(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
2005年度セミナー情報
インターネットからのセミナー申込には5%割引価格(一部除く)を適用させて戴いております

2005年12月開催

食品高機能化のための微細分散科学応用シンポジウム
【 N O 】90523
【開催日】12月2日(金)
【受講料】割引価格¥35,910
健康志向食品への消費者の関心の高まりを背景に、食品高機能化のための超微細技術・ナノカプセル・粉末酵素技術を初め、最新の分散科学の成果と製品展開の実際を一堂に会し、集中討議します。


2005年11月開催

[第3回]実践!食品表示ワークショップ
【 N O 】90522
【開催日】11月9日(水)
【受講料】割引価格¥39,900
初級者のための食品表示の具体的作成法
【必修1】
正確で分かりやすい表示を目指して、消費者・流通の視点から最新の取り組みと表示作成の実務ステップ
【必修2】
商品設計情報から表示作成実務ワークショップ―作り手に必要な視点、アレルギー表示・栄養表示の実際と実務ポイント
(参考:過去の開催実績関連書籍

食品異物対策シンポジウム[九州2005]
【 N O 】90521
【開催日】11月15日(火)
【受講料】割引価格¥19,950
【統一主題】食品安全をめぐる環境変化―ポジティブリスト制・異物問題・ISO22000への対応策
商品クレームをめぐり次第に拡大する消費者の「異物」認識。的確な対応が求められる残留農薬のポジティブリスト制、発効したISO22000の活用法、危機管理対策のための行政機関の効果的利用を含め、食品安全の最前線での取り組みを紹介し今後の実務課題を明らかにします。 (参考:過去の開催実績関連書籍


2005年10月開催

米飯食品ビジネス2005
【 N O 】90518
【開催日】10月6日(木)
【受講料】割引価格¥37,905
消費者視点の経営実現のために、いま何をすべきか?―社会に開かれたCSRの実践指針とリスク情報開示の進め方
(参考:過去の開催実績関連書籍

[第4回]食品安全経営者会議
【 N O 】90519
【開催日】10月7日(金)
【受講料】割引価格¥35,910
消費者視点の経営実現のために、いま何をすべきか?―社会に開かれたCSRの実践指針とリスク情報開示の進め方
(参考:過去の開催実績

食品異物対策シンポジウム[東京2005]
【 N O 】90520
【開催日】10月20日(木)
【受講料】割引価格¥27,930
【焦点】異物混入防止対策の最新技術・活用ノウハウとISO22000導入のポイント
[セッション1]実践事例から学ぶ異物検出、除去技術のノウハウ
[セッション2]川上管理としての原材料、包装資材の異物混入対策
[セッション3]新しい食品安全マネジメントシステム:ISO22000導入のポイント
(参考:過去の開催実績関連書籍


2005年9月開催

[ワークショップ]低温細菌による食品の変敗と防止技術
【 N O 】90515
【開催日】9月2日(金)
【受講料】割引価格¥37,905
チルド等の低温流通の普及に伴い増大する低温細菌による変敗事故―そのメカニズムと制御法をあらゆる角度から解明する品質保証担当者の必須セミナー

[第6回]中食市場研究会
【 N O 】90516
【開催日】9月8日(木)
【受講料】割引価格¥27,930
成長後期に入った中食マーケットの大きな変化

メーカーの皆様に“中食マーケットをより理解して戴く”ことを狙いとして、中食の最前線で陣頭指揮をとられている経営トップの方々の生の声をお伝え戴きたいと願って本セミナーを企画いたしました。 (参考:過去の開催実績

カット青果物の生産・事業推進シンポジウム2005
【 N O 】90517
【開催日】9月16日(金)
【受講料】割引価格¥35,910
消費者と流通の視点からみたカット青果物事業の留意点と今後の方向性
消費者志向のカット野菜の育種・産地契約・品質保証システムの実態と製品差別化の最新の取り組みを紹介し、食育時代のカット青果物事業の展開方法を集中討議する、好評のヘルシー戦略フォーラム! (参考:過去の開催実績関連書籍


2005年8月開催

「食品へのトレハロース利用」展望シンポジウム
【 N O 】90514
【開催日】8月26日(金)
【受講料】割引価格¥35,910
―トレハロースの誕生から食品産業利用の将来まで―
ストレス耐性をつけるために、なぜ生物はトレハロースを選んだか?
冷凍食品を初め各種食品への応用が進むトレハロース。 そのメカニズムは未知の部分が多く、研究の進展により画期的な食品開発の可能性を広大に秘めている。 食品にフォーカスし、開発の到達点と今後の展開を集中的に討議する。


2005年7月開催

[第4期]主任微生物管理者講座
【 N O 】90513
【開催日】7月13日(水)・14日(木)
【受講料】割引価格¥59,850
HACCP対応―食品安全確保のための専任養成カリキュラム
現場実務担当者に必須の微生物制御の基礎と応用をコンパクトにまとめ、即効性の高い効率的なプログラムを開発! (参考:過去の開催実績


2005年6月開催

カット野菜・果実の安全性シンポジウム2005
【 N O 】90511
【開催日】6月16日(木)
【受講料】¥21,000
【統一主題】カット青果物の製造・流通における安全性対策の実際
消費者に安全で安心なカット青果物を届けるための新しい品質保全技術、原産地表示規制を初め最新の行政動向、市場拡大のための実務情報を提供する、生産加工・流通事業者のための第3回実践フォーラム (参考:過去の開催実績関連書籍

