(株)サイエンスフォーラム 私たちはintelligenceを提供します。


ANDOR
図書案内 セミナー案内 オンデマンド版 食品産業戦略研究所 お問い合せ メールマガジン 会社案内 Home
2006年度セミナー情報
インターネットからのセミナー申込には5%割引価格(一部除く)を適用させて戴いております

2006年12月開催

エコフィード(食品残渣飼料化)の安全性確保と推進策
【 N O 】90625
【開催日】12月5日(火)
【受講料】割引価格¥19,950
安全性ガイドラインの実務ポイントと認証制度の方向性
社会システムの整備についての国の考え方、方向を紹介していただくとともに、生産された畜産物が消費者にどのように受けとめられるか、また、新しい生産形態を食育の中でどのように取り込んでいくべきかを討議します。

ポスト保存料技術の最新動向
【 N O 】90626
【開催日】12月7日(木)
【受講料】割引価格¥37,905
消費者の食品添加物に対する不安、「ポスト保存料」への関心の高まりを背景に、食品の開発・製造に携わる企業の実務担当者に適切な指針と情報を提供します。

アクティブシニアに向けた情報発信のあり方
【 N O 】90624
【開催日】12月19日(火)
【受講料】割引価格¥27,930
食関連企業にとって今後、消費の牽引役となるアクティブシニア(50〜64歳)世代、特に、この世代の女性への対応が、マーケティング戦略の重要テーマとなります。 マーケティング世代の情報受容の実態を踏まえた、情報発信のあり方、企業コミュニケーションと製品戦略のあり方を探ることを狙いに本シンポジウムを企画致しました。


2006年11月開催

ノロウイルス対策シンポジウム
【 N O 】90622
【開催日】11月7日(火)
【受講料】割引価格¥37,905
食品全般に汚染が拡大したノロウイルス―最近の汚染実態、生態と環境中の挙動、検査の進め方と判別法、最新の除去技術を総合的に紹介し食品安全の実務課題を集中討議します。

新食感フォーラム2006
【 N O 】90623
【開催日】11月21日(火)
【受講料】割引価格¥39,900
新食感で“美味しいアンチエイジング”―基礎と応用の対話を求めて
アンチエイジングに向けたテクスチャー研究の最先端!
おいしさを求める脳、生体の理解が進む食感評価の最新技術、注目の開発製品を結集!(参考:過去の開催実績


2006年10月開催

[第5回]食品安全経営者会議
【 N O 】90619
【開催日】10月4日(水)
【受講料】割引価格¥35,910
リスクに強い会社組織の再構築―組織文化の革新と不祥事発生時の緊急時対応の実際
  1. [基調講演]食の安全・安心を守るために
  2. 新たな品質保証体制の確立
  3. いまこそ組織文化改革のとき
  4. 〔危機管理の第一人者が語る〕不祥事発生時の緊急時対応の実際
(参考:過去の開催実績

米飯食品ビジネス2006
【 N O 】90620
【開催日】10月6日(金)
【受講料】割引価格¥37,905
高機能性を実現した米飯食品の最前線と今後の商品戦略
新事業と先進的な製品展開に挑戦する経営トップ、新規育成米の研究責任者をお迎えし、開発の苦心談や将来展望を含め幅広く紹介し交流する、米加工関係者の自主勉強会 (参考:過去の開催実績

食品異物対策シンポジウム[東京2006]
【 N O 】90621
【開催日】10月27日(金)
【受講料】割引価格¥27,930
現場が切望する異物混入防止策の新たな取り組み
業界の自主勉強会として毎年多くの工場責任者が集う本シンポジウムは、次の3つを開催コンセプトとしております。
  1. 製造現場で困っている事項を優先的に採り上げる
  2. より自社に活用できる実践的な話を主体とする(理屈っぽい話は止める)。
  3. 多業種に対応可能な共通的なテーマにする。
(参考:過去の開催実績


2006年9月開催

食品異物対策シンポジウム[東北2006]
【 N O 】90617
【開催日】9月6日(水)
【受講料】割引価格¥19,950
異物混入防止をハードとソフトの両面から考える
消費者に信頼される商品作りを目指して、異物混入防止を手がかりに日常管理の見直しと現場改善の先進事例を紹介し経験を共有する、東北起点の第2回自主勉強会です。 貴重な学習の場として活用されることを期待致します。(参考:過去の開催実績

