(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
2003年度セミナー情報
インターネットからのセミナー申込には5%割引価格(一部除く)を適用させて戴いております
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

ナノ粒子の創製と食品へのニューアプリ 【開催日】12月2日(火)
食・医・香の新市場を切り開く最先端キーテクノロジー
農林水産省「生物機能の革新的利用のためのナノ・テクノロジー・材料技術の開発」プロジェクトの成果にもとづき、生体にやさしい食・医・香の高機能・高付加価値製品開発のキーテクノロジーを一堂に!
【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】後楽園会館
[第3回]中食市場研究会 【開催日】12月4日(木)
変わる中食市場の主戦場 ― 中食市場で成功する商品開発と売り方の秘訣 【受講料】\28,000→5%割引\26,600
【会  場】後楽園会館
低温下で今後問題となる食品微生物の挙動と対策 【開催日】12月5日(金)
汚染の実態と制御・検出のノウハウ
低温域下にフォーカスし、今後顕在化するVNC問題を初めリステリア・有害乳酸菌・低温腐敗細菌の低温発育性と汚染実態、検出法、新しい管理基準を集中討議します。
【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】後楽園会館
[第5回]食品環境対策研究会
飼料利用に向けた未低利用バイオマス資源の探索と有効利用−食品リサイクルの第二ステージへ
【開催日】11月18日(火)
政府が関係省庁を総動員して推進している「バイオマス・ニッポン総合戦略」
既存の食品リサイクルの壁を突破し「食」と「農」再生を実現する事業経営の視点、求められる技術開発と取り組みの実態を集中講義
【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】後楽園会館
食品異物対策シンポジウム[九州2003] 【開催日】11月20日(木)
統一主題−拡大する消費者の不安−今後益々重要になってくる原材料調達問題と顧客満足への対応策 【受講料】\20,000
【会  場】アクロス福岡
食品トレーサビリティシステムシンポジウム2003 【開催日】11月27日(木)
実効あるシステムを導入するために
実践して見えてきたトレーサビリティ導入の課題と対応策
【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】後楽園会館
[第18回]環境対応実装技術フォーラム
前倒しが進む大手電機メーカのグリーン調達と環境経営の最前線
【開催日】11月28日(金)
海外の規制を先取りし有害化学物質を代替品に切り替える電機メーカの実態、その最先端の取り組みと今後求められる対策技術を実践討議します。
講師変更:5.横尾 豊 氏(島津製作所)から舛田 哲也 氏(島津製作所)に変更させて戴きます
【受講料】\46,000→5%割引\43,700
【会  場】後楽園会館
食感性工学シンポジウム2003 【開催日】10月10日(金)
おいしさの探求から統合的商品開発・生産へ!− 五感コミュニケーションと消費者起点工学の新しい展開
相良泰行氏の肩書に誤りがありました。パンフレット等では助教授となっておりますが、正しくは教授となります。お詫びするとともに訂正致します。
【受講料】\36,000→5%割引\34,200
【会  場】後楽園会館
EMC技術フォーラム[特別公開セミナー]
自動車の電子化とEMC
【開催日】10月21日(火)
車の情報・ネットワーク化で拡がる新市場
わが国トップメーカを講師にお招きし、新しいビジネスモデルで躍進するカーエレクトロニクスの最新状況と今後予測されるEMCの諸問題を討議する画期的フォーラム
【受講料】\45,000→5%割引\42,750
【会  場】自動車会館
食品異物対策シンポジウム[東京2003] 【開催日】10月24日(金)
異物対策の原点=「5S」の新たな取り組みと現場の効果的な標準化 −食品安全基本法に応える安全・安心の具体的活動 【受講料】\28,000→5%割引\26,600
【会  場】後楽園会館
日本食品技術アカデミー第18回講座
食品の微生物的安全性確保のための予測モデリングとソフト開発の現況
【開催日】10月27日(月)
国際予測食品モデリング会議の内容を含め、特に殺菌を中心に、予測モデリングとソフト開発の現況について概説を試み、 その応用への課題と将来の可能性について議論の場を提供 【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】後楽園会館
食品バイオフィルム対策研究会2003−ここまできた、バイオフィルムの効果的除去と対策 【開催日】9月12日(金)
重要危害要因としての点検が急がれるバイオフィルム対策にフォーカスし、着実に解明が進む食材の表面形状と付着実態・構造解析の実際・バイオフィルムの効果的除去等、 現場に不可欠な最新情報とノウハウを集中討議 【受講料】\36,000→5%割引\34,200
【会  場】後楽園会館
[第2回]食品安全経営者会議 【開催日】9月18日(木)
  1. 「食品企業の社会的責任」をめぐるこれからの課題
  2. 食品の安全は自らの手で
  3. 「公益通報者保護制度」をめぐる内外の動き
  4. 食品リスクコミュニケーションの戦略と手法
【受講料】\36,000→5%割引\34,200
【会  場】後楽園会館
カット野菜の生産・事業推進シンポジウム 【開催日】9月19日(金)
生産・流通の最新情報/関心が高まる原料野菜調達システム/カット野菜のおいしさ向上/切断方法と品質保持を初め、カット野菜事業・生産加工の最重要課題を集中討議 【受講料】\36,000→5%割引\34,200
【会  場】後楽園会館
[第2期]主任微生物管理者講座【現場応用コース】 【開催日】8月28日(木)・29日(金)
