(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第3回]外食産業・中食産業研究フォーラム
外食産業が推進するオーガニック食材革命

【コードNO】9918
【開催日】1999年4月27日(火)9:45〜16:00
【会 場】日本教育会館「703号室」
【受講料】45,150円 (43,000円+税)
セミナー案内へ このセミナーの開催履歴 HomePageへ

コーディネータ
茂木 信太郎 氏 信州大学 経済学部 教授

【開催の狙い】

 オーガニック・有機農産物と食品は、世界の先進市場で急速に拡大しつつあります。
 日本でオーガニック・有機食材の需要を創り出し、積極的な産業サイドへの働きかけをしてきたのは外食チェーンです。 外食チェーンもまた、これらの食材を活用することで、消費者の支持を一層高めております。
 第3回研究会では、外食チェーンでの取り組みの実際と生産サイドの問題、そして認証制度や今後の課題など、オーガニック・有機食材の真の姿と効用を描き出したいと思います。


◆ 開催プログラム 1999年4月27日(火)9:45〜16:00

■ 開催の辞 『オーガニック・有機食材革命をどの様に捉えるか』(9:45〜10:00)

茂木 信太郎 氏 信州大学 経済学部 教授

  1. 外食ビジネスにおけるオーガニック有機食材革命の実際

(10:00〜10:40)
新村 直子
日経BP社「日経レストラン」副編集長

  1. 検査・認証制度をめぐる諸問題と今後の見通し

(10:40〜12:00)
塙 章
ICS(インターナショナル サーティフィケーション サービス)日本事務所 代表

  1. 生産供給サイドからみたオーガニック有機食材需要の特徴と課題

(11:30〜12:20)
下山 久信
山武郡市農業協同組合 睦岡支所長
<12:20〜13:20 ランチブレイク>

  1. モスフードサービスの安全・健康な食材への取組みと今後の商品戦略

(13:20〜14:20)
二瓶 光夫
(株)モスフードサービス 取締役商品本部長
<14:20〜14:30 コーヒーブレイク>

  1. 外食産業と生産者の合作時代・有機農産物と遺伝子組換食品の方向―オーガニックレストラン「濱町」・居酒屋「北海道」が切り開くこれからの外食産業

(14:30〜15:30)
武内 智
(株)平成フードサービス 取締役副社長

  1. [総括]オーガニック有機市場拡大を支える外食産業の位置と今後の役割

(15:30〜16:00)
茂木 信太郎
信州大学 経済学部 教授

このページの先頭へ このセミナーの開催履歴
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home