“ステップアップ”食品表示専門講習会
【 N O 】90618
【開催日】9月28日(木)
【受講料】割引価格¥37,905
【満員御礼】定員に達したため、申込を締め切らせていただきました。
加工食品品質表示基準の改正に即した表示作成の新ルールと実際、アレルギー表示の当面する問題点と適正表示のノウハウ、栄養表示、栄養素を強調する表示方法の的確な理解―専任担当者が熟知すべき事項を整理したステップアップ講座 (参考:過去の開催実績


2006年8月開催

カット青果物商品戦略シンポジウム2006
【 N O 】90616
【開催日】8月24日(木)
【受講料】割引価格¥35,910
食育時代の消費者の意識に迫り、卸売市場からのカットフルーツ製造会社の創業、スーパー生鮮売場での衛生管理の画期的取り組みを含め、産学の最前線の話題を当事者に語っていただく、経営・商品開発責任者のための実践フォーラム! (参考:過去の開催実績


2006年7月開催

[第5期]主任微生物管理者講座
【 N O 】90613
【開催日】7/3・7/4の2日間
【受講料】割引価格¥59,850
益々厳しさを増す食品製造の事業者責任
安全確保の要となる現場の主任微生物管理者の育成を目指し、即効性の高い実務情報、今後求められる品質戦略、安全確認のノウハウをコンパクトにまとめました。(参考:過去の開催実績

これからの高齢者食の商品展開
【 N O 】90614
【開催日】7月13日(木)
【受講料】割引価格¥39,900
美味しさ・品質・安全性を重視した製品開発と技術
広大な市場創出が期待される“元気な高齢者”・介護予防時代の食品開発のストラテジーと事業化の着眼点を提示し、今後の展開方法を討議します。

食品高機能化のための微細分散科学応用シンポジウム2006
【 N O 】90615
【開催日】7月28日(金)
【受講料】割引価格¥37,905
液系ナノ分散系の最先端と食品高機能化
微粒子設計によるCoQ10の吸着改善、機能性素材としてのN-アシルアミノ酸を初め、食品高機能化のための最新の分散科学の成果を一堂に会し、製品応用の可能性を集中討議します。 (参考:過去の開催実績


2006年6月開催

抗アレルギー食品開発シンポジウム2006
【 N O 】90611
【開催日】6月9日(金)
【受講料】割引価格¥39,900
製品開発の先進的取り組みとアレルギー評価系構築の最新状況
事業化に必須のアレルギー評価系の画期的取り組み・製品開発の最前線を紹介し、産官の知見の交流を促進します。 (参考:過去の開催実績

食品の変色防止・鮮度保持の新潮流とメカニズム研究の最先端
【 N O 】90612
【開催日】6月27日(火)
【受講料】割引価格¥37,905
クレーム戦略から品質戦略へ―画期的な変色防止・高鮮度保持を実現した企業の着眼点と商品展開、「変色制御」の最新基礎情報をお届けします。


2006年5月開催

[第4回]食品の洗浄殺菌実践講座
【 N O 】90609
【開催日】5月16日(火)
【受講料】割引価格¥39,900
食品安全を確保する洗浄殺菌の実現
  1. 確実な洗浄殺菌と検証方法の確立を目指した現場改善報告!
  2. 洗浄殺菌のエキスパート養成を目指し、厳選したカリキュラム・講師陣の情熱溢れる教育と実践ノウハウの伝授!
  3. 「個別相談会」での講師陣による親身な指導!