異物対策マネージャー養成講座【集中講義と交流会】
【 N O 】90512-1
【開催日】6月23日(木)
【受講料】割引価格¥37,905
【満員御礼】
工場担当者が熟知すべき対策実務と異物鑑定のノウハウ
製造現場で再発防止対策を構築、指導できる 人材養成のための教育講座。交流会では、講義での疑問点、日頃の問題解決など講師陣と共に意見交換をして戴きます。

異物対策マネージャー養成講座【実技と施設見学】
【 N O 】90512-2
【開催日】6月24日(金)
【受講料】割引価格¥19,950
【満員御礼】
工場担当者が熟知すべき対策実務と異物鑑定のノウハウ
異物の鑑定方法について実地演習を行い、様々な物質の特性を知りサンプルを用い鑑別手法の基礎を学ぶ。
【実技と施設見学】は【集中講義と交流会】を受講された方のみお申込みが出来ます。【実技と施設見学】のみのお申込みは出来ません。


2005年5月開催

[第3回]食品の洗浄殺菌実践講座
【 N O 】90509
【開催日】5月20日(金)
【受講料】割引価格¥39,900
危害微生物の新たな台頭―確実な洗浄殺菌とその検証方法
  1. 新たに問題になってきた危害微生物の最新情報の提供!
  2. 洗浄殺菌のエキスパート養成を目指し、厳選したカリキュラム・講師陣の情熱溢れる教育と実践ノウハウの伝授!
  3. 「個別相談会」での講師陣による親身な指導!
(参考:過去の開催実績関連書籍

[第1回]次世代レトルト食品研究会
【 N O 】90510
【開催日】5月24日(火)
【受講料】割引価格¥39,900
高齢化の進展を背景に、安全性の高さと製品の簡便性・経済性により益々拡大するレトルト食品市場
新しい包装・殺菌システムと食品開発の最前線を一堂に会し、今後求められる商品コンセプトと実現手法・技術開発の話題を集中討議する第1回研究会


2005年4月開催

SCFシンポジウム2005
【 N O 】90507
【開催日】4月22日(金)
【受講料】割引価格¥37,905
超臨界CO2抽出技術の食品・機能性素材への新しい展開
躍進する「健康食品」・機能性素材分野での超臨界CO2抽出技術の実践! 産学の第一線研究者・事業担当者による話題提供と情報交流を通して、高付加価値製品開発の戦略とテクノロジー、アジアでの事業展開を展望します。 (参考:関連書籍

新食感フォーラム2005
【 N O 】90508
【開催日】4月25日(月)
【受講料】割引価格¥39,900
快適嚥下と食感のやさしさへの画期的アプローチ―広大な市場を創出する新時代の食の科学と技術! (参考:過去の開催実績関連書籍


2005年3月開催

原料原産地表示を支える食品の科学的鑑定技術ワークショップ―産地表示の信頼性確保のために
【 N O 】90505
【開催日】3月11日(金)
【受講料】割引価格¥37,905
摘発が相次ぐ産地表示問題の防止のため、科学的鑑定技術の高精度化・迅速化が強く求められています。 厳しさを増す行政および消費者の表示監視を背景に、原材料と製品の真正性を保証する最新の判別技術の到達点と今後の方向性を集中討議します。(参考:関連書籍

カビと食品衛生ワークショップ
【 N O 】90506
【開催日】3月16日(水)
【受講料】割引価格¥37,905
製造・流通現場で役立つカビの検査と安全性の見極め方
本セミナーでは、食品企業の衛生管理部門の現場においてカビに対しどのような基本的知識と検査技術を必要とするか、また検査結果を品質管理あるいは安全性の面からどのように評価すればよいかを、セミナー参加者と共に考える機会としたい。

2005年2月開催

食品異物対策シンポジウム[関西2005]
【 N O 】90503
【開催日】2月22日(火)
【受講料】¥21,000(税込)
統一主題:奮闘する現場の実践事例に学ぶ―人を中心とした異物除去の継続的取り組みと改善の実際
業界の自主勉強会の一環として、大手から中堅企業まで広範な食品製造現場での生き生きとした取り組みと改善の成果を発表します (参考:過去の開催実績

食品のカラー・マーケティング
【 N O 】90504
【開催日】2月25日(金)
【受講料】割引価格¥36,907
『色から見た食品のサイエンス』出版記念シンポジウム
文系・理系の専門家60名による書籍『色から見た食品のサイエンス』(2004年2月発刊)の出版を記念して、食品のマーケティングの専門家を中心とする「企業から見た実務面の話と将来像」を目指したシンポジウム (参考:関連書籍

2005年1月開催

バリアを超える次世代食品包装[Part2]
【 N O 】90501
【開催日】1月21日(金)
【受講料】割引価格¥35,910
アクティブパック・酸素吸収性包装の最新技術と用途展開
容器内部に進入する酸素ガスを積極的に取り除く包装技法への期待がさらに高まっています。 国内主力企業はもとより、海外企業の戦略分析・市場実態の報告を含め、“Beyond Barriers”を目指した包装開発の最前線と将来展望を集中討議します。 (参考:過去の開催実績

[第2回]実践!食品表示ワークショップ
【 N O 】90502
【開催日】1月27日(木)
【受講料】割引価格¥39,900
【Part1】JAS法、食品衛生法、景品表示法等、表示規制の最新情報
【Part2】商品設計情報から表示作成実務ワークショップ―リスクを回避する記載の仕方、原材料組成にもとづく表示作成の実際と陥りやすい誤り、関係法規の効果的学習!
(参考:過去の開催実績


このページの先頭へ セミナーの開催履歴へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home