“最新の微生物殺菌・除菌システムの現場運用法と安全確認のノウハウ”を主題として、食品の安全を確保するための実践的な管理手法を、 HACCP対応工場の施設計画、現実のフードシステムおよび加工工程に即して詳細に検討する。さらに、専任エキスパートとして必要なリスクマネジメントの力を養うための学習プログラムを用意致しました。
講師変更:第6講座 一色賢司 氏から宮本敬久 氏に変更させていただきます。
【受講料】\60,000→5%割引\57,000
【会  場】自動車会館
日本食品技術アカデミー第17回講座
ポストゲノム時代の食品および食品有用微生物の評価技術
【開催日】7月16日(水)
網羅的解析やPCR技術など、いわゆるポストゲノム時代の手法がいろいろな場面で利用されようとしてます。これらの手法が食品の品質評価や食品微生物の評価に如何に使われようとしているかを講義して戴きます。 【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】後楽園会館
[第2期]主任微生物管理者講座【実践基礎コース】 【開催日】7月17日(木)・18日(金)
“主任微生物管理者に必須の食品安全の基礎知識”を主題として、衛生微生物の生態・挙動と増殖/死滅のメカニズム、汚れの生成メカニズムを知り、 微生物制御の基礎をマスターする。同時に、予測微生物学およびリスクアセスメントの考え方を学び、次の現場応用のための科学的見方を養うための学習プログラムを用意致しました。 【受講料】\60,000→5%割引\57,000
【会  場】自動車会館
[第2回]中食市場研究会 − メーカーは中食マーケットの要求にどう対応すべきか 【開催日】6月6日(金)
メーカーの皆様に“中食マーケットをより理解して戴く”ことを狙いとした第2回目の研究会 【受講料】\28,000→5%割引\26,600
【会  場】後楽園会館
食品の洗浄殺菌実践講座 【開催日】6月12日(木)
洗浄殺菌のエキスパート養成を目指した厳選したカリキュラム・実践ノウハウの伝授
HACCP対応先進工場の視察による実地研修(SARS予防のための緊急措置として工場見学は中止とさせていただきます。
【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】全共連ビル
米飯食品ビジネス2003 【開催日】5月16日(金)
加工適正と機能性に優れた新品種・食味推定の最新技術・トレーサビリティ無菌米飯の開発、さらに直面する安全性の諸問題を集中討議します 【受講料】\38,000→5%割引\36,100
【会  場】飯田橋レインボービル
[第17回]環境対応実装技術フォーラム 【開催日】5月21日(水)
量産ラインで流れ初めて明らかになってきた鉛フリー実装の生産技術上の問題点 【受講料】\46,000→5%割引\43,700
【会  場】自動車会館
食品の無菌包装システム2003 【開催日】5月23日(金)
拡大するアセプティックテクノロジーと応用製品の市場実態 − おいしさと栄養性・安全確保の実現により、導入が加速する無菌包装の最先端技術を紹介 【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】飯田橋レインボービル
新食感フォーラム2003 【開催日】4月11日(金)
多様な食感への挑戦!最新の評価技術・新素材・製品開発の話題を提供し、顧客満足と市場創造に向けた今後の商品開発戦略を集中討議します 【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】全共連ビル
カット野菜・果実の安全性シンポジウム 【開催日】4月18日(金)
安全で安心なカット青果物を製造・流通するために
 1.米国に学ぶ、カット青果物産業の微生物的安全対策
 2.安全で高品質なカット青果物の提供を目指して
 3.加工現場における微生物危害と安全性対策
 4.残留農薬の迅速分析と安全性対策
 5.青果物のトレーサビリティシステムと安全性対策
【受講料】¥20,000
【会  場】千里ライフサイエンスセンター
日本食品技術アカデミー第16回講座
食品開発における氷晶のマニピュレーション
【開催日】4月25日(金)
氷晶のマニピュレーションに焦点を絞り、氷核生成や氷晶成長に関する基礎的理解を実際の食品開発にどのように結びつけていくか、そのポイントとなる 凍結戦略について解説する 【受講料】\36,000→5%割引\34,200
【会  場】後楽園会館
大きく変わる食品の規格基準 【開催日】3月18日(火)
安全性規制の最新動向と当面する実務課題
食品アレルギー表示と検査法。食品添加物規制、残留農薬規制、動物医薬品残留規制の動向と実務課題について
【受講料】\40,000→5%割引\38,000
【会  場】飯田橋レインボービル
食品異物対策シンポジウム[関西2003] 【開催日】2月5日(水)
根絶に向けた異物事故の取り組みと安全確認の実際 【受講料】¥20,000(特別普及価格のため割引サービスはありません)
【会  場】千里ライフサイエンスホール
容器包装リサイクルにどう取り組むか? 【開催日】2月20日(木)
罰則規定で注目される「識別表示」対策の実務課題 【受講料】\25,000→5%割引\23,750
【会  場】自動車会館
おいしさ創造研究会総括シンポジウム − おいしさ創造への新たな挑戦 【開催日】2月26日(水)
メニュー開発、商品開発の視点など“飽きない味”とは、“おふくろの味”を含め、これからのおいしさ創造への課題を追求していきます。 【受講料】\35,000→5%割引\33,250
【会  場】主婦会館
食品の高機能化を実現する超臨界流対の実用化技術の現状 【開催日】1月28日(火)
安全性と生理活性に優れ生体にやさしい高機能食品の開発 − 超臨界CO2抽出技術が導入されつつある。注目の先端テクノロジー実用化の現況と今後の応用の可能性を探る 【受講料】\38,000→5%割引\36,100
【会  場】後楽園会館


図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home