3. オリゴ糖の機能性
  4. 難消化性オリゴ糖の副作用

  1. 欧米の機能性食品の現状と開発動向

(14:05〜15:20)
富田 勉
食問題研究家
    ヘルシー&ナチュラルは、欧米・オーストラリア・ニュージーランドなど、先進国に共通の「健康潮流」のキーワードである。
  1. ヘルシー、ナチュラルのコンセプトと着眼点
  2. 米国におけるヘルシー&ナチュラル食品の動向
  3. 欧州におけるヘルシー&ナチュラル食品の動向
  4. ビタミン、ミネラルとCODEX
<15:20〜15:35 コーヒーブレイク>

  1. 特定保健用食品の課題と展望

(15:35〜16:50)
中川 邦男
(財)日本健康・栄養食品協会 特定保健用食品部長
  1. 特定保健用食品制度
  2. 特定保健用食品の現状
  3. 特定保健用食品の課題
  4. 特定保健用食品の今後の展望

このページの先頭へ このセミナーの開催履歴
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home