[第2回]次世代レトルト食品研究会
【 N O 】90610
【開催日】5月26日(金)
【受講料】割引価格¥39,900
【満員御礼】定員に達したため申し込みを締め切らせて戴きます
最大の消費ゾーンとして注目される健康な高齢者市場―安全性の高さと製品の簡便性・経済性により着実に拡大するレトルト食品の新たな成長戦略、包装・殺菌技術、商品設計の最前線を一堂に! (参考:過去の開催実績


2006年4月開催

増加する食品の変敗事故:そのメカニズムと効果的防止対策―乳酸菌と酵母を中心に
【 N O 】90607
【開催日】4月12日(水)
【受講料】割引価格¥37,905
現場実践講座―食品の変色・膨張・異味・異臭など様々な変敗事故の再発防止に必須の3つの現場アプローチ!
  1. 日常の品質検査で見落としやすい変敗菌をいかに確実に検出するか
  2. 豊富な事例にもとづく乳酸菌による変敗メカニズムと効果的防止対策の解明
  3. 容器爆発などの原因となる酵母汚染の特徴、増殖挙動と制御法の提示

極限環境下の生物に学ぶ食品技術フォーラム
【 N O 】90608
【開催日】4月21日(金)
【受講料】割引価格¥39,900
  1. 生物はなぜその物質を選んだのか?
  2. 驚異の「鉄人」幼虫に学ぶ生命保持のメカニズム
  3. 不凍タンパク質(AFP)の謎と産業利用の可能性
  4. 深海高水圧下の微生物研究の成果と産業利用の将来
  5. [パネル討論]生命物質の機能をどのように食品技術に応用するか?


2006年3月開催

食品鑑定技術ワークショップ2006開催中止
【 N O 】90605
【開催日】3月10日(金)
【受講料】割引価格¥37,905
誠に申し訳ございませんが、諸般の都合により本セミナーを中止致します。

カビと食品衛生対策講習会
【 N O 】90606
【開催日】3月24日(金)
【受講料】割引価格¥37,905
食品製造・流通現場での必須のカビの検査と安全性の見極め方

増加する消費者のカビクレームへの適切な対応を目指して
食品製造現場で熟知すべき汚染カビの種類・生態・検査法、汚染源と汚染経路の特定、汚染カビの制御法、さらにカビ毒の安全性評価の考え方を中心に、Q&Aを重視した集中講座を企画致しました。 現場での徹底した問題解決の有力な一助となることを期待致します。


2006年2月開催

[第2回]異物対策マネージャー養成講座【満員御礼】
【 N O 】90603
【開催日】2月2日(木)・3日(金)の2日間
【受講料】割引価格¥64,837
工場担当者が熟知すべき対策実務と異物鑑定のノウハウ
  1. 実技を強化し、虫、毛髪、動植物、金属についてそれぞれ概説・実習・対策の3部構成での学習・指導
  2. 合宿により、座学では得られない現場の事例研究と受講者相互の交流、ネットワーク作りを実現
(参考:過去の開催実績

食品異物対策シンポジウム[関西2006]
【 N O 】90604
【開催日】2月24日(金)
【受講料】割引価格¥19,950
統一主題:異物混入防止対策を通してCSRの実践を!
業界の自主勉強会の一環として、食品製造・流通現場での生き生きとした取り組みと改善の成果、クレーム発生時の的確かつ効果的な対応策を発表します。
(参考:過去の開催実績


2006年1月開催

価値創造への挑戦!消費者志向のこれからの食品パッケージ戦略
【 N O 】90602
【開催日】1月23日(月)
【受講料】割引価格¥37,905
消費の最前線から今後求められる食品包装の仕様・形態・要求機能を検証する!
  1. 消費の最前線:CVSに見る食品パッケージのトレンドと展望
  2. 消費者志向のパッケージ開発の最前線
  3. 市場を創造するユニバーサル・パッケージデザインの展開

“食育時代”のマーケティング戦略―先行事例から今後の課題を探る
【 N O 】90601
【開催日】1月27日(金)
【受講料】割引価格¥27,930
食育基本法成立の背景、経過、施策を整理し、また食育をCSR(企業の社会的責任)、CRM(カスタマー・リレイションシップ・マネジメント)、マーケティング戦略の中に位置づけて先駆的に実施されている企業の事例、 教育現場での取り組みの紹介を通して、食関連産業が自社の食育実践を考えるヒントを提供!



このページの先頭へ セミナーの開催履歴へ
図書案内 セミナー案内 食品産業戦略研究所 オンデマンド版 メールマガジン お問い合せ 会社案内 Home