(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home

[第2回]食品バイオフィルム対策講座
ライン/設備洗浄の適正化・効率化への最新アプローチ


【開催日】1999年8月24日(火)
【会 場】後楽園会館「第1・2会議室」

食品工場における微生物管理のあり方に新たな視点が導入されようとしている。本講座は、バイオフィルム研究に先進的に取り組まれている第一線担当者を講師としてお迎えし、 最新の成果と実務ポイントを平易に解説して戴く。同時に、講師と食品工場担当者とのフランクな対話を通して、食品の品質・衛生管理の高度化を実現する革新的な手法を示唆するものである。


Top Pageへ] [セミナー開催履歴へ] [関連書籍:『バイオフィルム−その生成メカニズムと防止のサイエンス』
◆開催プログラム 1999年8月24日(火)10時00分〜16時00分

  1. ライン洗浄最適化の基礎情報:有機物付着・除去のメカニズムと今後の洗浄方式

(10:00〜11:30)
中西 一弘 
岡山大学 工学部生物機能工学科 教授
  1. 食品工業における洗浄の目的
  2. 食品工業における汚れの特色
  3. 汚れの付着と脱離の平衡論的取り扱い
  4. 洗浄の速度論的取り扱い
  5. 食品工業における洗浄の特徴
  6. 洗浄の効率化
    <11:30〜12:20  ランチブレイク>

  1. 乳・乳製品製造時に発生するバイオフィルムとその管理法

(12:20〜13:40)
亀井 俊郎 
明治乳業(株)品質保証部 部長
  1. 乳・乳製品製造におけるバイオフィルム
  2. バイオフィルム除去のための洗浄方法
  3. バイオフィルムの殺菌方法
  4. バイオフィルムの評価方法

  1. 食品工場の設備洗浄とその効率化:殺菌洗浄技術の視点から

(13:40〜14:40)
山沢 進
花王(株)化学品研究所第4研究室 グループリーダー
  1. 洗浄対象・環境実態の解析と課題の明確化(床環境、用具類、作業者)
  2. 殺菌洗浄技術の効率化
    2.1 基本的な考え方
    2.2 薬剤の基礎知識
    (1) 洗浄剤(洗浄基剤、メカニズム)
    (2) 殺菌剤(種類と特徴、用途)
    2.3 目的に対応した薬剤の選択
  3. 応用例
  4. 今後の課題
    <14:40〜15:00 コーヒーブレイク>

  1. 今後食品工場で求められる洗浄の評価方法

(15:00〜16:00)
藤田 八束 
(有)藤田企画 代表取締役
  1. HACCP導入にあたっての洗浄殺菌方法の検討手順とそのポイント
  2. 食品業界別洗浄・殺菌の目的と意義
  3. 洗浄・殺菌の手段を衛生管理に応用するのに必要な基本的考え方と応用性
  4. 洗浄・殺菌の効率化とその評価方法
  5. 洗浄・殺菌の経済性からの評価方法
  6. 洗浄・殺菌の評価を利益改善手段として考える方法


この頁の先頭へ] [セミナー開催履歴へ] [関連書籍:『バイオフィルム−その生成メカニズムと防止のサイエンス』
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home