(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

'99新殺菌工学緊急フォーラム
食品別O-157/サルモネラ対策の最前線

【コードNO】9901
【開催日】1999年1月22日(金)9:30〜16:30
【会 場】科学技術館
【受講料】45,150円(43,000円+税)
セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 HomePageへ

コーディネータ
高野 光男  氏 大阪大学 名誉教授
横山 理雄  氏 神奈川大学 理学部応用生物科学科 講師

安全管理体制の強化が迫られる食品業界にとって、最も緊急を要する0-157/サルモネラ対策の最新事例とノウハウを、イクラ・卵製品・食肉・食肉製品等、対象食品別に詳細に検討する!


◆開催プログラム 1999年1月22日(金)9:30〜16:30

□ オープニング・スピーチ   コーディネータ 高野 光男 氏(9:30〜9:50)

  1. 0-157/サルモネラに対する新しい殺菌技術

(9:50〜10:50)
横山 理雄
神奈川大学 理学部応用生物科学科 講師
  1. 有機酸、次亜塩素酸ソーダとオゾン水による殺菌
  2. 紫外線・放射線装置による物理的殺菌
  3. 加熱殺菌を主体とした無菌化技術
  4. 食中毒菌に対する新しい殺菌装置と殺菌技術

  1. 食品別0-157/サルモネラ/微生物対策の最前線

2.1 イクラ(醤油漬け)の0-157対策(10:50〜12:00)

西出 亨
キリンエンジニアリング(株)食品製造コンサルタント
  1. イクラ(醤油漬け)O-157事件対策
  2. イクラ類の加工方法
  3. 今後の対策について
    <12:00〜12:50 ランチブレイク>

2.2 卵製品のサルモネラ対策(12:50〜14:00)

今井 忠平
(株)カナエフーズ 顧問
  1. わが国におけるサルモネラ食中毒の経緯
  2. 鶏卵のサルモネラ汚染状況
  3. 調理・加工と関連のあるサルモネラの性質
  4. 個々の最終食品(料理)におけるサルモネラ防除対策

2.3 食肉・食肉製品の食中毒と腐敗菌対策(14:00〜15:10)

新村 裕
(社)日本食肉加工協会 理事・検査所長
  1. 食品衛生法の食肉製品規格基準について
  2. HACCPによる細菌対策と規格基準について
    <15:10〜15:20 コーヒーブレイク>

2.4 カット野菜の微生物対策(15:20〜16:30)

太田 英明
中村学園大学 家政学部食物栄養科 教授
  1. カット野菜とは
  2. カット野菜の変質要因
  3. 品質に影響する加工上の因子
  4. 品質に影響する流通上の因子
  5. 品質保持を前提にした微生物対策
    5.1 施設・設備および作業員の対策
    5.2 汚染菌の指標
    5.3 衛生上の対策
    5.4 HACCPによるカット野菜の微生物対策
    5.5 菌数の低減化

セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 このページの先頭へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home